HOME教育学部経済学部会計ガバナンス学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS」で幅広い教養を身に付けると同時に、簿記や会計学を学び、専門課程への基礎を固めます。

年次
簿記、会計学の知識を深めながら、金融、租税、コーポレートガバナンスなど会計に関する学びを広げていきます。

年次
監査論、公会計、非営利会計などの授業、そしてゼミに所属し、専門をより深めていきます。

年次
研究テーマを設定し、先行研究を調べ、4年間の学びの仕上げとして卒業論文にまとめます。

カリキュラム

会計学の基本である、簿記、財務会計、管理会計の知識修得を主軸に、企業会計、公会計、非営利会計などのさまざまな組織の会計と、それらの組織を活かすためのコーポレートガバナンスや金融などの理論を学びます。

会計ガバナンスのカリキュラム4

*カリキュラムは変更する場合もあります

授業ピックアップ

簿記授業

簿記

企業の経済活動を記録する簿記のルールを順序立てて理解し、財務諸表や決算書の読み方、まとめ方を学びます。会計の基本知識を頭で理解するだけではなく確実に身に付けられるよう、問題演習も多く取り入れています。

租税法画像

租税法

所得税を中心に税制全般(法人税、消費税)について諸外国との比較もしながら税の機能や役割を学びます。税制の背後にある税理論を知ることで、税制の問題点やそれをどのように改正すべきかを自ら考えられるようになることを目指します。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職