教員紹介

最新の会計に精通し、公認会計士・税理士受験指導経験が豊富な教員陣

鷹野 宏行 教授
(簿記論、非営利会計論)
慶應義塾大学大学院商学研究科後期
博士課程単位取得後退学
前 大原大学院大学
(会計専門職大学院)准教授

会計ガバナンス学科が目指すのは、一般企業はもとより自治体やNPOなど非営利組織に対しても第三者の視点で経営を評価できる人材の育成です。簿記の初心者でも段階を追って着実にステップアップできるカリキュラを組み、予備校と連携した育成プログラムで公認会計士や税理士の難関国家試験合格をしっかりサポート。今後は、一部の医療法人や協同組合などにも監査が入ることが決まっており、公認会計士の活躍の場は広がる一方です。税理士にも相続や国際税務など大きな金額を扱う仕事が待っています。女性にとっても魅力ある世界ですので、ぜひ業界をリードする存在を目指して一緒に頑張りましょう。


榮田 悟志 講師
(簿記論、財務会計論)
公認会計士・税理士/
前 LEC公認会計士講座専任講師
  • 鵜川 正樹 教授(公会計)
  • 船越 洋之 教授
    (工業簿記、原価計算論)
  • 星野 雄介 准教授(会計データ分析、コーポレート・ガバナンス論、CSR論)
  • 佐藤 正隆 助教(管理会計論)