大学院
HOME大学院薬科学研究科>薬科学専攻[博士後期課程]

薬科学専攻 [博士後期課程]

薬科学研究科

高度な研究能力を持つ研究者を養成

本課程では、創造性・柔軟性に富み、創薬、医療、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探究力をもち、国際的にも活躍できる高度薬科学研究者の養成及び高度専門医療の知識と先進的な薬物療法を創造するための研究能力と研究マインドを身に付け、最新の医薬品情報等を医師に提供し、薬物治療に貢献するなど、臨床現場で活躍できる高度実務薬科学研究者を養成します。そのため、「高度薬科学研究者養成コース」と「高度実務薬科学研究者養成コース」の2コースを設け、高度な研究者を養成します。

2つの研究者養成コース

高度薬科学研究者養成コース

医療の高度専門化・複雑化、医薬品開発のグローバル化等の状況下において、創造性・柔軟性に富み、創薬、医療、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探求力を持ち、高度薬科学研究者として国際的に活躍できる人材を養成します。

高度実務薬科学研究者養成コース

高度専門医療の知識と、先進的な薬物療法を創造するための研究能力と研究意欲を身に付け、最新の医薬品情報等を医師に提供し、病院等における製剤業務、薬物の体内動態の解析業務、処方解析業務ならびに治験業務等に携わるなど高度の専門性を必要とされる臨床現場で活躍できる人材を養成します。

さらに、本専攻博士後期課程の特色として、入学後3ヶ月間、他の研究現場を経験しながら、自らが立てた研究テーマと研究計画の適正性を検証する機会、または、医療現場で直面している問題を把握し、研究課題を探索する機会を設けて、学生の自発性を高めるための科目として選択課題検証実習科目、あるいは課題探索コースワーク実習科目を設定しています。

修了後の進路

医療の高度専門化・複雑化、医薬品開発のグローバル化等の状況下において創造性・柔軟性に富み、創薬、医療、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探求力を持ち、国内外を問わず自立して研究を遂行し国際的にも活躍できる高度薬科学研究者

薬学研究所

本学では2003年に「薬学研究所」を設立。2004年には文部科学省の私立大学学術研究高度化推進事業の「ハイテク・リサーチ・センター(HRC)整備事業」にも採択され、わずか数年の間で高い実績を積み上げてきました。薬学研究所には本研究科担当教員全員が所属し、精力的な研究を行うことで多くの研究成果が蓄積され、各製薬会社や医療機関、研究機関との研究・教育ネットワークも構築されています。
本専攻は、この薬学研究所の知的財産や最先端の研究内容・知識・技術の付与を通じて、質の高い教育を行っています。

薬学研究所

サポート体制

奨学金

経済的事情により就学が困難な学生に対して、一人当たり年間30万円(2015年度は5名受給)の一般奨学金、さらに成績優秀者に対して、一人当たり年間20万円(2015年度は6名受給)の特別奨学金を付与する独自の奨学金制度を設けるなど、充実した教育研究環境を提供しています。

教育訓練給付制度

本専攻では、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。

一般教育訓練給付制度

入試情報

入試情報(大学院入試)

2016年度開講科目 ※次年度以降は変更になる場合があります

開講科目

開講科目は、下記「履修要覧」よりご確認ください。

履修要覧(カリキュラム)新規ウィンドウ

授業検索

各科目の概要や授業計画については、下記「シラバス」よりご確認ください。

シラバス新規ウェブページ

受験生の方へ

平成29年度入試 希望指導教員
薬化学 熊本 卓哉 教授 廣谷 功 教授
天然物化学 市瀬 浩志 教授
製剤学 大塚 誠 教授
分析化学 川原 正博 教授 武藤 裕 教授
薬物療法学 山下 直美 教授
生物化学 棚元 憲一 教授 渡辺 恵史 教授
薬理学 阿部 和穂 教授 小野 秀樹 教授
高度実務薬科学 伊藤 清美 教授 大室 弘美 教授 土方 貴雄 教授 三原 潔 教授
  • ※ 指導教員は入学後、研究領域により決定
  • ※ 担当教員等は大学院修了までに変更される場合がありますので、必ず事前に医療系事務課(Tel. 042-468-3350)までご相談ください。

平成29年度の研究指導を行える教員とその専門分野、および希望する研究内容については、大学院ガイドブック(資料請求または下記PDF)をご覧ください。

武蔵野大学大学院 2017ガイドブック

薬化学

教授熊本 卓哉  くまもと たくや

担当科目 薬化学選択課題検証実習、薬化学特別実験、薬化学演習
研究領域 有機合成化学、有機反応化学
主な著作・論文 著作:Superbases for organic synthesis, guanidines, amidines, phosphazenes and related organocatalysts(共著)John Wiley & Sons, 2009. 論文:Tetrahedron, 2007, 63, 5189-5199.有機合成化学協会誌, 2004, 62, 49-58.
教育研究業績

