トップNews & Events

2019.09.02

有明キャンパスで開催される「2020ホストタウン・ハウス」の詳細が発表されました

2020年7月に開幕する東京2020オリンピック・パラリンピック大会。開催期間中に武蔵野大学有明キャンパスは、内閣府の支援事業である「2020ホストタウン・ハウス」の会場となります。開催を1年後に控え、8月27日に都内で行われた2020ホストタウン・ハウスショールームのイベントにて、「2020ホストタウン・ハウス」の詳細が鈴木俊一東京オリンピック・パラリンピック担当大臣をはじめ、一般社団法人ホストタウンアピール実行委員会代表理事、主幹会員出席のもと発表されました。
「2020ホストタウン・ハウス」は全国442の自治体が、東京2020オリンピック・パラリンピックに参加する152の国と地域を応援するものです。大会開催競技会場を間近にする本学では、単に学生ボランティア活動や特定の国と地域のみに協力することに留まらず、できる限り広範な形で国際交流と地域活性化に貢献するため、この「2020ホストタウン・ハウス」に有明キャンパスを提供することにいたしました。
「2020ホストタウン・ハウス」では、各国・地域と各地方自治体のコラボレーションによる展示やライブパフォーマンスが実施されます。さらに、国内各地の食材を使った創作料理をふるまう「ホストタウン・バル」、名産品を販売する「ホストタウン・マルシェ」、「復興ありがとうホストタウン」の常設展など、共生社会の実現のための産官学一体の様々な試みが行われます。期間中は国内外から1日約1万人の来場者が本学を訪れると見込まれています。
※ 主幹会員(東武トップツアーズ株式会社、株式会社八芳園、株式会社パソナグループ、本学)

背景

有明キャンパスに4つのゾーンを展開

2

記者発表を行う
鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣

3

主幹会員の本学と3社

4

池田副学長とイベントに参加した
本学学生ボランティア
【2020ホストタウン・ハウス概要】
期間 2020年7月22日(水)~8月10日(月・祝)、8月23日(日)~9月7日(月)
会場本学 有明キャンパス 1号館・3号館・6号館(建設中)他(予定)
主催一般社団法人ホストタウンアピール実行委員会
概要コミュニケーションゾーン、ディスカバリーゾーン、フェスティバルゾーン、マッチングゾーン等の4ヶ所で、展示や講演会、各国・各自治体によるイベントステージやテーマレストラン、交流会等が開催されます
関連リンク
  
ホストタウンの推進について(内閣府 政策会議)
  2019.05.15 2020東京オリンピック・パラリンピック大会期間中に本学で開催される、「2020ホストタウン・ハウス」について記者発表会が行われました
  2018.08.03 2020東京大会を2年後に控え、東京スカイツリーで開催された「Host Town Lineups 2」に参加しました
  2018.02.28 2020年東京大会に向けた「ホストタウンサミット」Host Town Summit toward Tokyo 2020 Gamesが開催されました


前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育