HOME教育学部看護学部学部紹介

学部紹介

看護師には、人々の健康や福祉の向上に貢献するという使命感とともに、人間の尊厳と権利を尊重する倫理観が求められます。また、患者さんとそのご家族はもちろん、チーム医療では、医師や薬剤師などスタッフとの円滑なコミュニケーションも不可欠です。武蔵野大学の看護学部は、看護師としての高い専門スキルだけでなく、総合大学ならではの学びを活かし、広い視野と豊かな人間性、コミュニケーション力なども身に付け、社会のさまざまな領域で活躍できる看護師を育成しています。現在の保健・医療・福祉・教育を取り巻く環境を理解し、「慈悲の心」を持ちながら、人々の生老病死に日々向き合える、質の高い看護師を目指します。
学部長メッセージ
体感したことを
知識に結びつける
“学び方”を学んでください
学部長 香春 知永 教授
聖路加看護大学大学院 看護学研究科
博士課程単位取得
研究領域:基礎看護学、看護教育学
看護学部では、1年次から専門科目を学び、実習も2年次から始まります。この実習が、看護師を目指す人にとって大変重要なのです。現場を体験することにより、講義で学んだことを確認でき、次に学ぶことが見えてきます。看護師は、仕事を始めてからも学び続ける仕事です。そのためにも、知識と経験を結びつけるこの「学び方」を、実習を通じて、ぜひ身に付けておいてください。また、看護では、病気や身体のしくみ、看護技術についてだけでなく、幅広い知識を学ぶことも大切です。例えば、患者さんの住む地域性や文化の違いに配慮すると、より良い看護につながります。患者さんや家族の健康状態、生活環境、習慣の観点から状況を的確に把握するヘルスアセスメントは的確な看護を実践するための重要なスキルです。そして、このような幅広い視点で看護を実践するために看護師と保健師の区別なく、公衆衛生学や疫学、地域看護論などの科目を学ぶ統合カリキュラムを組んでいることも本学の特色の1つです。人々の健康や生活の質の向上に興味のある人には、学びがいのあるカリキュラムです。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職