会計ガバナンス学科の学び

会計学を主軸に、一般企業、公共団体、NPOなどさまざまな組織の会計と、それらの組織を活かすための理論を学び、会計のスペシャリストを目指します。公認会計士、税理士を目指す学生を強力にサポートする特別プログラムもあります。

基礎から学んで会計スペシャリストを目指せるカリキュラム

全員が公認会計士や税理士、上場企業の財務経理担当者など、会計スペシャリストを目指せる
カリキュラムを用意。簿記をはじめとする会計・財務の仕組みを基礎から学び、学年が上がるにつれて、財務会計、税務会計、監査論などの専門知識を段階的に学んでいきます。

会計インターンシップに参加して、理論を実務に結びつける

日本公認会計士協会、日本税理士会連合会などの協力のもと、会計現場でのインターンシップへの参加機会を用意します。監査法人では監査実務を、税理士法人では税務申告業務、企業の経理部門では会計実務の基礎を体験。
キャンパスで身につけた知識を実社会で役立てるための貴重な経験となります。

会計現場で必要とされる今日的課題を学び、即戦力を養う

会計基準の国際化、会計税務の法令の複雑化など、会計をとりまく課題は今後ますます増えていくといわれています。本学では会計を主軸とした多様な学問領域を用意。こうした社会的ニーズに即応できる人材を育成します。

目指せる資格 公認会計士〈国家資格〉/税理士〈国家資格〉/日商簿記検定3級、2級、1級/地方公会計検定3級、2級、1級
進路イメージ 公認会計士の資格を活かせる大手監査法人/税理士の資格を活かせる税理士法人/自ら事業を起こす・事業を継承する(会計士事務所、税理士事務所)/上場企業の経理・財務部門/外資系企業の内部統制部門/銀行等の金融機関/NPO・NGO法人の経理・財務部門