トップNews & Events

2017.11.15

東京都不動産鑑定士協会と法学研究科寄付講座の調印式を行いました

11月13日(月)、有明キャンパスにおいて本学と公益社団法人東京都不動産鑑定士協会(東京都港区、吉村 真行 会長)との間で寄付講座の協定書調印式を執り行いました。これは、平成28年4月から開講されている法学部への寄付講座「不動産評価論(東京都不動産鑑定士協会寄付講座)」に続き、平成30年4月に開設する大学院法学研究科にも寄付講座「不動産評価論特講(東京都不動産鑑定士協会寄付講座)」を設置するものです。
 
当日は、東京都不動産鑑定士協会から吉村会長のほか、現在法学部への寄付講座を担当中の杉浦綾子副会長、齊木正人副会長にも出席いただき、西本学長と面談後、調印式に臨まれました。平成30年度からは杉浦綾子副会長が法学研究科授業科目「不動産評価論特講(東京都不動産鑑定士協会寄付講座)」を、齊木正人副会長が法学部授業科目「不動産評価論(東京都不動産鑑定士協会寄付講座)」を担当する布陣となります。
 
不動産鑑定士は毎年100名程度しか合格者を出さない“難関”と言われる国家資格の一つですが、池田眞朗副学長(法学部長)は、「東京都不動産鑑定士協会の厚いご支援に感謝するとともに、本学からも協会業務に協力するなどの連携体制の強化を考え、将来は是非本学から不動産鑑定士を誕生させたい」と述べています。
 
法学研究科ビジネス法務専攻の授業科目「不動産評価論特講(東京都不動産鑑定士協会寄付講座)」は、不動産の調査及び評価の基礎的知識の習得を目指した上で、不動産評価を必要とする法律問題や金融、会計等の様々な場面におけるコンサルティング例に触れる講義で、平成30年度から開講します。

調印式の様子

調印式の様子

吉村 真行会長と池田 眞朗副学長

左:公益社団法人 東京都不動産鑑定士協会 吉村 真行会長
右:池田 眞朗副学長(法学部長)

寄付講座調印式 記念撮影

前:(左から)吉村 真行会長、池田 眞朗副学長(法学部長)
後:吉野 雅行事務局長、齊木 正人副会長、杉浦 綾子副会長、竹ノ内 一幸法律学科長、鈴木 清貴准教授、落合 恒大学事務部長
<関連リンク>

武蔵野大学大学院法学研究科
https://www.musashino-u.ac.jp/academics/graduate_school/course/law/

公益社団法人 東京都不動産鑑定士協会
http://www.tokyo-kanteishi.or.jp/jp/

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職