HOME教育学部経済学部経営学科3分でわかる経営学講座

第3回 なぜ、あの商品は「売れる」のか?-マーケティングの視点
※この内容は2015年1月時点の情報をもとに作成しています

第3回 なぜ、あの商品は「売れる」のか?-マーケティングの視点

これまでの2回の連載で、企業は価値を提供する存在であることを述べてきました。
前回取り上げた戦略は、「将来像とそれを達成するための道筋」というものでしたが、なぜ戦略を考える必要があるのかといえば、市場(社会)に対してどのような価値を、どのように生み出していくのかを考えるためでした。戦略を立てることで、お客さんに価値を提供するための道筋は示されることになります。
しかし、具体的な活動というものも考え、実際に行動へと移していかなければ、最終的に手に入れる利益というものが得られずに終わってしまう可能性すらあります。
そこで、企業は具体的な活動の1つとしてマーケティングについて考えなければなりません。

lecture3_img_001

マーケティングとは

マーケティングという名前自体は、皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。
人によってマーケティングの定義に違いはあるのですが、ここではマーケティングという活動を概観するために「顧客にとって価値のあるものを提供するための一連の活動」だと考えます。
マーケティングの講義では、お客さんが買い求める商品やサービスを作り出して売ることを念頭に置いて「一連の活動」を構成するさまざまな活動や仕組みについて学びます。

マーケティング視点でユニクロを見る

lecture3_img_003

ユニクロを例に、もう少しかみ砕いてマーケティングを考えて見ましょう。
ユニクロが私たち顧客に対して提供している商品はフリースやヒートテック、エアリズムといった衣料品です。しかしながら、提供している「価値」という視点で考えると、ユニクロは衣服を提供していると考えるだけでは不十分です。たしかにインナーやアウターなどを提供していますが、衣料品であれば他にも提供するお店がたくさんあるからです。
では、他のお店と比べたときにユニクロが提供している「価値」は何でしょうか。
品質に大きな不満を抱くことなく、リーズナブルな価格で衣服を提供するということに多くの人は価値を見いだしているのではないでしょうか。
このような価値を届けるために、ファッション業界が手がける多くの洋服とは異なり、素材調達、企画、開発、製造、物流、販売、在庫管理など、製造から販売までのすべての過程を一貫してユニクロが行っています。他の企業と取引が生じてしまうところを、自社で一貫して携わることでコストを削り、リーズナブルな価格で衣服を提供することを実現させ、品質などの面でもユニクロが主体的に関わることを可能にしています。同社が提供する「価値」を知ってもらう(あるいは思い出してもらう)ためにCMをテレビに流したり、毎週金曜日に新聞に折り込み広告を入れたりしています。
これらのユニクロの活動はいずれも広い意味でマーケティングに含まれるものです。

メールマガジンとスマホアプリ

もちろん、人によって感じる価値は違いますが、ターゲットとなる客層を想定して、その最大公約数が価値を認めるものを提供すべく、企業の側はマーケティングを行うのが一般的です。
ただし、近年は情報技術が発達した結果、一人ひとりのお客さんにより価値を認めてもらえるように働きかけることが可能になってきています。例えば、ユニクロに関心のある人がメールマガジンに登録すると、会員限定の割引クーポンが配信されます。また、ユニクロはスマートフォン向けアプリを準備しています。チラシの商品写真をスマホでスキャンするとその商品を購入した他のお客さんのレビューを見ることができたり、オンラインストアで購入できたりするだけではなく、実際のお店では気に入った商品のバーコードをスキャンすることで、その商品の詳しい情報を手に入れたり、店頭には置いていないサイズや色をオンラインで購入できるようWebと連携しています。
このように、「顧客にとって価値のあるものを提供する」ために、企業が行う一連の活動がマーケティングです。
例としてユニクロをあげましたが、さまざまな企業がマーケティングを行っていますから、意識してみれば身近なところでもみつけられるはずです。経営学科(あるいは学部)での学びは、身の回りにあることを理解することにもつながるのです。

次回は、ビジネスにおける共通言語といわれる会計について取り上げて、戦略やマーケティングとは違った側面から企業活動を考えてみましょう。
次回第4回はこちら

3分でわかる「経営学」講座バックナンバー

第1回 経営学は「金儲け」の学問なのか?
第2回 戦略とは何だろう?なぜ、学ぶ必要があるのだろう?
第4回 英語だけではない!会計はビジネスにおける世界共通言語
第5回 武蔵野大学で経営学を学ぶ
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職