学部
HOME学部文学部>英語・英米文学科

英語・英米文学科

文学部

英語・英米文学科の目的

国際社会で必要な英語コミュニケーション能力・異文化理解能力を身につけるために、英語の実践的運用能力を修得すると共に、英語圏諸国の歴史、文学・文化、社会などを理解させ、国際感覚豊かな人材の育成を目的とする。

学科概要

日本人教員とネイティブ・スピーカー教員により、1、2年次は徹底して基礎英語力を鍛えます。授業の形式は、対面教育を重視した少人数制。英語力の到達目標は学年ごとに明示し、グレード別クラス編成により徹底した指導を行います。 TOEIC、TOEFL対策の授業をはじめ、Listening、Speaking、Reading、Writing の総合力をアップする様々なクラスを用意しています。また、単に英語という技術を磨くだけではなく、異文化を理解していくために、現代の英語圏文化、英米 の伝統文化・文学も学んでいきます。

コース

3年次からの3コース

ビジネス英語コース

国際ビジネスで活躍する人材となるために、現場で通用する英語運用能力と、ビジネス知識、ビジネスセンスを高めていきます。

英米文学・文化コース

英米の文化や歴史、文学作品などを、3、4年の学年を超えたゼミで協力し合って学んでいきます。また、4年間の成果を最終目的である「卒業論文」に集約します。

英語教育コース

中学・高校の英語教員志望はもちろん、児童や幼児に英語を教えるなど、英語教育や英語学習に関心のある人のために設置されたコースです。

留学制度

協定留学制度

カナダのビクトリア大学、アメリカのミルズ大学、中国の天津外国語学院(大学)、大連外国語学院(大学)、韓国の培材大学と協定を結び、毎年各大学より学 生を受け入れるとともに、本学の学生も約10ヵ月間留学できます。協定留学生は、留学期間中、本学の学費が全額免除(ただし相手校の授業料は自己負担)と なります。奨学金が給付される制度もあります。また、留学先で取得した単位は、30単位を上限として本学の卒業単位として認定されます。

認定留学制度

認定留学とは、学生が外国の大学への私費留学を事前に申請し、本学が留学に適切な大学や専攻であると判断した場合には、30単位を上限として留学中の単位を本学の卒業単位として認定する制度です。

短期留学制度

夏期・春期休暇を利用する短期語学研修プログラム。カナダ、オーストラリア、中国、韓国への研修があります。

基礎データ(2014年5月1日現在)
学生数:22名 ※2011年度以降の入学者はグローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科に所属
専任教員数: 14名 ※グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科と兼務
入学定員 : −名 ※2011年度より募集停止
収容定員 : −名