HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)政治経済学研究科専攻

研究科概要

市民の立場から発言し行動できる専門的人材の育成

本研究科では、政治学あるいは経済学の専門知識を修得し、そのことによって政治や経済の新たな理念を構築し、制度と政策を提示・実現するための活動能力を備えるとともに、市民社会の発展に寄与できるためのシティズンシップ・マインドを備えた人材を育成します。

政治経済研究所との連携による教育・研究

武蔵野大学政治経済研究所は、政治および経済に関する理論、実態、歴史を調査研究し、その学術文化の発展と人類の福祉に貢献することを目的としています。本研究科は、政治経済研究所と連携し、その知的財産を活用することで、最先端の研究内容や将来予測など質の高い教育と研究を組織的・体系的に行っています。

研究科DATA

取得できる学位

修士(政治経済学)


入学定員

10名

修業年限とキャンパス

1年2年

 

有明キャンパス

 

修了後の進路

国家公務員/国会職員/地方公務員/ジャーナリスト/民間シンクタンクや企業等で活躍できる高度専門職業人/大学院博士後期課程進学 など

TOPICS

奨学金(2022年度)・教育訓練給付制度

政治経済研究科に在学中で、経済的事由により援助が必要と認められた学生に対し、1人当たり年間20万円を支給する奨学金制度を設けています。
※2023年度の奨学金制度は、決定次第、ホームページでお知らせいたします。
2022年度現在、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。次年度以降の扱いについては、入学後にご案内します。

昼夜開講制

社会人の勤務形態を考慮し、働きながらでも無理なく研究を継続できるよう昼夜開講制を導入しています。

長期履修制度

本専攻では、長期履修制度を利用して、履修年限を4年に延長することができます。
詳細はこちら

カリキュラム

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

教員紹介

2023年度担当予定教員一覧(担当科目等は変更になる可能性があります)。
※職位、担当科目は2022年度時点の情報です。
: エントリーシートの「希望指導教員」欄に記入可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。
教員情報の詳細につきましては武蔵野大学 研究者情報をご覧ください。

名前

職位

 

担当科目

研究領域

石原 真三子
イシハラ マミコ

教授

□応用計量経済学特論
□事例研究
□修士論文演習

経済学(労働経済学、社会保障、計量経済学)

大阿久 博
オオアク ヒロシ

教授

□ゲーム理論特論
□事例研究
□修士論文演習 

理論経済学、ゲーム理論

齋藤 英里
サイトウ エイリ

教授

□経済史特論
□事例研究
□修士論文演習

経済史、経済思想

下條 慎一
シモジョウ シンイチ
教授□政治思想史特論
□事例研究
□修士論文演習
政治思想史

髙橋 正樹
タカハシ マサキ

教授

□地域研究特論
□事例研究
□修士論文演習

政治学、地域研究

Donna Weeks
ドナ ウィークス

教授

□日本政治特論
□事例研究
□修士論文演習
オーストラリア政治論、日豪関係、ジェンダー、国際関係論、日本政治論、政治学
馬場 哲
ババ サトシ
教授

□経済思想史特論
□事例研究
□修士論文演習
経済史、経済思想
平湯 直子
ヒラユ ナオコ
教授□計量経済学特論
□事例研究
環境経済学、計量経済学

小坂 賢太
コサカ ケンタ

准教授

□国際経済学特論
□事例研究

経済政策、貿易政策、イノベーション

後藤 新
ゴトウ アラタ
准教授□事例研究
□政治史特論
日本政治史
杉野 綾子
スギノ アヤコ
准教授□外交政策特論
□事例研究
□修士論文演習
アメリカ政治
田中 茉莉子
タナカ マリコ
准教授

□事例研究
□修士論文演習
マクロ経済学、金融、国際金融
中村 宏毅
ナカムラ ヒロキ
准教授 □比較政治学特論 
松岡 佑和
マツオカ ヒロカズ

准教授

□財政学特論
□事例研究

公共経済学

三村 憲弘
ミムラ ノリヒロ

准教授

□政治経済学総論
□事例研究

政治意識、投票行動

山﨑 新
ヤマザキ アラタ
講師 □現代政治学特論政治心理学
江頭 隆治
エトウ タカハル
客員教授 □ミクロ経済学特論
□公共経済学特論
□金融経済特論
応用経済学、経済政策
水戸 克典
ミト カツノリ
兼任講師 □公共政策特論行政学、政治学

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育