トップNews & Events

2020.04.08

【重要】「緊急事態宣言」に伴うキャンパス内への立入禁止について

武蔵野大学に関係する皆様
昨日、政府から、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」(東京など7都府県を対象に、7日から効力が発生、期間は来月6日までの1か月を目途)が発令されました。
 
武蔵野大学の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の基本方針は、かねてから周知のとおり(1)学生をはじめとする本学関係者の感染リスク回避をはかるとともに、(2)首都東京での感染拡大を最小限にとどめる社会的責務を果たしながら、(3)本学学生が被る教育面での損失を最小限にとどめ、できる限りこれまでと同様の教育を届ける、の3点です。
 
この基本方針に基づき、武蔵野大学は、予定どおり4月9日からオンライン配信を活用した授業を開始しますが、「緊急事態宣言」を受けて、学生をはじめとする本学関係者のキャンパス内への立ち入りを原則禁止とし、教職員の基本的な活動は在宅で行うことにいたします。
各キャンパスの立ち入り禁止期間:4月8日(水)から5月6日(水)まで(予定)
(今後の感染拡大の状況によっては延長することがあります)
 
*この期間は、学生・保護者・来訪者のキャンパス立ち入りを原則として禁止します。
 
この期間は、事務室は閉室とします。職員は次のとおり在宅勤務に段階的に移行し、業務にあたります。
 
4月  8日(水)~4月10日(金):事務取扱時間短縮(10:00~15:00)での電話対応。
4月13日(月)~5月  6日(水):窓口・電話での対応はできません。メールでのご連絡をお願いします。ただし、お返事には通常より時間がかかりますことをご理解ください。
 
*この期間の各種のお問い合わせは、まず「よくある質問 」をご確認いただき、それでも問題が解決しない場合、こちらの連絡先へお問い合わせください。ご協力をお願いします。
学生の皆さんの授業や就職活動に対する不安は大きいものと想像しています。大変ご不自由をおかけしますが、今、一番重要なことは「感染しない・感染拡大させない」行動の徹底です。感染症対策・健康管理にご留意のうえ、引き続き自覚ある適切な行動を取っていただくことを改めて求めます。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
令和2年4月8日
武蔵野大学 学長
西本 照真

関連リンク

新型コロナウイルスの対応について(まとめ)

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育