トップNews & Events

2017.10.12

人間科学部人間科学科 城月健太郎准教授が共同研究の論文を、学会誌BioPsychoSocial Medicineにて発表しました。

城月健太郎准教授が、学会誌BioPsychoSocial Medicineにて、帝京大学 中尾睦宏教授、サントリーグローバルイノベーションセンター(株)、(株)SAITECと共同研究を行い、その成果を論文にて2本公表しました。
 
これらの論文では、Webベースでの認知行動療法プログラムと、抗疲労効果のある成分を含んだ飲料の摂取を行うことで、就労者の不安や疲労が軽減することを明らかにしています。職場におけるストレスは社会的な問題となっていることから、研究成果を実践的に応用していくことが期待されます。
<関連リンク>

The effect for Japanese workers of a self-help computerized cognitive behaviour therapy program with a supplement soft drink
 
Brief internet-based cognitive behavior therapy program with a supplement drink improved anxiety and somatic symptoms in Japanese workers
 
 

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職