HOME教育学部経済学部学部紹介

公認会計士育成プログラム
税理士育成プログラム

公認会計士育成プログラム・税理士育成プログラムでは、将来、公認会計士、税理士を目指したい方を対象に、学科の専門教育と国家試験対策を有機的に構成した教育を提供します。
この育成プログラム特待生制度に採用された方は、経済的支援を受けながら、公認会計士、税理士を目指します。

公認会計士とは

会計の専門家であり、監査をはじめ、財務、経理など仕事内容は多岐にわたります。国際会計基準に基づく経営戦略の提案など、コンサルティング業務が脚光を浴びています。

経済学部TOP公認会計士育成プログラム

税理士とは

税務処理の代行や税務相談に応じることが主な仕事。財務管理に関するスペシャリストとして活躍するだけでなく、中小企業の経営コンサルタントとしても活躍できます。

経済学部TOP税理士育成プログラム

2018(平成30)年度入試

対象入試と募集人員

プログラム対象入試対象学科募集定員
公認会計士育成プログラムMスカラ入試
全学部統一入試
一般入試A日程B日程C日程
センター利用前期入試中期入試後期入試(3、5科目判定型)
会計ガバナンス学科 5名
税理士育成プログラム 5名
 ※ 入学後に本プログラムに編入することもできます(1年次夏期および2年次春期)。編入後は育成100合格と同様にプログラム参加費を免除します

公認会計士・税理士育成プログラムのポイント

1.着実に身に付く少人数制(選抜制)

入学時から国家試験直前まで、専任の担当教員が徹底的に指導。半期ごとに面談を行うなど、学修面だけでなく生活面やメンタル面のケアも充実。専用の自習室を用意するなど、学修に集中できる環境を整えています。

2.受講料免除

学外で開講される公認会計士、税理士の難関国家試験合格対策の有料講座に無料で参加できます。

3.成績優秀者には60万円の奨学金

入学後の成績により、「育成60Plus」として奨学金60万円が給付される場合があります。

4.卒業単位に認定される

育成プログラムの科目は卒業所要単位に認められています。大学のカリキュラムの一環として国家試験に取り組めます。
※ プログラムは今後変更になる場合があります。

合格区分と奨学金内容

入試成績に応じて、以下の奨学金を給付します。

合格区分給付・減免額対象入試
育成500合格 400万円相当の学納金(入学金+授業料+教育充実費)を給付
+100万円相当のプログラム参加費を減免
全学部統一入試
一般入試A日程
育成100合格 100万円相当のプログラム参加費を減免対象入試全て

公認会計士・税理士育成プログラムの履修モデル

0023

  ※ 入学後に各プログラムに編入することもできます。
  ※ 1年毎にプログラム継続の審査があります。

公認会計士・税理士育成プログラムに参加するには

対象入試の成績をもとに選考を行うため、特別な試験対策を行う必要はありません。本学が指定する対象入試に合格した方のうち、「育成プログラム特待生制度申込書」を提出された方の中から入試成績等による審査を行い、育成プログラム特待生を選抜します。各入試間の併願も可能です。

育成プログラムの流れ

大学を挙げて全面的にバックアップ
業界をリードする人材を育成します
公認会計士や税理士を目指す多くの人は、大学の他に資格取得専門予備校に通う、いわゆるダブルスクールで試験対策に取り組みます。武蔵野大学では、外部予備校と連携し、資格取得のための科目を大学の単位として認定する「公認会計士育成プログラム」「税理士育成プログラム」を用意。学生は、シングルスクールという効率的な体制で試験合格を目指すことができます。本プログラムでは、基本的な知識の習得はもちろん、難関の計算問題に対しては徹底した反復練習を行うなど、試験対策のスキルを身に付けるトレーニングにも力を入れています。合格への道は長く辛いものかもしれませんが、高い志を持ち、切磋琢磨し合える仲間がいます。そして、私たち教員も、学生の学習の進捗具合を見守りながら定期的に面談をして、学習指導だけでなくメンタル面のケアもするなど、きめ細やかなサポートを心がけています。グローバル化が進む現代において、公認会計士や税理士は、非常に重要かつ倫理性の高い職種です。本プログラムでぜひ合格を勝ち取り、世界に羽ばたき、業界をリードする公認会計士や税理士を目指してください。

鷹野 宏行 教授
慶應義塾大学 商学研究科博士課程 単位取得
前 大原大学院大学(会計専門職大学院)准教授
研究領域:非営利組織体会計論
公認会計士育成プログラム修了生インタビュー
自分の弱点を重点強化できる
学びの環境が魅力です
公認会計士が登場する小説を読んだことをきっかけに、資格取得を目指したいと思うようになりました。武蔵野大学を選んだ理由は、「公認会計士育成プログラム」の存在に魅力を感じたからです。このプログラムの特長は、少人数の講義で質問がしやすいこと。自分に不足している部分があれば受講科目を追加し、重点的に強化することができます。先生方や卒業生の先輩方から直接いろんな話を聞ける、とても恵まれた環境のおかげで、試験合格を勝ち取れたと思っています。

中山 桃子

大手監査法人勤務
武蔵野大学 政治経済学部 経営学科  2016 年3月卒業
東京都私立東洋高等学校 出身
※ 卒業当時の学部・学科の名称です。

税理士育成プログラム奨学生インタビュー
入学してから取り組んだ簿記
1年次の11月には2級に合格
ダブルスクールをせずに税理士試験合格を目指せることが、「税理士育成プログラム」の特長です。簿記の知識がまったくない状態で入学しましたが、先生方の熱のこもった指導のおかげで、入学からわずか2カ月で日商簿記検定3級に合格。さらに、1年次の11月には2級に合格することができました。また、プログラム生専用の自習室があり、仲間と刺激し合いながら学べることも魅力です。「ここまで続けてきた以上は結果を出す」という強い気持ちを持って、日々の試験勉強に取り組んでいます。

中村 瑞希
経済学部 経営学科 3年  ※取材当時
千葉県私立東京学館浦安高等学校 出身

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職