トップNews & Events

2017.08.03

第二回 日本文化体験ワークショップが開催されました

 
 
7月12日~7月26日の、毎週水曜日に日本文化体験ワークショップが開催されました。
日本文化体験ワークショップは、日本語コミュニケーション学科の2年生が班に分かれ、MJSP(Musashino Japan Summer Program)の外国人参加者に、日本の文化を紹介、体験してもらうプレゼミの活動の一環です。
7月19日(水)はMG記者クラブ 片山が取材を行いました。
学生目線からのワークショップの内容を紹介します。
この日は「原宿体験」、「福笑い、とんとん紙相撲」、「日本クイズ」が実施されました。
ピックアップ!:原宿を体験する3コーナー
◆メイク・ファッション◆ショップ◆フード

原宿の世界へ

原宿の世界へ
教室のドアの原宿の文字にびっくり。

武蔵野大学へようこそ

武蔵野大学へようこそ
このドアを開けると、原宿の世界が広がっていました。意を決して、有明キャンパスに出現した原宿の世界に飛び込みました。
会場に入ると日本語コミュニケーション学科の学生がお出迎えしてくれました。
◆メイクコーナー
メイクコーナーに行ってみると、原宿メイクを体験中。
メイク終了後「かわいい」の声が、あちこちから聞こえてきました。

メイク体験中

メイク体験中

つけまつける

「つけまつげ」にも挑戦

◆ファッションコーナー
ファッションコーナーでは、自分なりのコーディネートを作成。
パジャマみたいな服装、上下迷彩柄のパンチのきいた個性的なコーディネートを作って楽しんでいました。

ファッションコーディネートしたよ

ファッションコーディネートしました

どの服にしようかな?

どの服にしようかな?

その他にも、紙相撲、日本クイズと参加者が楽しめるワークショップが開催されました。

紙相撲どっちが強いかな

紙相撲どっちが強いかな

どのワークショップも企画側、参加者どちらも楽しくワークショップをしており、近代的な日本文化と古典的な日本文化どちらもが体験できる充実の1時間でした。
(MG記者クラブ 法学部政治学科3年 片山実紀)

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職