学部
HOME学部薬学部>薬学科

動画で知る薬学部

薬学部トップへ

学科紹介

研究室紹介

共用試験

国家試験

進路・就職

薬学研究所

臨床薬学センター

薬学キャリア教育研究センター

附属薬用植物園

動物実験施設

アクセス

資料請求

入学案内

入試

学費

奨学金

大学院

修学・生活情報(在学生)

薬学部パンフレットを見る

第101回国家試験結果


武蔵野大学は理系文系にまたがる

武蔵野大学薬学部のこだわり

教員と学生の距離の近さ!

教員と学生の距離の近さの動画は、ここをクリック!!

充実した教育を安い学費で!

学費・奨学金の詳細は、ここをクリック!!

高い国家試験合格率・完璧な就職率!

薬剤師国家試験結果の詳細は、ここをクリック!

就職に関する詳細は、ここをクリック!


動画で知る薬学部

今年度の動画
(動画の画像をクリックしてください。別ウィンドウで動画を見ることができます。)

動画1

武蔵野大学薬学部がある武蔵野キャンパス。
キャンパスの立地は学生が余計なストレスを溜めず、学業に専念するためにとても重要なことです。
6年間という時間を豊かな環境で有意義に過ごし、社会へと羽ばたく。
そのためには、武蔵野エリアは最良の場所なのです。
東京に憧れて徳島県から出てきたという5年生の女子学生は、最初は東京というだけで緊張してしまったそうですが、
今では武蔵野の落ち着いた環境がとても気に入り、将来も東京で過ごしたいと考えるようになりました。

動画2

学生の人数が限られているからこそ、教員は学生に目を配れ、学生それぞれにあわせての指導を行うことができます。
また、学生同士でも仲間意識が生まれ、ともに学んでいく環境になるのです。
新潟県から上京してきた4年生の男子学生も仲間と一緒に日々を過ごし、勉強に取り組んでいます。
さらには、同学年での横のつながりだけでなく、先輩、後輩というつながりも大きく、学生たちがともに夢を実現するために支えあう日々を送る。
これが少人数制である武蔵野大学の強みです。


問い合わせ先

学科ポリシー

ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー

※ディプロマポリシーをクリックすると、カリキュラムポリシーが表示されます。

ディプロマポリシー(卒業認定の方針)
ディプロマポリシー概要・育成する人材の方針

本学科は基本的な薬学知識に加え、医療人としてより高度な専門知識と実践力、さらには高い倫理性を兼ね備えて社会に貢献できる人材の育成を目的としています。このような目的に沿って構築されたカリキュラムを履修して卒業時に次に揚げる8つの能力を習得し、さらに本学科の所定の卒業要件を満たした者に対して、卒業を認定し、学士(薬学)の学位を授与します。

知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

医療人として広い教養を身につけ、高い倫理観と使命感を備えている。【教養・基礎学力】
カリキュラムポリシー

医療人としての広い教養を身につけるために、「学科科目(専門科目)」が、また高い倫理観と使命感の涵養のために、「武蔵野BASIS」中に「セルフディベロップメント科目」をはじめとする多彩な科目が準備されています。

医療の一翼を担う人材としての確かな知識・技術を習得している。【専門能力】
地域社会において保健・医療・福祉に貢献できる能力を有している。【専門能力】
カリキュラムポリシー

医療の一翼を担う人材としての確かな知識は「学科科目」において、また技術の習得は「実験実習」「事前実習」「保健薬局・病院薬局実務実習」において学び、専門能力や実践力を身につけます。

保健・医療・福祉に関しては、「医療薬学」、「薬学臨床」、「衛生薬学」、「法規・制度」などを通して学び、「保険薬局実習」により薬剤師として地域社会において広く健康増進や公衆衛生の向上に寄与できる能力を身に着けます。

