学部
HOME学部>武蔵野BASIS

武蔵野BASIS

全学部横断型の教養教育システム「武蔵野BASIS」

225

「武蔵野BASIS」とは?

“BASIS:ベイシス”とは『(知識・体系などの)基礎・共通基盤』を意味します。

教養教育システム「武蔵野BASIS」では、専門的な分野を学ぶ前にまず自己基礎力を養います。その上で、少人数制のゼミナールや授業を通してグループワークやプレゼンテーションなどの訓練を重ね、より実践的なコミュニケーション力やチームワーク形成力などを養い、学生が在学中に自らを大きく成長させ、社会で活躍するための力を身に付けられる環境を整えています。

4 つの分野をバランスよく学ぶ「武蔵野BASIS」独自の科目構成

自己基礎力を身に付けるため、武蔵野BASISでは「心とからだ」「学問を学ぶための基礎」「外国語」「自己理解・他者理解」の4つの分野をバランスよく学びます。

心とからだ

建学

本学の建学の精神を基盤とした倫理観や慈悲の心。

健康体育

身体を動かす体育と、身体行動についての学びの理解を実践。

学問を学ぶための基礎

コンピュータ

調査や研究、論文執筆などでコンピュータを最大限に活用する力(ワード・エクセル)。

日本語リテラシー

レポートや研究論文における論理性・表現力を最大化するためのリテラシー(読み書き能力)。

外国語

外国語(英語)

TOEIC-Bridge®テストなどでも高い得点をマークでき、国際社会で活用できる、バランスのとれた英語運用力。

外国語(初修)

フランス語/スペイン語/ドイツ語/中国語/韓国語それぞれの外国語のバランスのとれた運用力。

自己理解・他者理解

基礎セルフ
ディベロップメント

学部・学科横断のユニークな参加型授業

キャリア開発

自己の探求

自己や他者を深く理解する力。

キャリア開発

キャリアデザインプログラム

人生を豊かに生きていくための力。

武蔵野BASISおよび学科科目は、下記「履修要覧」内各学部の「【武蔵野BASIS】―全学共通基礎課程について―」をご確認ください。

履修要覧

学部・学科横断のユニークな参加型授業「基礎セルフディベロップメント」

「基礎セルフディベロップメント」科目は、「武蔵野BASIS」の目玉となる授業です。
学部・学科の枠を越えたグループワークで、哲学、現代学、数理学、世界文学、社会学、地球学、歴史学の7テーマ群をそれぞれ3週間ごとに学び、新しい「知」と出会い、学問のベースとなる教養を深めます。過去から未来、人間から自然にまたがる7つのテーマを虹の7色に例え、知の虹をわたることで学びの基礎を築いていきます。
授業は、講義とグループワークを織り交ぜ、7テーマ群を学ぶことで、アカデミック・スキルを定着させます。年度末の数週間にわたりこれまで学んだ7つのテーマを題材にグループワークを重ね、最後にプレゼンテーションを実施。年間の集大成として自分たちの成長を実感できる瞬間です。

基礎セルフディベロップメント

授業の流れ

武蔵野BASIS授業の流れ1画像

前半は講義、後半はグループワーク

哲学者「ジャン・ジャック・ルソー」を取り上げ考察。授業は2時限分を使って、1時限目は講義形式、2時限目はグループワーク形式で行います。

武蔵野BASIS授業の流れ2画像

学部を越えたグループ編成

異なる学部の学生同士がグループに。共通テーマについて話し合い、考察し、協力して答えを導き出します。

武蔵野BASIS授業の流れ3画像

全員でディスカッション

2時限目は、グループに分かれてディスカッション。全員が次々と意見を出し合い、議論を交わします。

武蔵野BASIS授業の流れ4画像

意見をまとめてプレゼンテーション

グループの意見をまとめ、代表が発表します。インプットとアウトプットを繰り返すことで知識が定着。7つのテーマを経験することで基礎力が身に付きます。

武蔵野Learning Square(ラーニングスクエア)2014年4月完成!

「武蔵野BASIS」で集まった学生たちが、授業時間外に自発的なミーティングや自主学習に活用できるスペース。PC30台を設置し、Wi-Fi 環境を整備。書架やコピー機、プロジェクターなどを設置し、全学生が自由に利用できます。
自主学習や資料作成のほか、プレゼンテーションの練習、イベントやクラブ活動、ゼミ生同士の打ち合わせなど、学生同士の交流の場として有機的なアクションが生まれる拠点となっています。また、教員などが待機するスペースを設けて学習や進路の相談に応じるほか、ゲスト講師を招いてのセミナー開催など、多様な活用を検討しています。

武蔵野Learning Square画像