武蔵野大学紀要

The Basis : 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要

巻号 タイトル 著者 ページ
Vol.9
2019
巻頭言~定年退職教員を送る~ 小川,桂一郎 5
[特別寄稿]退職記念
在職六年を振り返って 小山,一行 7-16
文献から見た大学図書館経営論 小西,和信 17-51
過ぎ去りし日々…Adieu! ―追想へのFragments― 久富,健 53-59
[論文]大学教育編
近年における学生アルバイト従事率急増の要因 岩田,弘三 61-75
読書習慣のない大学生の特性と傾向 浜島,幸司 77-88
高等教育におけるアクティブラーニングの取り組みと課題
―一般教育科目の英語の授業を事例として―
山本,友紀 89-104
[論文]人文・社会科学編
死の害についての「対称性議論」をめぐって ―因果概念に照らしつつ― 一ノ瀬,正樹 105-125
道徳の教科化をめぐる教育政策の歴史的検討 ―教育改革国民会議から教育再生会議まで― 貝塚,茂樹 127-144
教育二法案の国会審議過程(上) ―衆議院における審議と修正案の可決― 藤田,祐介 145-169
人口減少社会と大量生産大量消費モデルからの転換 ―『変態する世界』を用いての考察― 新津,尚子
田辺,直行
171-184
選択的夫婦別姓制度は何故実現しないのか ―「女性活躍推進」の陰で― 笹川,あゆみ 185-200
女性ファッション雑誌に見る「抜け感」の意味・用法について 具,軟和 201-212
〈宿命の女〉からの逸脱 ―ラフカディオ・ハーン『中国怪談集』を読む― 川澄 ,亜岐子 213-229
観念を〈画く〉こと ―夏目漱石『草枕』における絵画論― 斉,金英 231-243
Cloning Centering at Egoism 金子,裕介 245-260
ICT学習環境の異なる英語クラスにおけるシャドーイング導入による聴解力向上効果の比較 秋庭,はるみ
杉本,豊彦
261-268
[論文]自然科学編
ミャンマーの高等学校数学教科書の分析 ―関数の導入について― 田辺,直行
高岡,邦行
269-277
[研究ノート]大学教育編
リメディアルクラスにおける言語学知識を増やすための試み 間中,和歌江 279-286
[研究ノート]人文・社会科学編
高橋史朗氏に聞く
―臨時教育審議会:オーラル・ヒストリー―
藤田,祐介 287-311
Vol.8
2018
巻頭言~武蔵野大学への着任と「清風宝樹」の原曲再現~ 小川,桂一郎 5-6
[特別寄稿]退職記念
Remembering the Twenty Wonderful Years at Musashino University ケネス,田中 7-13
[論文]大学教育編
大学における中退の実態とその防止に向けた取り組み ―大学へのヒアリング調査をもとにした事例分析― 岩田,弘三 15-26
「部・サークル活動」と大学生文化 浜島,幸司 27-42
情報表現力1におけるアクティブ・ラーニングの実践と課題 斉藤,憲仁 43-56
教養教育における「文学」「アメリカ文学」の意義 原田,美穂 57-70
[論文]人文・社会科学編
「義務教育学校職員法案」をめぐる政治過程 ―教員の政治活動に関する国会論議を中心に― 藤田,祐介 71-90
「漏れバケツ理論」から見る地域経済
―長野県天龍村を事例に―
新津,尚子
福本,明花
明石,修
91-102
井上靖『しろばんば』と「ホモ・サケル」 ―「妾」・「あと継ぎ」・「土蔵」― 斉,金英 103-112
レオン・シャルパンティエ「日本文学におけるドン・ジュアン」(1906) ―二十世紀初頭のフランスにおける『源氏物語』受容の一資料― 森,真太郎 113-128
『東北地方の外国人住民のための「くらしの方言集」』作成に向けた語彙・文法事項の使用実態調査 斎藤,敬太 129-139
[論文]自然科学編
文系視点で見た相対性理論 金子,裕介 141-162
[研究ノート]大学教育編
英語教材としての児童小説に関する一分析 黒崎,紫乃 163-174
[研究ノート]人文・社会科学編
2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた「ダイバーシティ」と「レガシー」の意味と価値 上村,智士郎 175-188
[近刊著書紹介]
貝塚茂樹著 『天野貞祐 ―道理を信じ、道理に生きる―』 貝塚,茂樹 189-191
Vol.7
2017
[特集]英語教育の現在
特集:英語教育の現在 日野,慧運 5
