HOME教育学部経済学部学部紹介

学部紹介

グローバル化がさらに加速し、とどまることなく変動し続けている現代社会。そこには、大量生産・大量消費社会の限界、財政・金融危機、市民社会と企業活動のあり方、経済格差の拡大、地球環境問題、エネルギー資源問題など、さまざまな課題があります。経済学部では、経済学や経営学の視点から、こうした課題の原因や背景を究明し、その改善策や解決策を提案できる能力を養成するとともに、冷静な頭脳と温かな心、明晰な論理性と豊かな感受性の双方を持ち、社会に貢献できる人材を送り出すことを目的としています。経済学や経営学を学ぶと、自ずと社会のしくみもわかるようになります。世界とつながっている自分に気付き、グローバルな感性と幅広い視野を身に付ける。経済学部には、そんな自分を向上させる学びが待っています。
学部長メッセージ
経済学は社会の「医学」
社会の「病い」を治療する
解決策を考えましょう
学部長 齋藤 英里 教授
慶應義塾大学大学院 経済学研究科(博士課程)
研究領域:経済史、産業史、経済思想史
経済学は社会の仕組みや動きを読み解き、問題の解決策を考える重要なツールの1つで、例えて言えば社会の「医学」です。現代社会はどんな課題(病気)を抱えているのか、その解決策(治療法)は何かなどについて考えることに、学ぶ意義が あります。そのためには、人間をよく知り(診療)、データを分析する(検査)ことが重要です。今まで知らなかった問題や視点に目覚めることで、あなた自身の社会 の見方も変わることでしょう。広く世界に目を向け、深く物事を考える力を身に付けるために、本学の経済学科では、入門・基礎から応用、最先端研究まで順を追っ て学べるカリキュラムを用意。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」などの理論を習得し、応用分野(財政、金融、国際経済、公共経済など)へと展開します。「統計学」「ゲーム理論」「計量経済学」は多くの分野で不可欠の科目。「経済史」「経済 思想史」では、現代の問題の歴史的起源を学びます。最終的には、豊かな感受性(暖かい心)と事態に対する分析能力(冷静な頭脳)を持ち、遠い世界で起きている諸問題も自分と関係づけ、論理的に考えられる人間を目指してください。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職