トップNews & Events

2018.12.12

西東京市の市民グループ「ひばり日和。」のイベント「ピコメル」で、本学工学部建築デザイン学科の学生が会場のデザインとワークショップを開催

西東京市の市民有志「ひばり日和。」による公園イベント「ピコメル - 小さな公園で、すごす時間。 -」が、11月18日(日)に開催されました。
昨年の11月26日、今年6月8日に行われた野菜市や野菜をテーマにしたコンクールに続く第3回目の開催。
公園指定管理者・行政と連携して、小さな公園の新たな活用方法を、市民が考え行動に移す社会実験として行われました。

工学部建築デザイン学科の伊藤研究室では、これまでにもこの活動のサポートを行っており、今回、研究室の学生は、地図や写真から町の歴史を辿る展示、こどもたちが遊べる巨大双六を用いた会場のデザインと、公園の素材採集を行うワークショップの企画・運営に取り組みました。
その他、市内の農家・みそカフェ・食品食材店なども出店し、世代を超えた多くの地域住民の方々にご来場いただき、公園の新たな活用方法やまちづくりを地域で考える絶好の機会となりました。

181118photo

イベント当日の様子
ピコメルポスター

「ピコメル - 小さな公園で、すごす時間。 -」
会場住吉第四公園(西東京市住吉町1丁目15)
日時 11月18日(日)10:00~14:00
主催市民グループ「ひばり日和。」
共催西東京の公園・西武パートナーズ
協力武蔵野大学伊藤研究室/西東京市みどり環境部みどり公園課

 

「ひばり日和。」について

小さな公園を活用してまちづくりをめざす、西東京市民によるグループです。西東京市が開催した公園活用のための市民ワークショップをきっかけに、「食」を通じて公園を盛り上げようと集まったメンバーで構成しています。「普段は東京都内や市内で働く社会人ですが、住んでいて良かった、これからも住み続けたいと思う街をめざして、熱い想いで余暇を使って活動をしています。」という彼らの活動は、次の3つを掲げています。
 (1)地域食材の発見と情報提供
 (2)小さな公園での交流の場づくり
 (3)小さな公園の活用者拡大
イベントの開催に併せて、会場とする小さな公園で地域の方と清掃や遊具のペンキ塗りを行っています。

<関連リンク>

「ひばり日和。」facebook ページ
https://www.facebook.com/hibabiyo/

西東京市 みどり環境部 みどり公園課
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/sosiki/kankyou/kouen.html

[2018.06.15]【MusashinoTIMES】
西東京市の市民プロジェクト「ひばり日和。」のイベント会場を、本学工学部建築デザイン学科の学生がデザインしました
https://www.musashino-u.ac.jp/news/20180615-03.html

[2017.12.04]【MusashinoTIMES】
西東京市の市民プロジェクト「ひばり日和。」主催の野菜市に本学学生が参加しました
https://www.musashino-u.ac.jp/news/20171204-06.html

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職