専門英語教育におけるICTの活用 ―自律的学習者の育成を目指して― 櫻井,千佳子 7-21
ライティング・センターのチューターの成長に関する一考察 中竹,真依子 23-38
初年次英語教育で行う協同学習の役割 間中,和歌江 39-45
What Texts Appropriate for Japanese EFL Learners? 谷口,ラケル 47-61
[論文]大学教育編
課程別にみた大学院生のパートタイム職労働の状況 岩田,弘三 63-78
大学生の学業比重の分化に関する考察 ―2013年14大学調査データの再分析― 浜島,幸司 79-92
学生のSNS利用頻度とアカデミック・スキルの習熟度の関連 黒河内,利臣 93-104
情報表現力1科目における取り組みと成果 寺田,倫子 105-115
情報表現力2(メディアムービー)科目の変遷と現状 石川,恵理子 117-133
[論文]人文・社会科学編
軍功の認定に関する若干の考察 漆原,徹 135-147
スピリチュアルケア定義の要件とその方法論の検討 小西,達也 149-162
「世界像」の命題について ―自己知との関連で― 石田,恵理 163-169
文系視点で見た量子力学 金子,裕介 171-193
エシカル消費と経済志向性との関連性 ―経済成長の必要性に「わからない」という態度をとる人びと― 新津,尚子
田辺,直行
195-210
EUの水銀政策の歴史的経緯 横山,隆壽 211-225
日本語の「ください」と韓国語の「주세요(juseyo)」についての一考察 ―補助動詞としての意味用法を中心に― 具,軟和 227-238
[近刊著書紹介]
中島平三編 『ことばのおもしろ事典』 櫻井,千佳子 239-240
Vol.6
2016
巻頭言
~大学知における“アクティブラーニング”の確立に向かって~
久富,健 5
[特別寄稿]
退職記念:サンディエゴ留学雑感 味村,一樹 7-13
帰国報告:日英大学事情管見 大谷,弘 15-19
[報告]武蔵野大学シンポジウム「大学知におけるアクティブラーニング」
大人数授業におけるアクティブラーニングの試み 積田,淳史 21-38
[論文]大学教育編
専門学校学生の学校生活における経済状況 岩田,弘三 39-63
英語教育における学習ポートフォリオの活用 ―自律的学習者の育成に向けて― 中竹,真依子
櫻井,千佳子
65-76
「自己の探求」プログラムの効果検証 ―「ジェネリック・スキル」の評価ツールを用いて― 中込,啓一
中村,剛
77-92
大学生の学修・生活実態調査に関する考察 積田,淳史
渡部,博志
宍戸,拓人
93-107
子ども期の家族との経験が高校生活・大学生活に与える影響 ―大学生アンケート調査分析から― 浜島,幸司 109-121
大学初年次のコンピュータ基礎科目におけるアカデミック・スキルの習熟度 黒河内,利臣 123-139
学校英語教育で育成する英語力の諸相 ―国民全員に意義のある英語教育とは― 髙橋,比路史 141-153
[論文]人文・社会科学編
プロティノスの時間概念とベルクソンに見るその継承について 小林,博和 155-165
「理解」することと「記述」すること ―エスノメソドロジーの視点から― 佐々木,啓 167-183
地域通貨へのビットコイン技術適用の可能性 田辺,直行
新津,尚子
185-197
不正に対する復讐 東郷,裕 199-207
[近刊著書紹介]
佐藤佳弘著 『インターネットと人権侵害』 佐藤,佳弘 209-211
Vol.5
2015
[特集]産学連携ゼミ
「産官学連携ゼミ」とは 洞口,光由 5-8
産官学連携プログラム ―「ホスピタリティ産業ゼミ」及び「最先端ホスピタリティマインド」リポート― 角田,陽子 9-17
産官学連携ゼミ事例報告
―地方自治体への長期インターンシップ―
小西,和信 19-32
産学連携ゼミ・スポーツマネジメントの紹介 ―2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えて― 上村,智士郎 33-45
[論文]大学教育編
The Role and Results of Motivating Students to Autonomous Learning in "Environmental English Courses" 櫻井,千佳子
岡野,恵
47-63
「大学の学校化」と大学生の「生徒化」 岩田,弘三 65-87
武蔵野大学における初年次教育「武蔵野BASIS」の効果 ―自己の探求プログラムの効果検証― 中村,剛
熊谷,太郎
89-100
「生徒化」した学生の授業への期待 黒河内,利臣 101-117
