トップNews & Events

2021.04.26

【重要】緊急事態宣言期間中の授業形態について

学生の皆さん、関係者の皆様
 
新型コロナウイルス感染症拡大により、4月25日(日)、東京都に3回目となる緊急事態宣言が発出されました。政府は大学に対する一律の休業・休校要請は行わないものの、オンライン授業を活用して効果的に授業を実施するよう求めています。
 
武蔵野大学では、令和3(2021)年度の授業について、通学制大学の原点に立ち返り、感染拡大防止策を講じながら対面授業を中心とした授業形態を進めていくという方針でスタートさせました。実際、この3週間あまり、対面でのキャンパスライフを歓迎する声が多く寄せられました。しかしながら、変異ウイルスを含めた感染拡大が続く中、今回の緊急事態宣言の趣旨「短期間に対策を集中して感染拡大の勢いを抑え込む」に対し、大学としても社会的役割を果たしていく必要があるとの判断に至り、オンライン授業を原則とした以下の基本方針を決定いたしました。学生の皆さんの学びを止めることなく学修の機会を確保することに配慮した方針です。どうかご理解をお願いします。
武蔵野大学では、4月30日(金)[1学期授業:第4週目]から緊急事態宣言が解除されるまでの期間、原則としてオンライン授業へ切り替えることにいたします(実験・実習・実技やゼミ等の基幹科⽬、プロジェクト型科目等において、対面授業が不可欠で、かつ、十分な感染防⽌対策を講じたうえで実施可能である場合のみ、対⾯授業を実施します)。
なお、各科目のオンライン授業にむけた準備状況次第では、4月30日(金)以前からオンライン授業に切り替わることがあります。担当教員からの連絡に注意してください。緊急事態宣言解除日が決まり次第、対面授業の再開に関する情報をご連絡いたします。
また、緊急事態宣言期間中のキャンパス入構及び事務取扱は、以下のとおりとします。
キャンパス入構
  • 一部授業等を除き、入構自粛とし、不要不急のキャンパス内立ち入りはお控えください
  • 入構の際、学生・教職員とも検温場所でサーマルカメラによる検温のチェックを徹底してください
  • 学生は、学生証による入構記録を残す必要があるため、学生証を忘れずに携行してください
事務取扱
  • 4月30日(金)より窓口での対面対応は原則行わず、メールまたは電話(時間短縮10:00~15:00)での対応となります。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします
  • 各部署の連絡先一覧は、こちらをご覧ください
  • その他、課外活動、図書館、就職支援等の対応は、「新型コロナウイルスの対応について(まとめ)」に順次更新いたしますので、ご確認ください

1日も早い感染拡大の収束と対⾯授業再開が待ち望まれますが、そのためには、緊急事態宣⾔期間中の今こそ、私たち⼀⼈ひとりが責任感を持って感染拡⼤防⽌対策に協⼒し、宣⾔解除を実現する必要があります。気持ちの緩みから⼤学を、そして社会を感染拡⼤の場にすることのないよう、引き続き⾃覚ある⾏動を⼤学関係者全員に求めます。


武 蔵 野 大 学
学長 西本 照真
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究