HOME教育学部教育学部児童教育学科

学科の特徴

トピックス

児童教育学科_学科特徴3

子どもの成長を長期的な視点で見守り、教育現場で活躍できる確かな力を養う


小学校教諭と、中学校教諭(国語・英語・理科)、高等学校教諭(国語・書道・英語・理科)の免許取得に加え、司書教諭免許も同時取得可能。小中一貫教育や中高一貫教育など、初等教育と中等教育の連続性を重視し、長期的な視点で児童や生徒の成長を見守り、発達過程で生じるさまざまな問題に柔軟に対応できる教員を育成します。総合大学の利点を活かし、子どもの好奇心の芽を育むための幅広い学びが可能です。

児童教育学科_学科特徴1

アクティブ・ラーニング。英語教科化。教育の国際化に対応した学び


小学校の英語教科化に対応して「児童英語」を選択科目として履修可能に。希望者は2年次に海外での研修にも参加できます。また、2017年より「国際教員養成コース」が設置され、各教科の専門的な学びに加えて国際的な教育の知識とスキルが修得できるようになりました。これは、2020年以降から順次実施される新学修指導要領(学校教育の基準となるもの)に取り入れられる「アクティブ・ラーニング」を学べるものです。教育の国際化に対応し、これからの教育を先取りした学びと言えます。

児童教育学科_学科特徴2

学生一人ひとりの顔が見える4年一貫ゼミ教育


本学部では1年次からゼミに所属します。学生一人ひとりの顔が見える距離の近さで、専任教員による指導を行います。1年次は入門ゼミ、2年次には発展ゼミで25~30人規模で教育学の基礎を学びます。3、4年次になると15人以下の少人数でゼミが行われ、最新の教育学を学ぶと同時に、教員指導の下、学生自ら研究を行います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職