HOME学生生活・就職就職・キャリア支援

キャリアデザイン

キャリアデザインは、教養教育、専門教育を問わず、大学教育全体の中で、学生が、主体的に自分自身の将来を考え、大学生活での目標を設定し実行していくことです。このために、本学では、1年生の1~2学期から夏休みにかけて開講するフィールド・スタディーズ(長期学外学修)で、アクティブ・ラーニングを実践した後に、大学生活での目標設定につなげると共に進路について考える授業として、1年生の3~4学期に、全学必修科目「人生の歩き方を考える(キャリアデザイン)」を開講します。

この科目は、学生自らの将来を考える「自己をみつめる」ことを基本に、自分の将来の方向性を動機付ける目的として、「生涯発達と学生生活を考える」、「社会と自己の関わりを知る」、「業界や職業と求められる能力を知る」の3点に焦点をあて、教養教育、専門学科、就職支援の視点から授業を行います。

<授業計画>

  1. オリエンテーション
  2. キャリアデザイン入門(講演)
  3. 専攻学科毎の授業(1)
  4. 専攻学科毎の授業(2)
  5. 業界・職域研究(1)
  6. 業界・職域研究(2)
  7. 適性検査・SPIの体験
  8. 進路を考え始める

※詳細については、学生用ポータルサイトMUSCATに掲載いたします。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職