トップNews & Events

2020.09.07

むさし野文学館製作映画『たまらん坂』 フランス、ドイツの国際映画祭に引き続き、シンガポールでも招待上映

2020年9月、むさし野文学館が製作した映画「たまらん坂」(小谷忠典監督)が、シンガポールの国際アートフェスティバル(Singapore International Festival of Arts)の劇場で招待上映されます。このフェスティバルは、坂本龍一の演奏があるなど、音楽、演劇、ダンス、映像とジャンルを超えて世界のアーティストと作品が招かれる大きな祭典です。2020年度は新型コロナの影響で延期となっていましたが、下記のスケジュールで開催することとなりました。劇場ではソーシャルディスタンスによる制限をかけて上映します。
同時にオンライン上映(シンガポールのみ)も開催します。
劇場上映(Oldham Theatre / Festival House):9/13・9/19
オンライン上映(VOD):9/28-10/4
連絡先:sifatickets@artshouse.sg.                                         
 
◆映画「たまらん坂」の上映案内 (Instagram・英語)
https://www.instagram.com/p/CEJBZPtnLjs/?igshid=1i4cqp0tqgnz2
2020シンガポール国際アートフェスティバル(HP・英語) 
https://www.sifa.sg/programmes/film/singular-screens-sifa-v2020     
◆2019シンガポール国際アートフェスティバルの様子 (日本語)
https://www.visitsingapore.com/ja_jp/festivals-events-singapore/annual-highlights/singapore-international-arts-festival/ 
 
 「たまらん坂」の海外での上映は、 昨年7月のマルセイユ国際映画祭(ワールドプレミア)、 今年の6月に開催された世界最大の日本映画のプラットフォーム「ニッポン・コネクション」(NIPPON VISIONS部門)に引き続いて3回目になります。

映画『たまらん坂』(Tamaran Hill)

小谷忠典監督(武蔵野大学客員教授)の最新作。
原作者は黒井千次氏(小説家・日本芸術院院長・むさし野文学館客員研究員)。
英語字幕の監修はマイケル・ボーダッシュ氏(シカゴ大学教授)。
主演は渡邊雛子(本学卒業生)。古館寛治・渡辺真起子・小沢まゆが脇を固めます。
 
予告編はこちら
https://vimeo.com/ondemand/tamaranhill

映画詳細

tamaran_hill_poster

映画『たまらん坂』(Tamaran Hill)
原作:黒井千次
出演:渡邊雛子・古舘寛治・渡辺真起子・小沢まゆ
プロデューサー・脚本:土屋忍(本学文学部長、教授)
監督:小谷忠典
製作:むさし野文学館
(2019年、86分)

<関連リンク>

むさし野文学館 MUSASHINO-B PROJECT.
https://www.musashino-bungakukan.jp/
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究