トップNews & Events

2018.03.13

平成29年度学外学修(フィールド・スタディーズ)シンポジウムを開催しました

3月6日(火)に有明キャンパスにて、学外学修シンポジウム「始まりとしての学外学修~体験をカタチにする知性と主体性を求めて~」を開催しました。
 
本イベントは、平成27年度に文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP・テーマⅣ)」に採択された長期学外学修プログラムの中間成果報告として開催されました。
当日は、本取り組みに関するスタンスの説明、実践事例の成果報告や、平成30年度以降の長期学外学修プログラムの質の向上をめざし、パネルディスカッションを通じて学内外からの見識、経験を踏まえた活発な意見交換が行われるなど、課題点整理の機会となりました。

また、文部科学省高等教育局大学振興課や、大阪大学、新潟大学、名桜大学、山梨県西桂町役場など、学外からも多数ご登壇頂き、参加者数は遠く鹿児島からもお越しいただくなど、120名を超える盛況のうちに幕を閉じました。

パネルディスカッション

パネルディスカッションの様子

学生による実践報告

学生たちによる実践報告

川嶋氏による基調講演

川嶋 太津夫 教授(大阪大学 高等教育・入試研究開発センター長)による基調講演

渡辺裕一教授による実践報告

渡辺 裕一 教授(本学人間科学部 社会福祉学科)による実践報告

関連リンク

フィールド・スタディーズ(長期学外学修)
https://www.musashino-u.ac.jp/academics/basic/career_education.html

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職