武蔵野大学紀要

武蔵野女子大学仏教文化研究所紀要

※( )付は横書きページ

巻号 タイトル 著者 ページ
19号
2003
巻頭言 変貌する仏教研究 末木,文美士  
『法然親鸞思想論』の問題点 松本,史朗 1-22
唯識観をめぐる現代的課題 村石,恵照 23-44
近代仏教学における梵語と漢訳の認識について ―小栗栖香頂宛て南条文雄の書簡― 陳,継東 45-65
時衆史新知見六題 小野澤,眞 67-90
禅における心の探求 青木,清彦 91-103
近代真宗教団における教学状況 ―日露・第二次大戦下の教団教学― 山崎,龍明 105-143
香と仏教Ⅱ ―大谷光瑞『閑餘随録』・「香」を読む― 志茂田,典子 (1)-(20)
北インドの中世初期における国家体制 ―Harṣacaritaの分析を中心にして― 三山,岳 (21)-(51)
18号
2002
親鸞における他力回向論の基底原理 ―『論註』般若方便思想と親鸞の教学的視座― 山崎,龍明 1-60
浄土教の批判原理考察 本多,靜芳 61-85
香と仏教 ―宗教空間における香― 志茂田,典子 (1)-(18)
17号
2000
日本仏教と人権概念 田ノ倉,亮爾 1-41
善光寺式一光三尊仏の起源 常磐井,慈裕 (1)-(19)
『安楽集』における「三昧」の受容 藤丸,智雄 (21)-(44)
一音説法の展開 石上,和敬 (45)-(61)
16号
1999
日本の経済的近代化と宗教倫理
―「近江商人論」論争をめぐって―
田ノ倉,亮爾 1-27
癒しと念仏 ―上田紀行氏所説の浄土教的理解― 本多,靜芳 29-40
15号
1997
真宗教団黎明期の教学状況 ~存覚~ 本多,靜芳 1-22
人権の教学の形成を目指して 田ノ倉,亮爾 23-51
史上の真仏 常磐井,慈裕 53-68
14号
1996
蓮如論考 山崎,龍明 1-41
人権理念と信仰 ―真俗二諦のパラダイムの彼方へ― 田ノ倉,亮爾 43-75
真宗教団黎明期の教学状況 ~覚如~ 本多,靜芳 77-103
浄土教の「信のプロセス」とその文明的意義 ―「信心と実践」論の究極のパラダイム― 北條,文弥 105-126
13号
1995
「人権」概念と宗教的信仰 ―十七世紀ピューリタニズムにおける人権概念の発生について― 田ノ倉,亮爾 1-28
親鸞における加害性の克服と利他 田中,教照 29-48
柘植信秀『新時代の親鸞教』覚え書 山崎,龍明 49-77
『脳死・臓器移植』と仏教の倫理 ~論者の説を通して~ 本多,靜芳 79-105
12号
1994
「人権」概念と宗教的信仰 田ノ倉,亮爾 1-25
南條文雄と真宗高田派 常磐井,慈裕 27-42
浄土真宗の本尊 遠山,博文 43-62
選択本願の意味するもの ―『摧邪輪』の批判を通して― 鈴木,善鳳 63-86
「真宗と政治」を考える基本的前提 ―「信の社会性」を責任ある議論とするために― 北條,文弥 87-140
11号
1993
神話と歴史 ―ブルトマンとエリアーデの比較― 田ノ倉,亮爾 1-20
親鸞の大無量寿経「五悪段」観について ―俗性の超克― 山崎,龍明 21-41
親鸞の神祇観(三) ―鬼(神)について仏陀観の変遷から学ぶ― 本多,靜芳 43-60
専修寺二十二世法主堯猷と高楠順次郎の交遊関係について 常磐井,慈裕 61-84
宗教協力による世界平和 北條,文弥 85-114
『摧邪輪』における「念仏三昧」について 鈴木,善鳳 115-131
10号
1992
念仏者の僧伽 ―浄土教の理念と倫理― 本多,靜芳 1-13
浄土真宗の本尊 遠山,博文 15-40
知の三つの様式 ―仏教とトランスパーソナルの接点(2) 羽矢,辰夫 41-64
宗教者・教団と政治参加 ―現実即応の実践教学の為のアウトライン― 北條,文弥 65-98
謡曲と女人往生 青木,清彦 99-111
9号
1991
浄土真宗の現代的難点 ―(2) 衆生論について 田中,教照 1-19
宗教と女性 田ノ倉,亮爾 21-46
