HOME教育学部教育学部児童教育学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS 」を通して大学生としての基礎力を養う1年間です。小学校や中学校を見学する機会もあります。

年次
専門の授業が本格的になります。指導法を学ぶ科目では模擬授業を行います。教員採用試験の模擬試験や対策講座も受講します。

年次
ゼミや専門的な科目を通じてより実践的に教育を学ぶのが3年次です。2年次に引き続き採用試験対策講座を受講し傾向と対策を学びます。また、教育インターンシップ(選択)が始まります。

年次
自分なりの教育観や指導観を養い、採用試験の合格を目指します。また教育実習や「卒業研究」に取り組み、4年間の集大成を図ります。

トピックス

教育現場に触れる数多くの実習

理論と実践の両面から4 年次までの成長をサポート

4年次の教育実習が教員免許取得の条件となる教育学部では、1年次から4年間にわたり、学修段階に合わせて学校現場で実習を行います。実習の効果的な積み重ねで、教員として採用された後にもすぐに活躍できる力を身に付けることができます。

1年次教育ボランティア活動近隣の学校でティーチングアシスタントなどを行う
2年次プレ実習
( 海の学校・山の学校)
「海の学校( 八丈島)」または「山の学校( 山梨市)」での短期の自然体験と小中学校実習。
3年次教育インターンシップ授業の一環として、近隣自治体の学校で1年間定期的に実務を経験。
 → 西東京市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、清瀬市と密接に連携した教育インターンシップ
4年次教育実習教育職員免許法に位置付けられている「教育実習」を実施し、現場の教員や児童・生徒と関わり、学校教育の内容を実践的に深く学ぶ。
児童教育学科 学校教育専修

教育インターンシップで現場を知る

教師を目指す学生にとって、教育現場の見学や指導補助、授業の経験を多く積むことは将来のイメージトレーニングに繋がり、貴重な機会となります。本学では、実際に学校の実務や授業を経験できる「教育インターンシップ」を実施。西東京市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、清瀬市と武蔵野キャンパス近隣の公立小学校と連携して行います。学生たちは、学校長経験者である教員からゼミ形式でフィードバックを受けることにより、実践力を段階的に修得。また、地域による教育環境の違いや、教育ニーズに直に触れ、目指すべき教師像を具体的に考えていくことができます。

児童教育学科 教育インターンシップ

教職センター
教員への就職を目指す学生をしっかりサポート

教職センターでは、教職を目指す学生を対象に、教育実習に関するサポートや教員採用試験に関する情報提供、採用試験対策講座の運営を行い、教員・司書教諭などを目指す学生を全面的に支援しています。これらのサポートにより、教育学部では、2017 年3 月卒業生の公立小学校教員採用試験において、新卒採用率79 . 4%( 期限付任用含む)を達成しました。


小学校教員採用試験 新卒採用率 79 . 4%

教職研究センター

カリキュラム

カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

児童教育学科 科学基礎

科学基礎

中学・高等学校理科の教材や実験方法の基本について学び、生徒が科学に興味を持ち、自ら掘り下げようとする意欲を引き出す指導法、評価法を学習し、授業展開を実践的に考える機会が得られます。

児童教育学科 初等図画工作科指導法

初等図画工作科指導法

児童が自由にイメージを広げ、それを創作する力を引き出すための指導法を習得。
造形教育の意義を考えながら、児童が図画工作の楽しさや達成感を味わえるような効果的な授業展開について学びます。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職