HOME教育学部経済学部経営学科3分でわかる経営学講座

第2回 戦略とは何だろう?なぜ、学ぶ必要があるのだろう?
※この内容は2015年1月時点の情報をもとに作成しています

第2回 戦略とは何だろう?なぜ、学ぶ必要があるのだろう?

前回、経営学とはどのような学問なのかという話をしました。
その際に、お客さんにとっての価値を提供する対価として企業は利益を得るということを述べました。
「価値を提供し、対価として利益を得る」と言うのは簡単ですが実際には最終的な利益につながるような活動を行うためにさまざまなことを考えなければなりません。市場(社会)に対してどのような価値を、どのように生み出していくのかを考えなければその企業は利益を得ることが難しい状況に直面するでしょう。

「○○○大学に入る」というのは、目標であって戦略ではない

そこで、戦略というものを考える必要が出てきます。
戦略という言葉はその意味する内容が人によって異なることが多い言葉でもありますが、ここでは「将来像とそれを達成するための道筋」だと捉えましょう。
このように戦略を定義すると、単に目標を掲げ、スローガンを唱えるのでは戦略になりません。目標そのものは将来のありたい姿として必要なのですが、戦略として考えるべき主たる点は、その将来像を達成するための道筋です。
たとえば、「○○○大学に入る」というのは目標であって戦略ではありませんし、「○○○大学に入るために期末試験の英語で70点取る」も戦略ではありません。「○○○大学に入るためには、自分には英語の力が必要で、合格点に達するために英語で必要な点数を取れるように、朝起きてから2時間を重点的に英文法の学習にあてる」となると戦略です。

任天堂、ソニーのゲーム機戦略とは

lecture2_img_001

では、企業の場合はどうでしょうか。
据置型ゲーム機を作っている任天堂という会社を例にとって考えてみましょう。
同社は「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ことを目標として掲げていますが、これを実現するための道筋を考えることが経営上の戦略、すなわち経営戦略になります。
目的を実現していく方法は、企業が置かれた状況によって異なります。さらに選択肢としての道筋に唯一の解が必ずあるわけではありません。
据置型ゲーム機のライバルであるソニーやマイクロソフトが仮に同じような目標を掲げたとしても、必ずしも任天堂と同じことをするわけではありません。
たとえば、任天堂は直感的にゲームができるよう、操作性の簡素化という方法をWiiで実現しました。家族みんなで楽しめる「鍋のような存在」を目指したと関係者の1人は語っています。それに対し、ソニーのプレイステーション3は動画の速度や美しさという性能の高さに焦点を当てたゲーム機を提供し、後継のプレイステーション4ではネットワーク機能を強化しています。「世界が、遊びでひとつになる」というキャッチコピーと整合的に、ソニーが目指す姿を実現するようなゲーム機を開発していると言えます。
このような違いが据置型ゲーム機で見られるのです。

戦略に関する理論を学び、考える筋道を多様に持つ

経営戦略の授業では、なぜそのような筋道を選ぶのかという戦略の根拠となる理論を学んでいきます。
たとえば、なぜ任天堂はWiiの開発という道を当時選んだのだろうかを考えると、差異化(差別化)がカギとなります。
もちろん、世の中を理解することは単純ではなく、複雑であり、利益をもたらす根源もさまざまです。
しかし、戦略に関する理論を学び「定石」を知ることが、将来像を達成するための道筋をより深く考えることを可能にします。
また、さまざまな理論を学び、考える筋道を多様に持つことで、利益の獲得へとつながる可能性を拓きます。経営戦略を学習することが利益を得るための道筋にヒントを与えるのです。
ただ、戦略さえあれば商品は放っておいても勝手に売れるというわけでもありません。
そこで、

次回はユニクロを例に挙げ、マーケティングについて考えてみましょう。
次回第3回はこちら

3分でわかる「経営学」講座バックナンバー

第1回 経営学は「金儲け」の学問なのか?
第3回 なぜ、あの商品は「売れる」のか?-マーケティングの視点
第4回 英語だけではない!会計はビジネスにおける世界共通言語
第5回 武蔵野大学で経営学を学ぶ
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職