HOME教育学部教育学部児童教育学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS 」を通して大学生としての基礎力を養う1年間です。
実際に幼稚園や小学校・中学校を見学する機会もあります。

年次
専門の授業が本格的になります。指導法を学ぶ科目では、実際に模擬保育・模擬授業も行います。
公務員保育士・教員採用試験の模擬試験や対策講座も受講します。

年次
ゼミや専門的な科目を通じてより実践的に保育・教育を学ぶのが3年次です。
2年次に引き続き採用試験対策講座を受講し、傾向と対策を学びます。また、保育実習が始まります。

年次
自分なりの保育観・教育観や指導観を養い、採用試験の合格を目指します。
また教育実習や「卒業研究」に取り組み、4年間の集大成を図ります。

トピックス

保育・教育現場に触れる数多くの実習

保育・幼児教育専修 │ 子どもとの触れ合いを通して保育・教育実践力を養う

大学附属幼稚園での見学など、実習の前段階から子どもたちと触れ合うことができます。4年間の実践的な学びで乳幼児の特徴や発達に対する理解を深め、幼保一元化にも対応できる保育士や幼稚園教諭を目指します。

1年次学科入門ゼミ武蔵野大学附属幼稚園で参加観察実習。子どもたちや保育の実際を体験的に学ぶ
2年次プレ実習本格的な実習・インターンシップに備えた幼稚園や保育所での短期プレ実習
3年次保育所実習
施設実習
保育所や施設で長期の実習。保育者としての視点をもち、保育に参加し学ぶ
2年次に2週間、3年次に4週間の豊富な実習
4年次教育実習これまでの豊富な実習体験をもとに、さらに保育・教育実践力を身に付ける
児童教育学科 保育・幼児教育専修

学校教育専修 │ 理論と実践の両面から4年次までの成長をサポート

教育実習や教員採用試験に合わせて、理論と実践をバランスよく学べるカリキュラムを用意。小中一貫教育や中高一貫教育のニーズに対応し、児童や生徒の成長を長期的にサポートできる小学校・中学校・高等学校教諭を育成します。

1年次教育ボランティア活動近隣の学校でティーチングアシスタントなどを行う
2年次プレ実習八丈島での短期の自然体験と小中学校実習
3年次保育所実習
施設実習
授業の一環として、近隣自治体の教育機関で1年間定期的に実務を経験
西東京市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、清瀬市と密接に連携した教育インターンシップ
4年次教育実習インターンシップなどで現場の教員や児童・生徒と関わってきた経験が活きる
児童教育学科 学校教育専修

実践力を磨く環境 ― 学生の「育てる力」を引き出す教育環境が充実

附属・附置機関 │ 武蔵野大学 附属幼稚園

学生たちのボランティアや実践学習の中心となる附属幼稚園は、大学構内にあります。絵本、紙芝居を子どもたちに読み聞かせるなど、授業で学んだ指導法を実践する、触れ合いの機会が豊富にあります。

附属・附置機関 │ 子育て支援室(養育カエンパワーセンター)

保護者の養育力を援助することを目的に、専門科目の授業の一環として「ひろば活動」やワークショップを開催。実践を通して幼い子どもと親の日常生活と思いについて学び、保護者を支援する保育者としての基礎を培います。

児童教育学科武蔵野大学附属幼稚園

充実した施設

実践的な学びが多い教育学部。学内には20室のピアノレッスン室、電子黒板などICT教育に対応した理科室、教材作りの際に利用できる美術室、多目的室を完備。学生たちは指導法の授業準備や採用試験に向けて積極的に利用しています。

児童教育学科 施設1

児童教育学科 施設2

児童教育学科 施設3

児童教育学科 教育インターンシップ

教育インターンシップで現場を知る

教師を目指す学生にとって、教育現場の見学や指導補助、授業の経験を多く積むことは将来のイメージトレーニングにつながり、貴重な機会となります。武蔵野大学では、実際に学校の実務や授業を経験し、担当教員からフィードバックを受けることができる「教育インターンシップ」を実施。西東京市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、清瀬市と武蔵野キャンパス近隣の公立小学校と連携して行います。学生たちは、子どもと触れ合いを深めながら実践力を段階的に習得。また、地域による教育環境の違いや、教育ニーズに直に触れ、目指すべき教師像を具体的に考えていくことができます。