関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

慈悲の心を持って患者中心の医療を実施できる。【自己認識力・他者理解力】
カリキュラムポリシー

慈悲の心を基盤として、さまざまな背景を持った患者・生活者と接するための人間性を養うために、「セルフディベロップメント科目」を中心とした「武蔵野BASIS」や「薬学臨床」などがあります。

最新の医療技術、医療の高度化に積極的に対応できる【主体性・実行力】
カリキュラムポリシー

最新の医療技術、医療の高度化に対応できる能力・技量は、「医療薬学」「薬学臨床」「事前実習」「保健薬局・病院薬局実務実習」で学びます。

思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

研究能力を有し、科学的知見に基づき問題点を発見し、解決できる。【情報分析・論理的思考・判断力】
カリキュラムポリシー

研究能力を養うために「卒業研究」を行い、問題発掘・問題解決能力を醸成します。特に研究に興味のある学生には研究者養成コースを用意しています。

豊かな創造力を基に、多様な薬学関連分野で活躍できる。【創造的思考力】
カリキュラムポリシー

幅広い教養科目により身につけた豊かな創造力を基に、多様な薬学関連分野への進路対応を可能にすべく、「キャリア開発科目」「製薬産業系科目」「香粧薬学系科目」、さらには「レギュラトリーサイエンス」などを準備しています。

実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

医療人として必要なコミュニケーション力・プレゼンテーション力を有している。【コミュニケーション力・表現力】
カリキュラムポリシー

医療人として必要なコミュニケーション力は、「武蔵野BASIS」の「コミュニケーション」科目や「事前実習」「保健薬局・病院薬局実務実習」で養います。またプレゼンテーション力は「卒業研究」や「キャリア開発科目」などを通して、自らの考えを表現・発信する力を身につけます。

アドミッションポリシー

薬学科

本学科は、基礎薬学と医療薬学に関する確かな知識と応用力を持ち、実務実習に基づいた高度な専門知識と実践力があり、チーム医療の一員としての知識と技術に加えて、医療に携わるために必要な高い倫理性を兼ね備えて社会に貢献できる人材の育成を目的としています。もって、以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路
  • 医療人として慈悲の心を持って患者・生活者に応対していこうとする者
  • 患者・生活者の相談に適切に対応できる実践力を身につけていこうとする者
  • 医療チームの一員として病院や地域医療で活躍していこうとする者
  • 基礎的な科学力と研究能力を有して社会で活躍しようとする者
  • 最新の医療技術の進歩に対応していこうとする者
  • 多様な薬学関連分野で活躍できる創造力豊かな人材を目指す者
期待する能力:知識・専門性

薬学教育に対応できる十分な基礎学力を有し、薬学に強い意欲を持つ下記の履修・資格を有する者

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目 英語、国語、数学、理科(物理、化学、生物)
高等学校で取得するのが望ましい資格等 実用英語検定試験(2級以上)など
期待する能力:関心・態度・人格
  • 学問に真摯に対峙し、自主的・主体的に学ぶ意欲を持っている者
  • 豊かな人間性涵養のために積極的に自己研鑽を行う者
期待する能力:思考・判断
  • 科学的志向に基づいて問題点を見出し、論理的に判断できる能力を有している者
期待する能力:実践的スキル・表現
  • 相互理解に十分なコミュニケーション力を有している者

関連リンク

3つの教育方針

開講科目

武蔵野BASISおよび学科科目は、下記「履修要覧」よりご確認ください。

2015年度開講科目 ※次年度以降は変更になる場合があります

武蔵野BASIS 履修要覧(カリキュラム)新規ウィンドウ
シラバス新規ウェブページ カリキュラムの特徴(2015年度入学生)新規ウェブページ

武蔵野BASIS

全学部の1年生が学部・学科の垣根を越えたグループで、広い視野と一人ひとりが社会で活躍するための自己基礎力を身に付けると同時に、武蔵野大生としてのアイデンティティや強い連帯感を共創する武蔵野大学独自の教養教育システムです。

2016年5月現在