HOME教育学部経済学部会計ガバナンス学科 ※2018年4月開設(構想中)

学科紹介

会計はビジネスにおける世界共通言語。「会計言語」を駆使して、組織を活かす理論と方法を学ぶ

会計とは「企業や組織の財政状態や経営成績を数字で表し、報告するもの」であり、経済社会ではこの会計という統一ルールで企業の業績を客観的に判断しています。本学科では、一般的な会計知識はもちろんのこと、国・地方公共団体といった公的機関、NGOや学校法人などの非営利組織の会計についても学べるところが特長です。また、会計数値の背景を読み取る力、会計情報を経営に活用する手法を学び、組織をイチから見ることのできる目を養うとともに、経理・財務・税務の会計知識を武器に、国内外のビジネス分野で活躍できる「会計のスペシャリスト」を育成します。
※構想中のため変更となる場合があります。

学科DATA

取得できる学位

学士(会計学)
   
   

人数

入学定員数
※定員は変更の可能性があります。

90名

キャンパス

1年2年3年4年
武蔵野キャンパス有明キャンパス

目指す資格

● 公認会計士(国家資格)
● 税理士(国家資格)
● 日商簿記検定3級、2級、1級
● 地方公会計検定3級、2級、1級

将来の職業イメージ

● 公認会計士
● 税理士
● 上場企業の経理・財務部門
● 外資系企業の内部統制部門
● 金融機関
● 公益法人
● 公務員

主な就職先

2018 年度開設予定のため、卒業生はいません。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職