トップNews & Events

2018.12.14

本学卒業生のインド映画女優・舞踊家 板倉リサ氏が、「フランス社会功労奨励章」コマンドゥール(旧 3等・「現」大冠付金章)を受勲されました。

武蔵野女子大学文学部日本文学科卒業生でインド映画女優・舞踊家の板倉リサさんがフランスのアンクラジュマン・ピュブリックより、祈りのアート「光の舞」をはじめとする芸術活動に2018年度秋「フランス社会功労奨励章」コマンドゥール(旧 3等・「現」大冠付金章)を受勲され、11月20日に日枝神社(末広の間)にて授与式が執り行われました。

photo1_板倉リサさんフランス社会功労奨励章授与式

授与式での板倉 リサさん

photo2_板倉リサさんフランス社会功労奨励章授与式

授与を受ける板倉 リサさん

photo3_フランス社会功労奨励章授与式

フランス社会功労奨励章
板倉リサさんが授与された「フランス社会功労奨励章」コマンドゥール(旧 3等・「現」大冠付金章)は、フランスの芸術分野では最高位といわれており、過去にアンクラジュマン・ピュブリクを授与された日本人には、画家の岡本太郎氏、俳優・映画監督の三船敏郎氏、音楽家の黛敏郎氏、指揮者の小澤征爾氏、シャンソン歌手・舞台女優の越路吹雪氏等が名を連ねています。
 板倉さんの今回の受勲は、祈りのダンスアート「光の舞」に対して授与されるもので、日仏交流160周年記念の今年、世界で初めて、フランスの勲章が日本の神社に於いて授与されました。
 
同時に、赤坂 日枝神社お社殿に於いて、日仏VIPが見守る中、勲章への感謝をこめて、板倉さんによる平成最後の「光の舞」正式奉納が厳かな雰囲気の中で執り行われました。
 来年は日仏を舞台にした映画出演をはじめ、春には受勲発表となるインド大使館でのガンジー生誕記念ステージ等、さらなる飛躍が期待されています。

PROFILE

板倉 リサ
「光の舞」舞踊家・女優。
 武蔵野女子大学文学部日本文学科卒業。在学中、ミス日本受賞、ミス・プレタポルテ受賞を経て、大地真央の東宝ミュージカルコアメンバーとなり帝劇などに多数出演。その後、インド映画ボリウッドのヒロインとして活躍中。NY国連本部、インド国交交流年招聘をはじめ、国内外で祈りのアート「光の舞」を様々な音楽家と共に発信。2014年には出雲大社拝殿で、また2017年には伊勢神宮外宮まがたま池奉納舞台にて正式奉納、世界へと祈りの芸術活動を広げている。

公式ホームページ
http://lisaitakura.blog65.fc2.com/

DSC_0225

「インド大使館さくらフェスティバル」
(海外情報誌「Japan wave」より掲載)

<関連リンク>

ENCOURAGEMENT PUBLIC(仏語サイト)
https://www.encouragement-public.org/

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職