トップNews & Events

2018.02.28

2020年東京大会に向けた「ホストタウンサミット」Host Town Summit toward Tokyo 2020 Gamesが開催されました

2018年2月25日(日)に、内閣官房 東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局主催の「ホストタウンサミット」が、武蔵野大学 有明キャンパスにて開催されました。
 
各地方自治体、大使館、関係省庁、各法人、企業から、およそ550名が参加する大規模なイベントのなか、本学からも学生31名がボランティアとして運営に携わりました。
 内閣官房が推進する「ホストタウン構想」に対する各自治体等の取り組み状況の発表や、各テーマに沿った分科会、パネルディスカッションなどが行われるなか、学生たちは語学力を活かして、参加者への案内や誘導などのボランティア活動に従事しました。
 
当日は東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣の鈴木 俊一 衆議院議員もプログラムに参加され、本学の池田眞朗副学長へご挨拶をいただき、固い握手をされ、今後の協力について話されました。

各自治体による「ホストタウン」への取り組み事例の発表

各自治体による「ホストタウン」への取り組み事例の発表

「ホストタウンサミット」後の交流会の様子

「ホストタウンサミット」後の交流会の様子

固い握手を交わす鈴木大臣と池田副学長

固い握手を交わす鈴木大臣と池田副学長

関連リンク

内閣官房 東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/
 
ホストタウンの推進について(内閣府 政策会議)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/hosttown_suisin/

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職