世界は、幸せか。

誰もが命をおびやかされることなく、平和に過ごせる世界にできないだろうか。
誰ひとりとして、涙している人のいない世界にできないだろうか。
生きているものぜんぶが、よりよくつながる世界にできないだろうか。
自分が生きているこの時間を、そんな夢の実現のために私たちは使いたい。
さあ、もっと感覚を研ぎ澄ませ、世界で起きていることを能動的に感じとろう。
感じ取った課題を解決するには何をすべきか。
世界の幸せのために、固定観念を越えて、知恵を開こう。
一人ではできないことならば、価値観や言葉の境も越え、
異なる力を響き合わせ、幸せをカタチにするために挑もう。
1924年、関東大震災の翌年の東京。
深い悲しみ、苦しみのなかに、小さな光を灯すように、
国際的仏教学者、高楠順次郎博士によって設立され、歩み始めた武蔵野大学。
今、93年の時を経て、
9学部16学科9大学院研究科で約9,000人が学ぶ総合大学へと成長。
世界の70を超える大学と連携し、
グローバル時代のアクティブな知を育む体制へ発展。
2024年の100周年に向けて、
「世界の幸せをカタチにする。」というビジョンのもと、
さらなる高みを目指して、改革を続けていく。
生きとし生けるものすべての、22世紀への未来を描き、
一つひとつ実現していく責任が、今を生きる私たちにはある。
さまざまな課題を自分ごととして捉え、
世界の幸せをカタチにできる人を育てる。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職