儀軌解釈と行為論との連関構造の解明(2) 丸井,浩 47-60
真俗二諦管見(その二) ―真俗二諦と清沢満之の「宗教的道徳(俗諦)と普遍道徳との交渉」― 本多,靜芳 61-71
行基仏教の再考察 常磐井,慈裕 73-85
翻刻「六道物語」下 青木,清彦 87-113
日本人の三大エートス
―日本文明を内的に造形してきたもの―
酒生,文弥 115-135
8号
1990
「ほとけ」という語について 田ノ倉,亮爾 1-23
儀軌解釈と行為論との連関構造の解明(1) 丸井,浩 25-39
無記と無常 羽矢,辰夫 41-56
翻刻「六道物語」上 青木,清彦 57-87
親鸞聖人と世俗の概念の問題をめぐって 本多,靜芳 89-101
7号
1989
浄土真宗の現代的難点 ―(1) 阿弥陀仏について 田中,教照 1-11
「日本挽歌」序文にみられる仏教語について 小泉,春明 13-30
インド論理学派の解脱観について 丸井,浩 31-46
親鸞の信心(二) ―神祇護念の本質的意味― 山崎,龍明 47-61
カミから神へ ―古代日本における神祇信仰の形成過程― 田ノ倉,亮爾 63-82
仏教に説かれる利益 ―親鸞の現世利益に至る周辺― 本多,靜芳 83-100
「一遍の他力難思の密意」 ―一遍聖絵を中心として― 青木,清彦 101-112
6号
1988
『教行信証』における『涅槃経』の重要性 田中,教照 1-17
諸行の寂滅について 高橋,審也 19-30
親鸞の信心について(一) ―神祇不拝の周辺― 山崎,龍明 31-41
浄土教における善悪 ―社会倫理との関わり― 本多,靜芳 43-66
比較思想方法論について 田ノ倉,亮爾 67-89
鈴木正三の「二人比丘尼」考 青木,清彦 91-109
5号
1987
学祖 高楠順次郎博士のことば ― 一如性ということ―    
道綽から親鸞へ 早島,鏡正 1-18
デイルタイの精神史について ―思想史学の方法論的原点を探る一試論― 田ノ倉,亮爾 19-39
十住毘婆沙論にみられる大乗菩薩道 本多,靜芳 41-58
東嶺「洞上五位偏正口訣」私解 青木,清彦 59-69
4号
1986
浄土真宗と妙好人 雲藤,義道 1-9
密教と現代 花山,勝友 11-22
諸仏の出世本懐と正法住 早島,鏡正 23-39
親鸞の業思想 田中,教照 41-55
真宗者の視点 山崎,龍明 57-70
nuclear deterrenceと浄土真宗(二) 石上,智康 71-85
一遍の名号と公案 青木,清彦 87-99
3号
1985
『親鸞における往・還の二廻向』 雲藤,義道 1-12
聖徳太子と現代 花山,勝友 13-24
現代仏教聖典論考 早島,鏡正 25-49
親鸞思想における増上縁の語義について 田中,教照 51-67
『教行信証』における逆謗摂取の意義 五十嵐,明宝 69-82
親鸞の女性観 山崎,龍明 83-94
nuclear deterrenceと浄土真宗 石上,智康 95-113
2号
1984
仏教における文化原理 雲藤,義道 1-12
仏教における女人成仏の思想 ―浄土真宗の立場から― 花山,勝友 13-24
本願一乗海における往還二廻向の発揮とその意義 五十嵐,明宝 25-41
浄土真宗の教義の倫理的側面 田中,教照 43-55
親鸞の現世利益観 早島,鏡正 57-74
カトリックにおける核と平和 石上,智康 75-102
1号
1983
真宗における真俗二諦論について ―仏教における文化原理の一側面として― 雲藤,義道 1-14
仏教における伝統的儀礼と近代化 ―真宗教義の立場から― 花山,勝友 15-27
本願一乗海における主体的自由と平和への理念 五十嵐,明宝 29-42
近代日本における真宗教団の動向(一) 山崎,龍明 43-63
「問対略記」に見る浄土真宗の問題 田中,教照 65-78
「雪頂・高楠順次郎の研究」補遺(その二) 石上,智康 79-87

継続後誌:武蔵野大学仏教文化研究所紀要 20号~