HOME教育学部経済学部会計ガバナンス学科

学科ポリシー

ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー

※ディプロマポリシーの[+]をクリックすると、カリキュラムポリシーが表示されます。

ディプロマポリシー概要・育成する人材の方針

会計基準の国際化、会計税務の法令の複雑化など、会計をとりまく課題は増加すると言われています。本学では現場で必要とされる今日的課題を学び、即戦力を養うとともに会計を主軸とした多様な学問領域を用意。こうした社会的ニーズに即対応できる人材を育成します。具体的には「簿記」「管理会計」「財務会計」などの会計学を軸に、多様な組織の会計や、組織を活かすための理論を学びます。学士課程教育を通じて「知識・専門性」「関心・態度・人格」「思考・判断」「実践的スキル・表現」の4観点10項目の知識を身に付け、取り組むべき社会的課題を自ら発見し、状況の改善や危機管理に活かすことのできる人材を育成します。会計数字の背景を読み取る力、会計情報を経営に活用する手法を学び、経営を理解できる会計のスペシャリストを育成します。

知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自律的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学力】
会計学・ガバナンス論等の分野における基礎学力を習得している【基礎学力】

カリキュラムポリシー:

本格的な専門教育を受ける前に、全学共通の教養教育プログラムである「武蔵野BASIS」を履修します。「武蔵野BASIS」では、大学での学修に必要な基盤的な技法と知識の修得を目的として、「建学」、「健康体育」、「コンピュータ」、「日本語リテラシー」および「外国語」を学びます。また、同プログラムの「基礎セルフディベロップメント」において、「思想・芸術」、「国際・地域」、「社会・制度」、「人間・環境」、「物質・生命」、「数理・情報」の6分野を学ぶことにより、広い視野を備えたすぐれた人格の形成を目指します。
会計ガバナンス学科では、<基礎科目群>で会計分野の基礎学力をつけることを目的とし、『会計学入門』『簿記1、2』を必修で修得します。
<基幹科目群>は<基礎科目群>で身につけた基礎学力を発展させることを目的とし、『簿記3、4』『工業簿記1、2』『財務会計1、2』『企業と社会』『コーポレート・ガバナンス論1』を学びます。
会計学・ガバナンス論等の分野における専門知識を体系的に習得し、現実の経営事象を理解分析できる【専門能力】

カリキュラムポリシー:

<展開科目群>は、『アドバンス簿記1、2』『財務会計3、4』『連結会計』『監査論』『会計データ分析1、2』等の学習を通じ、<基幹科目群>で身につけた専門学力を発展させ、高度な会計の専門知識を体系的に修得します。
<課題研究科目群>は最重要の科目群であり、2年次の『プレゼミ1、2』、3、4年次の『ゼミナール1、2、3、4』を必修科目とし、卒業論文につなげていきます。「課題研究」は「基礎科目群」「基幹科目群」「展開科目群」で学んだ、あるいは学んでいる内容を応用していくことを目的としています。少人数の学生に対し、長期にわたり指導を施すことで、専門知識の習得のみならず、社会課題を自ら発見し、必要な状況を論理的に分析し、それぞれの専門の立場から自ら解決策を提示する能力を習得していきます。
さらに、刻一刻と変化する会計をめぐる社会環境に適応し、必要な知識を補完する<応用科目群>を履修することで、その時々の社会状況の要請に応じた専門能力を身に着けます。
他に、職業会計人を輩出するための専門コース「育成プログラム」があり、1年次から開講されます。

関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

取り組むべき社会的課題を自ら発見し、状況の改善や危機管理に生かすことができる【課題発見力】
自らの判断で、社会において責任ある意思決定ができる【主体性・実行力】
職業人として恥ずかしくない人格、倫理、使命感を有している【人格形成・使命感】

カリキュラムポリシー:

企業の社会的責任の重視により、高い倫理観と共生の視点を持ち、会計言語を駆使して問題発見・課題解決ができる人材が必要とされています。3年4学期に履修する『企業倫理』は、実社会で働く直前に、倫理観を高め、倫理的な知識を習得することができます。
1年次に行われる長期学外学修プログラム「フィールド・スタディーズ」では、社会のパラダイム・シフトに対応する3つの人材、①自発自燃型人材、②グローバル人材、③地域貢献型人材の育成に必要かつ想定外の状況にも対応できる主体性や問題発見・解決能力などの汎用的能力を修得します。

思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

必要な情報を自ら収集し、論理的に分析することができる【情報分析・論理的思考】
経営上の課題に対して自ら状況を分析し、解決策を提示することができる【課題解決力】

カリキュラムポリシー:

3年次に行われる「会計インターンシップ」では、実際の監査実務、税務実務、経理実務を体験することによって、学科で学習した学問と実務がどのように融合しているのか理解するとともに、取り組むべき社会的課題を自ら発見し、解決策を提案できる能力を身につけます。

実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

自らの思考を、必要に応じ文章、図表、情報機器などを用いて的確に表現できる【表現力】
組織において他者の意思を尊重しながら、全体をまとめ、リーダーシップを発揮できる【傾聴力・リーダーシップ力】

カリキュラムポリシー:

表現力、傾聴力、リーダーシップ、チームワークは、企業や社会では不可欠の能力です。2年次より卒業まで、ゼミナール形式の講義が必修科目となっている会計ガバナンス学科では、専門知識の修得に加えて、これらの能力を修得します。

アドミッションポリシー

経済学部会計ガバナンス学科は、国際化した社会の中で、高い倫理観と共生の視点を持ち、社会貢献と自己実現を目指して活躍できる人材を育成するため、以下のような者の入学を求める。

志向性:将来の進路

●会計、ガバナンス、金融等の専門知識をもとにした以下の将来像を描く者
●国内外の優良企業や金融機関、ベンチャー企業等のビジネス分野で活躍したい者
●非営利・公共分野等で活躍したい者
●アナリストやコンサルタントとして活躍したい者
●中小企業の事業承継を目指す者
●国家資格に基づいた専門職を目指す者

期待する能力:知識・専門性

●高等学校で履修するのが望ましい教科・科目:英語、国語、数学、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)
●高等学校で取得するのが望ましい資格等:実用英語検定試験(2級以上)、TOEIC®、全商簿記実務検定(2級以上)、日商簿記検定(3級以上)、ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)

期待する能力:関心・態度・人格

●営利企業、非営利組織の管理に関心を持つ者
●企業社会をよくしようという高い志を持つ者
●自らの意思で粘り強く物事に取り組める者

期待する能力:思考・判断

●必要な情報を自発的に入手する能力を身につけたい者
●さまざまな問題に対する解決策を見出すための知識と論理的思考能力を身につけたい者

期待する能力:実践的スキル・表現

●自分の考えを整理し、文章、プレゼンテーション等によって、分かりやすく伝えたい者
●他者の意思を尊重しながら、全体をより良くするためのリーダーシップを身につけたい者
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職