教授廣谷 功  ひろや こう

担当科目 薬化学選択課題検証実習、薬化学特別実験、薬化学演習
研究領域 有機合成化学、遷移金属科学
主な著作・論文 新編 ヘテロ環化合物 展開編 2010年12月,講談社. The Journal of Organic Chemistry, 74, 6623-6630 (2010). Organic Letters, 8, 5349-5352 (2006).
教育研究業績

天然物化学

教授市瀬 浩志  いちのせ こうじ

担当科目 天然物化学選択課題検証実習、天然物化学特別実験、天然物化学演習
研究領域 天然物化学、生物有機化学、分子遺伝学
主な著作・論文 「パートナー生薬学」(16:13 2014/07/14南江堂、共著)、「天然医薬資源学」(廣川書店、共著)、「現代医療における漢方薬」(南江堂、共著)、「天然香料成分の キラリティーとその成り立ち」(化学と教育、日本化学会)、「放線菌の抗生物質生産を司るマスタースイッチ」(蛋白質 核酸 酵素、共立出版)
教育研究業績

製剤学

教授大塚 誠  おおつか まこと

担当科目 製剤学選択課題検証実習、製剤学特別実験、製剤学演習
研究領域 製剤設計、ケモインフォマテックス、ドラッグデリバリーシステム、骨再生医療
主な著作・論文 1.Quantitative Evaluation of Mefenamic Acid Polymorphs by Terahertz-Chemometrics,J. Pharm. Sci.,99(9):4048-53,2010. 2.Effect of Geometrical Structure on Drug Release Rate of a Three-Dimensionally Perforated Porous Apatite/Collagen Composite Cement, J. Pharm. Sci., 99(1), 286-292(2010). 3.Analysis of the surface structure of DNA/polycation/hyaluronic acid ternary complex by Raman microscopy J. Pharm, Biomedical Anal., 51,268-272(2010).
教育研究業績

分析化学

教授川原 正博  かわはら まさひろ

担当科目 分析化学選択課題検証実習、分析化学特別実験、分析化学演習
研究領域 神経生化学、生命分析化学
主な著作・論文 川原正博:亜鉛と認知症:脳の中のヤヌス、ファルマシア 48, 216-220(2012). 、Kawahara M., Ohtsuka I., Yokoyama S., Kato-Negishi M. and Sadakane Y.: Membrane incorporation, channel formation, and disruption of calcium homeostasis by Alzheimer's beta-amyloid protein, Int. J. Alzheimer Dis., 304583 (2011).、大城なつき,小山裕也, 中村亜紀子, 大河原 晋, 川原正博: アロマセラピー精油の不死化視床下部神経細胞に対する作用、Trace Nutrients Research 28 : 49−53 (2011)
教育研究業績

教授武藤 裕  むとう ゆたか

担当科目 分析化学選択課題検証実習、分析化学特別実験、分析化学演習
研究領域 構造生物学、RNA生物化学
教育研究業績

薬物療法学

教授山下 直美  やました なおみ

担当科目 薬学療法学選択課題検証実習、薬学療法学特別実験、薬学療法学演習
研究領域 薬学療法学、アレルギー、臨床免疫、呼吸器病学
主な著作・論文 PlaTELet-derived growth factor is involved in the augmentation of airway responsiveness through remodeling of airways in diesel exhaust particulate-treated mice. J Allergy Clin Immunol 2001; 107:135-42. Therapeutic effects of preferential induction of mite-specific T helper 0 clones. Clin Exp Immunol1997; 109:332-41. Phenotypic characterization of the post-thymic differentiation of human alloantigen-specific CD8+cytotoxic Tlymphocytes. J Immunol 1989; 143:1518-23
教育研究業績

生物化学

教授棚元 憲一  たなもと けんいち

担当科目 生物化学選択課題検証実習、生物化学特別実験、生物化学演習
研究領域 細菌内毒素(エンドトキシン)
主な著作・論文 J. Immunol. 155, 5391-5396, 1995、J. Immunol. 164, 3149-3156, 2000、J. Immunol. 167, 3354-3359, 2001、J. Biol. Chem. 227, 42372-42379, 2002、J. Biol. Chem. 281, 5484-5491, 2006
教育研究業績

教授渡辺 恵史  わたなべ よしふみ

担当科目 生物化学選択課題検証実習、生物化学特別実験、生物化学演習
研究領域 細胞生物学・免疫化学・再生医療・ドラッグデリバリーシステム
主な著作・論文 1)Hepatology, 29(1999), 396-402. 2)Hepatology, 32(2000), 1299-1307. 3)FEBS Lett., 502(2001), 63-67. 4)Tissue Eng.,12(2006),2565-2572. 5)Apoptosis,14(2009),309-319.
教育研究業績