教職研究センター

教職研究センター

教員への就職を目指す全学生を強力サポート

教職研究センターでは、教職を目指す学生を対象に、保育実習や教育実習に関するサポートや教員採用試験に関する情報提供、採用試験対策講座の運営、保育所・幼稚園・小学校・中学校・高等学校などでのインターンシップなどの支援を専門的に実施。保育士・教員・司書教諭などを目指す学生を全面的にサポートしています。これらのサポートにより、教育学部では、公立小学校教員を78名輩出しています。

高い就職率(2015年度実績)

98.8%

※2013年度〜2015年度卒業生の実績

カリキュラム

カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

児童教育学科 教育心理学

教育心理学

幼児・児童・生徒は生活や遊びを通してさまざまな発見をし、学習していきます。学習の過程や学習に影響を与える要因、個人差とその測定方法について学び、個人差に応じた発達援助について理解を深めます。

児童教育学科 保育内容(人間関係)

保育内容(人間関係)

幼稚園や保育所の保育内容の5領域の1つ「領域・人間関係」について学びます。人とのかかわりを通し子どもが育つ道筋と、幼児期の「人とかかわる力」を育む保育者の役割について講義と演習を通し探求します。

児童教育学科 科学基礎

科学基礎

中学・高等学校理科の教材や実験方法の基本について学び、生徒が科学に興味を持ち、自ら掘り下げようとする意欲を引き出す指導法、評価法を学習し、授業展開を実践的に考える機会が得られます。

児童教育学科 初等図画工作科指導法

初等図画工作科指導法

児童が自由にイメージを広げ、それを創作する力を引き出すための指導法を習得。
造形教育の意義を考えながら、児童が図画工作の楽しさや達成感を味わえるような効果的な授業展開について学びます。

児童教育学科 教育・保育プレ実習

教育・保育プレ実習

3年次の本格的な実習やインターンシップに備えるため、2年次で短期(1週間)のプレ実習を行います。「保育・幼児教育専修」では、保育現場で1週間の実習を経験し、集団保育における子どもの生活の実際について理解します。「学校教育専修」では、3年次の教育インターンシップ・ボランティアを想定し、八丈島で自然体験と小中学校実習を実施。実習の基本を学び、自然での実習を通して実践力を培います。学生たちは、プレ実習で保育者・教育者を目指すものとしての自覚をさらに深めた上で、本格的な実習やインターンシップに臨みます。
学生VOICE
目指す職業に一歩ずつ近づく、
ワクワクするような毎日です
稲葉 実央
東京都立桜修館中等教育学校 出身
教育学部 児童教育学科 3年
高校2年生の夏にオープンキャンパスに参加したことが、武蔵野大学を選んだきっかけです。教育学部の保育・幼児教育専修では保育士資格と幼稚園教諭の免許を両方取得できること、そして学部全体の雰囲気が良いことに魅力を感じました。この学部の学生は皆とてもまじめで、先輩や友人は素敵な人ばかりです。講義課題やレポートの作成に苦労しているときでも、お互いに励ましの言葉をかけ合って頑張っています。また、まじめな部分だけではなく、自分たちでスポーツ大会を開催するなど、楽しむべきときには思い切り楽しめることもこの学部の魅力です。仲間と一緒に前を向き、目指す職業に一歩ずつ近づいていく毎日は、ワクワクするような楽しさがあります。これまで、子どもたちを取り巻く環境づくりの大切さを学んできました。子どもたちの健やかな成長を手助けできる保育士を目指し、これからも実習など実践的な学びの機会を大切にしていきたいと思います。学んできたことを教育の場で発揮するためには、挑戦意欲を持ち続けることが必要です。たとえ失敗してもそこから何かを得ようとすれば、自分の引き出しを増やすことができます。子どもたちと楽しく遊び、学びの楽しさを伝えてあげられる、そんな先生になることが目標です。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職