HOME入試情報大学院 入試情報教授インタビュー

教授インタビュー

言語文化研究科 言語文化専攻 ビジネス日本語コース 堀井惠子教授

日本初、留学生(外国人)のためのコースです。

21世紀に入りグローバル化が進展するのに伴い、留学生が日本語によるビジネス・コミュニケーション能力を身につけ、日本企業や母国にある日系企業などで活躍することが求められるようになってきました。とくに近年は、アジア諸国と日本とのビジネスが活発化しており、それぞれの文化を理解したうえで仕事を進められる人材へのニーズが高まっています。「ビジネス日本語コース」は、そのための能力を育成することを目的に生まれました。

堀井惠子教授インタビュー

本当の意味でのビジネス日本語を確実に学べるカリキュラム。

留学生は大学の4年間でかなりの学識を得ますが、その後、希望する進路である日本と関係の深い国際ビジネスの場で十分に活躍するためには、実践的かつ高度な日本語コミュニケーション能力、日本のビジネス文化への理解力、異文化調整能力、そして、問題発見解決能力が必要です。本コースは、それらを養成する、理論と実践が一体となった教育システムで、聴講型ではなく、体験型の授業を中心としています。

体験型授業や企業などでのインターンシップを取り入れています。

視聴覚やITなどを使って学ぶほか、企業人にゲストとして授業に参加してもらったり、プロジェクト型授業などの最先端の教授法を取り入れています。BJT(ビジネス日本語能力テスト)も活用。また、民間企業や公的機関においてのインターンシップ(職場実習)を積極的に実施。現実のビジネスを体験することで、日本人の考え方や日本の組織の特性なども理解します。母国と日本、両方の言語と文化に通じ、日本と諸外国とのビジネス・コミュニケーションを豊かに広げたいと考えている留学生の方、本コースで共に学びましょう。

堀井惠子 教授

堀井惠子教授
研究領域 日本語教育学、日本語学、異文化間教育学
教育研究業績
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職