HOME学生生活・就職就職・キャリア支援

キャリアデザイン

キャリアデザインは、教養教育・専門教育を問わず、大学教育全体の中で、学生が、主体的に自分自身の将来を考え、大学生活での目標を設定し実行していくことです。このために、本学では、1年生の1~2学期から夏休みにかけて開講するフィールド・スタディーズ(学外学修)で、アクティブ・ラーニングを実践した後に、大学生活での目標設定につなげると共に進路について考える授業として、1年生の3~4学期に、全学必修科目「人生の歩き方を考える(キャリアデザイン)」を開講しております。

この科目は、学生自らの将来を考える「自己をみつめる」ことを基本に、自分の将来の方向性を動機付ける目的として、「ライフプランと学生生活を考える」、「社会と自己の関わりを知る」、「業界や職業と求められる能力を知る」の3点に焦点をあて、教養教育、専門学科、就職支援の視点から授業を行います。

<授業内容>

回数講義内容
1オリエンテーション○授業内容
  • 授業概要、受講の意味と態度を理解する。
  • フィールド・スタディーズ(以下FS)との繋がりを考える。

○FSに参加した1年生の成果発表と担当教員とのパネルディスカッション
<題名>
『FSで学んできたこと、これから学んでいきたいこと』
(参加FS:「福岡県大川市」「長野県信濃町」)
2キャリアデザイン入門○講師 
  • (株)リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 所長 大久保 幸夫

○講演概要
  • 学生生活を充実させるための目標を設定する。目標を達成して自信をつける。
  • 自らの活動範囲を拡充する。自分らしさを形成する。等
3学科とキャリアデザイン○自分の専攻学科の卒業生の進路概況と目標達成の準備
  • 専攻学科の卒業生の活躍と進路の状況を知る。
  • 専攻学科の特徴と将来の多様な展望を理解する。

○自分の専攻学科の代表的な職業人や卒業生からのメッセージ
  • 専攻学科の代表的な職業を理解し、社会・業界における位置づけ、求められる能力、将来性、報酬等を理解する。
  • その職業に就くために、準備すべき事項を認識する。
4
5業界・企業研究○多様な業界・企業の第一線で働く方々の講演
  • 各企業・団体の業界環境、それぞれの戦略や課題、将来性について理解する。
<講師企業>*1
(株)アサツーディ・ケイ、(株)公文教育研究会、(株)クレディセゾン、(株)資生堂、(株)日建設計、日本マイクロソフト(株)、ノバルティスファーマ(株)、東京海上日動火災保険(株)、東京急行電鉄(株)、(財)武蔵野生涯学習振興事業団(50音順)
6
7適性検査・SPI○適性検査 SPIの体験
  • SPIを実際受検して、今後、どのように学修の中で活かしていくか、自分の能力を高めていくかを考える。
8進路○進路を考え始める
  • キャリアデザイン授業を総括する。
  • 就職、進学、留学、起業等の様々な進路を考える。
  • 社会で求められる人材について考える。業界・企業研究の各講師のメッセージも振り返る。
 
○JCA*2と担当教員とのパネルディスカッション
<題名>
『自分の進路とこれからの夢』
  • 学生生活で頑張ったことは何か
  • 進路について、何時頃から考え始めて、どのように準備し、行動し、決めていったか
  • 進路の先に、どのような目標や夢があるか 等

 

*1 本学は、新経済連盟(代表理事:三木谷 浩史 (楽天株式会社 代表取締役会長兼社長))の賛助会員です。本授業の業界・企業研究には、新経済連盟のご協力を頂き、会員企業である、日本マイクロソフト(株)様、東京急行電鉄(株)様、(株)アサツーディ・ケイ様、(株)クレディセゾン様の社員の方々に、ご登壇を頂きました。

*2 JCA(ジュニアキャリアアドバイザー)は、内定を得た本学学生による後輩への就職アドバイザーです。
大学案内
学校法人武蔵野大学
採用情報
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職