トップNews & Events

2020.03.20

< 言語聴覚士養成課程 > < 公開講座・シンポジウム > 

【開催延期】第5回武蔵野言語聴覚カンファレンス

開催見合わせのお知らせ

平素より、本学の言語聴覚士の養成にご理解・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、誠に残念ながら、今般のコロナウイルス感染拡大の情況に鑑み、3月20日に予定しておりました表題の会合の開催を見合わせることにいたしました。
当初は、大学の方針を遵守し、感染予防に十分配慮しつつ、開催する予定で準備をして参りましたが、先週末至って、政府から、3月2日より春休み中、全国の小中学校、高校等の一斉休校の要請が出されたことを受け、開催の方針を曲げざるを得ないと判断いたしました。
なお、1年前から構想・企画して参りましたプログラムを流してしまうことは大変忍びなく、できれば中止ではなく延期の方向で検討したいと考えておりますが、現時点では見通しを立てることもままなりません。
ご登壇をご快諾下さった諸先生方、またご来場をご予定下さっていた方々には心から御礼とお詫びを申し上げる次第です。
どうぞ、引き続きまして、武蔵野言語聴覚カンファレンスへのご支援・ご指導をお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様におかれましては、くれぐれもご健康にご留意なさってください。

令和2年3月2日
武蔵野大学 専攻科(言語聴覚士養成課程)
大学院言語聴覚コース    
専攻科長  小嶋 知幸       

大学院人間社会研究科人間学専攻言語聴覚コース・専攻科(言語聴覚士養成課程)では、下記の通り「第5回武蔵野言語聴覚カンファレンス」を開催いたします。
2015年度から開催している大学院生の研究報告と学術交流を目的としたアニュアルカンファレンスです。
今年は、特別企画として、講師に人間科学部の日野慧運講師をお招きしご講演頂きます。
皆様のご参加をお待ちしております。

第5回武蔵野言語聴覚カンファレンス
日時令和2年3月20日(金祝) 13:00~(受付12:30~)
会場 武蔵野キャンパス 6号館5階 6504教室
申し込み参加費500円
以下メールアドレスへご参加される方のご所属・お名前をご記入の上、お申し込み下さい。
speech@musashino-u.ac.jp
当日参加も歓迎しております。
主催武蔵野大学大学院 人間科学研究科 人間学専攻 言語聴覚コース
武蔵野大学 専攻科 (言語聴覚士養成課程)
備考終了後に懇親会を予定しています
※新型コロナウィルス感染の拡大状況によって開催を見合わせる場合には、メールでご通知のほか、大学ホームページにてご案内いたします。

プログラム概要

第1部 一般演題(13:05~14:45)

  1. 【研究計画】喚語の情報処理過程における2段階仮説の検証 
    ―言い誤りのデータから―
    山田 仁恵(武蔵野大学大学院人間社会研究科言語聴覚コースM1)       
  2. STに期待される摂食嚥下機能評価とは―看護師対象のアンケート結果から―
    佐藤 幸子(千葉県救急医療センター)
  3. 訪問言語聴覚療法利用者の基盤的認知能力と摂食状態との関連について
    福﨑 聖子(医療法人社団永生会訪問看護ステーションめだか)
  4. 精神疾患を持つ摂食嚥下障害患者への摂食嚥下チーム介入の効果
    戸祭 美生(平川病院)
  5. 食べやすさを選べるまちづくりに向けて
    ―「100歳まで楽しむフレンチ」活動報告―
    前田 順子(国家公務員共済組合連合会三宿病院)

第2部 特別企画「摂食嚥下と倫理」(15:00-16:30)

基調講演「仏教からみる食べること・生きること」
  日野 慧運(武蔵野大学人間科学部人間科学科・浄土真宗本願寺派正覚寺)

 指定発言「在宅リハビリテーションの立場から」
  山本 直史(吉野内科神経内科医院)
  山本  徹(医療法人社団永生会)

お問い合わせ

大学事務部 武蔵野学部事務室 言語聴覚事務担当
〒202-8585 東京都西東京市新町一丁目1番20号
TEL:042-468-3350
E-Mail:speech@musashino-u.ac.jp
事務取扱時間:8:45~17:00(月~金)

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究