大学生の趣味とキャンパスライフ ―オタク趣味に関する女子学生へのインタビュー調査から― 山口,晶子 119-135
既存コミュニティから考える学習成果物への意味づけの多様性
―学習者による教師の指示以外のICT利用行動を調査して―
藤浦,五月
宇野,聖子
137-159
[論文]人文・社会科学編
Chaplaincy and the Provisions of Spiritual Care 小西,達也 161-169
近現代教育史のなかの教育勅語 ―研究成果の検討と課題― 貝塚,茂樹 171-187
プロティノスのエネアデスⅡ-9グノーシス駁論にみられるサーンキヤ学派の徴候について 小林,博和 189-201
カントと自己の諸相 ―「誤同定をつうじた誤りへの免疫」から自己の捉え方へ― 和田,慈 203-212
物理的・社会的制約から考える再生可能エネルギー活用の可能性 田辺,直行
新津,尚子
213-229
IT利用と地域活動に関する一考察 沼田,秀穂
池田,佳代
231-244
「物の心」の史的考察 ―本居宣長の「物のあはれ」(その1) 水野,雄司 245-259
[近刊著書紹介]
トム・ガリー、佐藤洋一、中竹真依子、佐竹幸信、エイミー・ミルズ編著 『Changing Roles of Foreign Language Teaching/Learning in the Context Globalization in Japan ―グローバル化時代の外国語教育学研究―』 中竹,真依子 261-262
大島勇人・浜島幸司・清野雄多著 『学生支援に求められる条件 ―学生支援GPの実践と新しい学びのかたち―』 浜島,幸司 263-264
Vol.4
2014
巻頭言 ~さらなる“リベラル・アーツ”の確立に向かって~ 久富,健 5
[特集]仏教と仏教教育
仏教教育における非俗性の回復 山崎,龍明 7-15
来し方を振り返りつつ仏教の未来を考える 高橋,審也 17-28
[論考]大学教育編
英語に関する大学生の意識調査と英語コミュニケーション能力育成についての一考察 古家,聡
櫻井,千佳子
29-50
日本における1994年以降の大学院生の学生生活費支出・収入の動向 ―『生協大学院生調査』データを中心に― 岩田,弘三 51-74
セルフ・ディベロップメント教育におけるマップ技法の適用 ―概念伝達におけるマップの意義― 小林,博和 75-85
大学教育における文章作成指導の問題点 黒河内,利臣 87-98
大学生の大学滞在時間 ―4時点(1996年・2001年・2006年・2011年)の比較から― 浜島,幸司 99-113
[論考]人文・社会科学編
外資系高級ブランドホテルがもたらす‘日系ホテル経営戦略の破壊’ 洞口,光由 115-132
「『一』→『多』」的人間観・世界観に基づいたスピリチュアルケア序論 ―井筒哲学に依拠して― 小西,達也 133-153
19世紀ドイツ第二帝政期における女子中等教育制度改革(2) ―改革運動後期(1880~1902年)― 佐藤,公 155-170
若者文化研究が描く生徒たちの実相 山口,晶子 171-183
科学コミュニケーションの場としての公共図書館 田辺,直行
新津,尚子
185-195
ソーシャルメディアを活用した社会設計の考察 沼田,秀穂
池田,佳代
197-210
夏目漱石『彼岸過迄』の三角形的欲望について ―語られたものと語られなかったもの― 斉,金英 211-222
直霊から直毘霊へ ―本居宣長における思想変化― 水野,雄司 223-236
[近刊著書紹介]
小松美彦 『生権力の歴史 ―脳死・尊厳死・人間の尊厳をめぐって』
小松美彦 『生を肯定する ―いのちの弁別にあらがうために』
小松,美彦 237-238
R・G・グラント編、竹村厚士日本語版監修、藤井留美訳
『世界の戦い歴史百科 歴史を変えた1001の戦い』
竹村,厚士 239-240
下條慎一 『J.S.ミルの市民論』 笹川,あゆみ 241-244
Vol.3
2013
[特集]教養教育の現状と未来
日本の大学における英語教育の役割:教養教育の観点から 古家,聡
櫻井,千佳子
5-19
学生生活評価を取り込んだ武蔵野大学全学基礎教育課程の授業評価に関する分析 岩田,弘三
北條,英勝
21-41
授業評価に示された共通教養科目についての有用感 黒河内,利臣 43-65
日本語作文授業における協働的ライティング活動の実践 綱島,珠美 67-77
基礎セルフディベロップメント「地球学の今後」―アンケートに基づく一考察― 味村,一樹 79-84
[論考]大学教育編
戦後日本の大学における女子学生に対するキャリア支援の歴史的展開 谷田川,ルミ 85-102
