学部
HOME学部環境学部(募集停止)>環境学科 都市環境専攻(募集停止)

環境学科 都市環境専攻 ※募集停止 2015年度より工学部に改組

環境学部

基礎データ

外側のハコからではなく、そこで生きる人間の立場から発想し、人を幸せにする建築を作る。それが都市環境専攻の掲げる理念です。それは単に「家」だけを指しません。広く地域や都市までを視野に入れたもの。建築の学びをあえて環境学部に設置したのは、そうした広角的な視点からです。都市環境専攻は、人間とは何か、環境とは何かという根幹部分を学びながら、全員が一級建築士を目指せる専門的なカリキュラムを設定しています。

デザインの演習やCADなどの技能は1年次から訓練。実習施設など教育環境も充実しており、卒業生のスキルの高さは企業から高い評価を得ています。また、建築・アート系コンテストにも積極的に応募し、在学生が数多くの賞を受賞しています。授業で学生に求めるのは、行動力。変化の早い現代社会で求められるのは、考えてから動くのではなく、動きながら考えられるような人材です。都市環境専攻で技術と知識の確かな土台、そして行動力を養い、未来への飛躍に繋げてください。

教育体制

プロフェッショナルへの3つの学びの柱

ゼミ

【考え抜く力を身につける】

卒業研究ゼミは必修。徹底した少人数の専門ゼミでお互いの意見をぶつけ合い、考え抜く力を養成します。さらに、社会での仕事に必要な、調査、企画、プレゼンテーションの技術を身につけます。

スタジオ

【建築家との対話でデザインを磨く】

スタジオ制は、建築家の密な指導のもとで設計課題に取り組む、少人数のデザイン教育です。4年間の集大成である卒業設計では、全国トップクラスの作品が生み出されます。

プロジェクト

【恊働する歓びと厳しさを知る】

2年次から4年次までの3年間を費やすビッグプロジェクトとして、学年や大学という枠を越えて社会とつながる「環境プロジェクト」があります。仕事を成し遂げるチームワーク、計画性、粘り強さを養います。プロジェクトの成果は毎年学外で高い評価を獲得しています。

学科基礎科目   学科共通科目  専攻基幹科目  専攻展開科目

デジタルデザイン

建築

インテリア

専門ゼミ

環境プロジェクト
卒業ゼミ
環境プロジェクト

資格・免許

一級建築士

建築設計に携わることのできる「建築士」には3種類の資格があります。一級建築士と二級建築士と木造建築士です。この違いを簡単に言うと、一級建築士>二級建築士>木造建築士というように、一級建築士になるほど建築規模や建物用途によって設計(および設計監理)ができる範囲が広がってきます。二級建築士や木造建築士には設計できる範囲に制限が課せられますが、一級建築士であれば設計(および設計監理)できる建物の制限はありません。ですから、一級建築士は建築士に携わるほとんどの人の目標資格になっています。

本専攻はこの一級建築士の受験資格を得るためのカリキュラムになっています。これは工学部建築学科で得られる資格と同等のもので、一級建築士は卒業後2年間の実務経験を経て受験資格が与えられるものです。また、二級建築士・木造建築士は卒業と同時に受験資格が与えられます。

取得できる資格 : 受験資格 一級建築士(要実務経験2年以上)
二級建築士
木造建築士
インテリアプランナー(登録資格:要実務経験2年以上)
取得できる資格 インテリア設計士
インテリアコーディネーター
商業施設士補・商業施設士
福祉住環境コーディネーター

開講科目

武蔵野BASISおよび学科科目は、下記「履修要覧」よりご確認ください。

履修要覧  

武蔵野BASIS

全学部の1年生が学部・学科の垣根を越えたグループで、広い視野と一人ひとりが社会で活躍するための自己基礎力を身に付けると同時に、武蔵野大生としてのアイデンティティや強い連帯感を共創する武蔵野大学独自の教養教育システムです。

他学部・他学科履修許可科目

他学部・他学科で履修できる科目は、下記「他学部・他学科履修許可科目」よりご確認ください。

他学部・他学科履修許可科目  

授業検索

各科目の概要や授業計画については、下記「シラバス」よりご確認ください。

シラバス