トップNews & Events

2018.12.25

スポーツマネジメントゼミが「障がい者スポーツチャレンジ2018」を開催

12月9日(日)、武蔵野大学スポーツマネジメントゼミが主催する、障がい者スポーツ普及イベント「障がい者スポーツチャレンジ2018」が深川スポーツセンター(東京都江東区)にて開催されました。
武蔵野大学スポーツマネジメントゼミは、2年生以上の学生が学部横断型で参画するサブメジャーゼミの一つで、スポーツ関連イベントの自主開催を通じて、マネジメント、マーケティング、ファシリテーションなどのビジネススキルの修得を目指しています。
本イベントでは、学生が企画主体者となり、イベント企画から外部交渉や当日の全体進行を行い、健常者と障がいをもつ方々が共に同じスポーツを体験することで、ダイバーシティ社会の促進、障がい者のスポーツ機会の向上を狙いとしています。
そして、より地域の方々に多く来場して頂く為に、4年目を迎えた今回は会場を門前仲町にある深川スポーツセンターに移し、地域活性も特に意識して開催。
また、開会式では江東区の障がい者和太鼓サークル「エンジョイクラブ」と、武蔵野大学和太鼓サークル「隼」の共演もあり、ダイバーシティ社会実現に向けたメッセージを発信することができました。
イベントでは、アイマスクをして音や周りの指示を頼りにボールを蹴るブラインドサッカーや、子どもたちが車いすに実際に乗って体験する車いすソフトボールや、車いすバスケットボールチーム「LaVitz」と、2020年東京五輪新種目の3人制バスケットボールチーム「江東フェニックス」とのシュート対決等で、イベント会場全体で大変な盛り上がりを見せていました。
主催のスポーツマネジメントゼミの担当教員である上村先生は今回のイベントについて、「今年は概算で600人を超えるこれまでにない多くの方々に足を運んで頂きました。また、他学から30人を超える学生がボランティアとして参加してくれました。こうした全ては、学生の創意工夫と日常的な不断の努力と、彼らをご支援くださる多くの皆様のご協力により、実現することができたと考えています。」と総括していました。

PC090021

ゼミ学生代表 佐合 緑さん 主催者挨拶
(経済学部経営学科3年)

PC090108

障がい者と、本学和太鼓サークルの共演

IMG_9656

来場した子供達を案内するゼミ生①

IMG_1227

来場した子供達を案内するゼミ生②

IMG_9649

車いすソフトボール体験会の様子①

PC090217

車いすソフトボール体験会の様子②

PC090374

ゼミ生によるブラインドサッカー講習会

PC090387

車いすバスケ体験会の様子

PC090373

ブラインドクライミング体験会の様子

<関連リンク>

武蔵野大学スポーツマネジメントゼミ
https://www.spomane-semi.com/

スポーツマネジメントゼミ主催『障がい者スポーツチャレンジ2018』
https://www.musashino-u.ac.jp/event/20181209-00000271.html

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職