不安定化する世界における地球温暖化と化石資源枯渇問題を中心とした基礎地球学教育について 小林,博和 103-113
2011/12 オーストリアのアルペンスキー指導法 Ⅰ 塚脇,誠 115-129
[論考]人文・社会科学編
身体意識についての研究 北岡,和彦 131-141
戦後における天野貞祐の女性論と「教養」 貝塚,茂樹 143-154
緒方家の中世文書 漆原,徹 155-171
養鸕徹定の古経蒐集と松尾杜一切経 生駒,哲郎 173-178
像としての常識 ―『確実性の問題』と世界像― 大谷,弘 179-190
生命倫理教育における「臨死体験」の位置づけ 小松,美奈子 191-204
『無垢と経験の歌』プレート43を読む ―ブレイクの龍の系譜(葡萄篇)― 岡崎,真美 205-220
何故人々は水を買うのか ―水をめぐる社会的状況 新津,尚子
田辺,直行
下村,育世
221-246
男性ファッション雑誌の「お洒落」表現 ―日・韓雑誌を比較する― 具,軟和 247-258
[近刊著書紹介]
青木裕子 『アダム・ファーガスンの国家と市民社会 ―共和主義・愛国心・保守主義』 青木,裕子 259-260
貝塚茂樹 『道徳教育の取扱説明書:教科化の必要性を考える』 佐藤,公 261-262
Vol.2
2012
[特別寄稿]
高楠順次郎とタゴール ―仏教哲学者が「詩聖」に見たもの 小川原,正道 5-11
[特集]授業評価
武蔵野大学全学基礎教育課程に関する授業評価についての分析 岩田,弘三
北條,英勝
黒河内,利臣
13-71
授業評価アンケートに関する社会学的批判 北條,英勝 73-88
[論考]大学教育編
英語教育における「実行動機づけ」の役割と成果 櫻井,千佳子
岡野,恵
竹内,幸子
戸谷,比呂美
89-99
[論考]人文・社会科学編
What does East Asia Learn from 1984? 村石,恵照 101-107
ある宗教学者の生と死 ―岸本英夫の場合 小松,奈美子 109-122
『夷夏論』論争について 遠藤,祐介 123-139
立原道造 詩の構築法についての一考察 名木橋,忠大 141-151
M. ユルスナール 我を失うものは救われん 森,真太郎 153-164
パトリック・モディアノ、地平に開かれたエクリチュール 小谷,奈津子 165-178
[近刊著書紹介]
岩田弘三 『近代日本の大学教授職 ―アカデミック・プロフェッションのキャリア形成』 高村,寿一 179-180
稲垣恭子[編] 『教育文化を学ぶ人のために』 岩田,弘三 181-182
春日清孝・楠木秀樹・牧野修也編著 『〈社会のセキュリティ〉は何を守るのか ―消失する社会/個人』 北條,英勝 183-184
Vol.1
2011
創刊の辞 寺崎,修 4
巻頭あいさつ 説明責任としての教養教育 佐藤,佳弘 5
[特別寄稿]
グローバル化時代における世界の高等教育政策の共通点と質の保証の動向 山田,礼子 7-17
教育する大学の20年とこれからの展望 矢内,秋生 19-30
全学基礎教育課程:《武蔵野BASIS》の生成に至るまで ―“教養教育”の新たなる構築と展開― 久富,健 31-50
[論考]大学教育編
生活時間を付加したデータからみた学生アルバイトの居住形態別状況と奨学金の効果 岩田,弘三 51-66
環境英語科目の事例:英語教育と専門教育の協働を目指して 櫻井,千佳子
岡野,恵
67-83
学生キャリア開発効果を意識した学士課程・学生参加型授業の事例報告 伊東,幸子 85-98
大学教育の成果を測定する卒業論文の評価基準 ―卒業論文の意義の歴史的検証― 黒河内,利臣 99-107
[論考]人文・社会科学編
死刑論をめぐる提言・存置論と廃止論の二項対立を超えて ―仏教縁起論の視点を導入して 村石,恵照 109-117
『哲学探究』の真理論 大谷,弘 119-133
日本的コミュニケーション・スタイルに関する一考察 古家,聡 135-148
「環境」関連用語の変化にみる環境問題の再構成 ―朝日新聞記事の内容分析から 新津,尚子 149-158
三人称という実践 ―文学的な言表行為をめざして 助川,晃自 159-173
立原道造 本歌取りの試行 ―近代本歌取り論の中で― 名木橋,忠大 175-188
[近刊著書紹介]
ケネス・タナカ 『アメリカ仏教 ―仏教も変わる、アメリカも変わる』 ケネス・タナカ 189
小松奈美子 『いのちの扉 ―生と死と医療』 小松,美奈子 190-191
竹内郁郎・宇都宮京子編著 『呪術意識と現代社会:東京都二十三区民調査の社会学的分析』 北條,英勝 192-193