トップNews & Events

2020.12.18

< 工学部 > < 受賞・表彰 > 

< 工学部 > < 受賞・表彰 > 

第11回「データビジネス創造コンテスト」にて数理工学科学生6名が審査員特別賞を受賞

2020年度 第11回「データビジネス創造コンテスト」(主催:慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボ)本選会が9月5日にオンライン開催され、本学数理工学科チームのCROWN(粟國晴楽さん、小松歩夢さん、大木公平さん、中西蓮さん、中原拓哉さん、平田真帆さん)による「ライフ with コミックチェイン」と題した作品が審査員特別賞を受賞しました。
今年度は「創り手と読者をつなぐコミック出版戦略」をテーマとして、講談社などから提供されたコミック作品について売上推移データやアニメ・ドラマの視聴率データ等を多角的に分析し、マーケティング戦略の提案を競いました。71 チームから参加の申し込みがあり、そのうち 45 チームが予選にエントリーし10チームが予選通過しました。本選発表会では最終プレゼンテーションが行われ、CROWNからは、粟國晴楽さん、小松歩夢さん、中西蓮さんの3名が発表しました。

【粟國晴楽さんのコメント】

漫画の市場拡大を目的に、ブロックチェーン技術を使った電子書籍の中古販売流通システムに、複数人に売買ができる仕組みを加え提案しました。今回の提案は、提供されたデータの詳細な分析から得られたポイント「コミックへの興味と価格」にスポットを当て、顧客数を指数関数的に大きく増やすことができるという物です。提案した新しいシステムは、思い切った提案でありどう評価されるのか不安ではありましたが、審査員特別賞を受賞でき大変嬉しく思います。
本コンテストに参加し、講義・ゼミで学んだデータサイエンスや統計学、コンピュータ技術等の知識を活用できました。実際のデータを扱うことで、広く深く分析しなければいけないこと、そのためには幅広い勉強が必要なこと、さらに分析力・アイディアを創造する力をもっと学ぶべきだということがわかり、勉強に対する意欲が促進されました。コロナ渦でのチームのリモート作業は毎日行われ、作業時間は膨大なものでした。この受賞は、チーム内の協力、そしてご指導して下さった西川哲夫教授のお陰だと思っております。これからも一層勉強に力を入れていきたいです。

CROWN

チームCROWNのメンバー
上段:左から粟國晴楽さん、中原拓哉さん、大木公平さん
下段:左から平田真帆さん、小松歩夢さん、中西蓮さん

審査員特別賞

審査員特別賞の賞状

関連リンク

第11回データビジネス創造コンテスト
https://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/dig11/
 
工学部WEBサイト
https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/engineering/
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究