トップNews & Events

2016.07.11

コンケン大学(タイ)と協定書を締結しました

7月8日、武蔵野大学薬学部は、コンケン大学薬学部(タイ)と「学術交流協定書」を締結しました。

コンケン大学は、1964年にタイ東北部で最初に設立された国立大学で、学生数2万4千人にも及ぶ北部タイ随一の水準を誇る総合大学です。

武蔵野大学においては初の薬学部間の学術交流協定となり、本学薬学部において、2015年度にコンケン大学博士後期課程の院生2名を研究指導のため受入れた実績もあり、この協定を機にさらなる学術交流の加速が期待されます。

これにより、本学の協定校は、17カ国54校となりました。タイでは初めての協定校となります。

160711_01コンケン大学と協定書

Paiboon薬学部長(コンケン大学)と榎本薬学部長(武蔵野大学)

160711_02コンケン大学と協定書

全員で記念撮影

関連リンク
コンケン大学(タイ)

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職