薬理学

教授阿部 和穂  あべ かずほ

担当科目 薬理学選択課題検証実習、薬理学特別実験、薬理学演習
研究領域 情動と記憶のメカニズム、アルツハイマー病の発症機序、認知症治療薬の開発
主な著作・論文 「認知症治療薬開発の最前線」(シーエムシー出版、共編著)2006、「薬理学」(朝倉書店、共著)2006、「マンガで読む脳と酒」(りこう図書、単行本)2007、「認知症とたたかう脳」(理工図書、単行本)2008、J. Neurosci. 16:1066-1071(1996)、J.Neurosci. 21:1532-1537(2001)、PNAS 103(44):16568-16573(2006)
教育研究業績

教授小野 秀樹  おの ひでき

担当科目 薬理学選択課題検証実習、薬理学特別実験、薬理学演習
研究領域 体温調節の神経薬理
主な著作・論文 Effect of spinally administered simvastatin on the formalin-induced nociceptive response in mice(共著)、Carnosine has antinociceptive properties in the inflammation-induced nociceptive response in mice (共著)、2012年版実習に行く前の覚える医薬品集 −服薬指導に役立つ−(共著)、第十六改正日本薬局方解説書「薬効薬理、相互作用について」(分担執筆)(共著)
教育研究業績

高度実務薬科学

教授伊藤 清美  いとう きよみ

担当科目 課題探索コースワーク実習、高度実務薬科学特別実験、高度実務薬科学演習
研究領域 薬物動態学
主な著作・論文 1)K. Ito, T. Iwatsubo, S. Kanamitsu, K. Ueda, H. Suzuki, Y.Sugiyama: Prediction of pharmacokinetic alterations caused by drug-drug interactions: Metabolic interaction in the liver. Pharmacol. Rev.,50(3): 387-411 (1998). 2)K. Ito, K. Ogihara, S. Kanamitsu, T. Itoh: Prediction of the in vivo interaction between midazolam and macrolides based on in vitro studies using human liver microsomes. Drug Metab. Dispos., 31(7): 945-954 (2003). 3)K. Ito, D. Hallifax, R. S. Obach, J.B. Houston: Impact of parallel pathways of drug elimination and multiple cytochrome P450 involvement on drug-drug interactions: CYP2D6 paradigm. Drug Metab Dispos., 33(6): 837-844 (2005).
教育研究業績

教授大室 弘美  おおむろ ひろみ

担当科目 課題探索コースワーク実習、高度実務薬科学特別実験、高度実務薬科学演習
研究領域 医薬品情報学、レギュラトリーサイエンス、薬理学、細胞生物学
主な著作・論文 「役に立つ免疫実験法」(分担執筆、講談社サイエンティフィク)、「医薬品GLPガイドブック2005」(分担執筆、薬事日報社)、Inflammation Research 57: 484-488(2008)
教育研究業績

教授土方 貴雄  ひじかた たかお

担当科目 課題探索コースワーク実習、高度実務薬科学特別実験、高度実務薬科学演習
研究領域 解剖学・細胞生物学・分子生物学(特に骨格筋が専門分野)
主な著作・論文 Yuasa K, Hagiwara Y, Ando M, Nakamura A, Takeda S, Hijikata T,Micro RNA-206 is highly expressed in newly formed muscle fibers Cell Strect Fund. 33(2): 163-9, 2008. Hijikata T. et al. Plectin 1 links intermediate filaments to costameric sorcolemma through beta-syremin, alpha-dystrobrevin and actin.J.CellSci. 121(Pt12) : 2062-74, 2008.
教育研究業績

教授三原 潔  みはら きよし

担当科目 課題探索コースワーク実習、高度実務薬科学特別実験、高度実務薬科学演習
研究領域 TDM、個別化医療
主な著作・論文 Yuasa K, Hagiwara Y, Ando M, Nakamura A, Takeda S, Hijikata T,Micro RNA-206 is highly expressed in newly formed muscle fibers Cell Strect Fund. 33(2): 163-9, 2008. Hijikata T. et al. Plectin 1 links intermediate filaments to costameric sorcolemma through beta-syremin, alpha-dystrobrevin and actin.J.CellSci. 121(Pt12) : 2062-74, 2008.
教育研究業績

基礎データ

課程 博士後期課程
学位 博士(薬科学)
修業年限 3年
キャンパス 武蔵野キャンパス
入試情報 大学院入試
学費 学費
奨学金 奨学金
関連する機関・施設

薬学研究所

薬学部臨床薬学センター