「会計言語」を駆使して、
組織を活かす理論と方法を学ぶ

会計とは「企業や組織の経営状態を数字で表し、確認するもの」であり、経済社会ではこの会計という統一ルールを企業の業績を客観的に判断する指標としています。会計学ではその手法を学びますが、本学が新しく開設する「会計ガバナンス学科」はそれだけではありません。会計知識はもちろんのこと、会計数値の背景を読み取る力、会計情報を経営に活用する手法を学び、組織をイチから見ることのできる目を養います。「会計ガバナンス学科」では、会計知識を武器に、企業や組織の経営戦略をたて、組織を活かし、組織を動かしていける、「会計のスペシャリスト」を育成します。

目指せる資格 公認会計士〈国家資格〉/税理士〈国家資格〉/日商簿記検定3級、2級、1級/地方公会計検定3級、2級、1級
進路イメージ 公認会計士の資格を活かせる大手監査法人/税理士の資格を活かせる税理士法人/自ら事業を起こす・事業を継承する(会計士事務所、税理士事務所)/上場企業の経理・財務部門/外資系企業の内部統制部門/銀行等の金融機関/NPO・NGO法人の経理・財務部門