学部
HOME学部薬学部>学科紹介

学科紹介

武蔵野大学薬学部と他の大学とを比べて一番違うのは「教授と学生の距離」。
教授と学生の距離の近さにこだわり、学生が「笑顔」で学べるようにしています。
事前に予約を取らなくても、聞きたいときに教授室を訪れて学生が教授に質問できます。
それが、学問だけではなく薬学に携わってきた専門家たちの生き方、考え方などを吸収する機会になり、また、学生の積極性にもつながっているのです。



薬学部


学科説明

学科説明

教育方針

“医療人”としての薬剤師の養成を目指します。
高い倫理観のもと高度な専門知識と技術に基づき、正確な調剤・服薬指導により医薬品の適正使用を実践することはもとより、これからの薬剤師の活躍の場は、チーム医療の一員として病棟活動・治験業務に従事できる臨床薬剤師、癌・糖尿病などの専門薬剤師、セルフメディケーションのアドバイザーなど多岐にわたっています。このような医療現場の要請にこたえるべく、武蔵野大学薬学部では高度な知識と実践力を備えた医療人としての薬剤師の育成を目指します。

教育体制

薬学部の6年制化に伴い、薬剤師国家試験の出題内容が大きく変化しています。また、卒業に必要な保険薬局・病院薬局での実務実習を受けるためには、薬学共用試験(CBT・OSCE)の合格が必須です。本学薬学部では臨床薬学センターを設置し、薬学キャリア教育研究センターと連携して、共用試験や国家試験合格に向けて全面的な支援を行っています。

自己評価21とは

6年制薬学教育における参加型実務実習の実施にあたり、平成18年度から21年度までの6年制薬学教育の自己評価を行い、公表するものです。
(参考:薬学教育評価機構ホームページ

自己評価書

表紙・目次

【1】大学薬学部の現況及び特徴

【2】目的

【3】総括

【4】自己点検・評価書作成のプロセス

【5】基準ごとの自己評価

理念と目標

1 理念と目標 12-19.pdf

教育プログラム

 

2 医療人教育の基本的内容
3 薬学教育カリキュラム
4 実務実習
5 問題解決能力の醸成のための教育

学生

6 学生の受入 >
7 成績評価・修了認定
8 学生の支援

教員組織・職員組織

9 教員組織・職員組織

施設・設備

10 施設・設備

外部対応

11 社会との連携

点検

12 自己点検・自己評価

一部のページを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、下のダウンロードボタンをクリックしてください。

2014年度開講科目のため、次年度以降は変更になる場合があります

開講科目

武蔵野BASISおよび学科科目は、下記「履修要項」よりご確認ください。

履修要項  

武蔵野BASIS

全学部の1年生が学部・学科の垣根を越えたグループで、広い視野と一人ひとりが社会で活躍するための自己基礎力を身に付けると同時に、武蔵野大生としてのアイデンティティや強い連帯感を共創する武蔵野大学独自の教養教育システムです。

他学部・他学科履修許可科目

他学部・他学科で履修できる科目は、下記「他学部・他学科履修許可科目」よりご確認ください。

他学部・他学科履修許可科目  

授業検索

各科目の概要や授業計画については、下記「シラバス」よりご確認ください。

シラバス