HOME研究研究所・研究室・センター薬学研究所研究室

医薬品開発研究部門

臨床薬剤学研究室

PROJECTS

体温調節の薬理学

体内には脂肪を貯める白色脂肪組織と脂肪を燃やして熱に変える褐色脂肪組織があります。 小動物での体温の維持は、脳から脊髄を経て交感神経を介して褐色脂肪組織に至る神経経路の役割が重要です。ヒトの褐色脂肪組織は幼児までは存在し機能しますが、大人では消失するとされていました。しかし最近になり、大人でも褐色脂肪組織が存在し機能することが明らかになってきました。当研究室では、最新の知見に基づき、以下の例のように、体温調節機構に働く医薬品の作用を研究し、創薬や薬の適正使用に資することを目的としています。 

1. インフルエンザ治療薬タミフルの低体温作用に関する研究

リン酸オセルタミビル(タミフル)は、ヒトで副作用としての低体温を生じ、非感染動物において著明な低体温を生じます。当研究室では、タミフルが褐色脂肪組織へ至る交感神経節のニコチン性アセチルコリン受容体チャンネルを遮断し、体温を下げることを、愛知学院大学薬学部の村木教授との共同研究により明らかにしています。

2. 解熱鎮痛薬などの作用メカニズムに関する研究

現在いまだに不明な点が多いアセトアミノフェンなど解熱鎮痛薬の解熱メカニズムおよび鎮痛メカニズムについての研究を進めています。

3. 医薬品の副作用による高体温メカニズム研究

悪性症候群などの体温上昇のメカニズムを明らかにし、治療薬候補を見出すことを目指しています。

SELECTED PUBLICATIONS

  1. Fukushima A, Chazono K, Hashimoto Y, Iwajima Y, Yamamoto S, Maeda Y, Ohsawa M, Ono H: Oseltamivir produces hypothermic and neuromuscular effects by inhibition of nicotinic acetylcholine receptor functions: comparison to procaine and bupropion, Eur J Pharmacol, 62:275−282 (2015).
  2. Muraki K, Hatano N, Suzuki H, Muraki Y, Iwajima Y, Maeda Y, Ono H: Oseltamivir blocks human neuronal nicotinic acetylcholine receptor-mediated currents, Basic Clin Pharmacol Toxicol, 116:87−95 (2015).
  3. Muraki K, Ono H: Human nicotinic acetylcholine receptor is a potential pharmacological target of oseltamivir, Receptors & Clinical Investigation, 1:e360 (2014).
  4. Ohsawa M, Otake S, Murakami T, Yamamoto S, Makino T, Ono H: Gabapentin prevents oxaliplatin-induced mechanical hyperalgesia in mice, J Pharmacol Sci, 125:292−9 (2014).
  5. Ohsawa M, Miyabe Y, Katsu H, Yamamoto S, Ono H: Identification of the sensory nerve fiber responsible for lysophophatidic acid-induced allodynia in mice, Neuroscience, 247:65−74 (2013).
  6. Ono H, Iwajima Y, Nagano Y, Chazono K, Maeda Y, Ohsawa M, Yamamoto S: Reduction in sympathetic nerve activity as a possible mechanism for the hypothermic effect of oseltamivir, an anti-influenza virus drug, in normal mice, Basic Clin Pharmacol Toxicol, 113:25−30 (2013).
  7.  Ohnami S, Kato A, Ogawa K, Shinohara S, Ono H, Tanabe M: Effect of milnacipran, a serotonin and noradrenaline reuptake inhibitor, on C-fiber-evoked field potentials in spinal long-term potentiation and neuropathic pain, British J Pharmacol, 167:537−47 (2012).
  8. Kodama D, Ono H, Tanabe M. Increased hippocampal glycine uptake and cognitive dysfunction after peripheral nerve injury, Pain, 152:809−17 (2011).
  9. Ohnami S, Tanabe M, Shinohara S, Takasu K, Kato A, Ono H: Role of voltage-dependent calcium channel subtypes in spinal long-term potentiation of C-fiber-evoked field potentials, Pain, 152:623−31 (2011) 

STAFF

小野 秀樹 Hideki Ono                            教授     Professor
福島 章紘      Akihiro Fukushima             助教 Assistant Professor

ACADEMIC ACTIVITIES

日本薬学会、日本薬理学会、日本神経科学学会、日本医薬品安全性学会、日本神経精神薬理学会、日本緩和医療薬学会、鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会
お問い合わせ
武蔵野大学薬学研究所
〒202-8585 東京都西東京市新町1丁目1番20号  
TEL:042-468-3350(武蔵野学部事務室 / 受付時間:月~金 8:45~17:00)
e-mail:pharmacy@musashino-u.ac.jp
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職