武蔵野大学工学部建築デザイン学科 スマートフォン用の画像

工学部建築デザイン学科
大学院工学研究科建築デザイン専攻 Department of Architecture, Faculty of Engineering
Graduate School of Engineering, Master's Program in Architecture

NEWS

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
Nov222022

「紅葉を見に行こう!」が開催

Exhibition

下保谷四丁目特別緑地保全地区は、旧髙橋家屋敷林として地域の方々に親しまれている、武蔵野の面影を残す屋敷林です。この屋敷林は、西東京市や地域のボランティアの方々により、保全活用がなされてきました。四季折々の自然を感じられる屋敷林で紅葉を楽しむイベントをここで開催します。伊藤泰彦研究室の学生も参加していますので是非お越しください。

日時:令和4年12月3日(土)午前10時~午後4時 (受付午後3時まで・荒天中止)

場所: 下保谷四丁目特別緑地保全地区(旧髙橋家屋敷林)
関連サイト

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
Nov092022

「トロールの森2022」が開催

Exhibition

「トロールの森」は杉並区のJR西荻窪駅周辺から都立善福寺公園にかけてのエリアを舞台にした国際野外アート展。2002年にスタートして今年20周年を迎えます。11月の3週間、都立公園を舞台にした野外展をはじめ、駅や商店街のまちなかで出会うアートや身体表現、まちの魅力を発見するプロジェクトなど、多彩なアートに触れてください。水谷研究室のオブジェも展示もされており、研究室の学生も参加をしています。

日時:11月3日~23日

場所: 善福寺公園 東京都杉並区善福寺二・三丁目

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
Nov082022

「OYAKI FARM BY IROHADO」が、木材利用優良施設等コンクールで林野庁長官賞を受賞

Award

工学部建築デザイン学科 田中正史准教授が構造設計に関わった「OYAKI FARM BY IROHADO」が、木材利用優良施設等コンクールで林野庁長官賞を受賞しました。


木材利用推進中央協議会

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
Nov072022

東京・銀座で社会実験「ほっとスポット銀座」の実施

Exhibition

建築デザイン学科の「武蔵野大学都市学研究体」(指導教員:宮下貴裕)が、東京・銀座で社会実験「ほっとスポット銀座」を実施します。街なかのグランドレベルに多く存在する低未利用地を魅力的に活用することで、来街者がホッと一息つける「ほっとスポット」として開放しようという試みです。 3つのビルの敷地内で学生が制作したファニチャーの設置や銀座の休憩スペースを紹介するマップの配布などを行い、利用者数やアクティビティに関するデータを収集します。

日時:11月13日・14日

場所:銀座ファーストビル公開空地・銀座二丁目ビル公開空地・HULIC &New GINZA NAMIKI 6

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT312022

「むさしのエコreゾート」が「日事連建築賞」で優秀賞を受賞

Award

工学部建築デザイン学科水谷俊博教授が設計デザインを手掛けた東京都武蔵野市の公共施設「武蔵野クリーンセンター・むさしのエコreゾート」が、日本建築士事務所協会連合会主催の「日事連建築賞」において優秀賞(一般部門)を受賞しました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT252022

アーキニアリング・デザイン展2022出展

Exhibition

工学部建築デザイン学科の田中正史研究室から「香川県立体育館」の構造模型を出展します。本展覧会では、「建築とエンジニアリングの融合」を再考するとして、AND賞関連11作品とレガシー展示4作品の構造模型やパネルが展示されます。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT192022

建築新人戦2022結果発表

Award

建築新人戦2022の結果発表があり、工学部建築デザイン学科の3年生、松本紗季さんが16選に入賞しました。作品は設計製図3の課題「コモンズとしての大学図書館」で制作したものを提出しました。

タイトル【寄り道 library】

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT112022

Creating Happiness賞授与(2022年度)

Award

工学部建築デザイン学科の田中正史研究室の4年生、浦川和高さん、塩野谷淳平さん、前盛颯樹さん、福沢貴博さんが西本学長より、「Creating Happiness賞」を授与されました。 4名の学生達は、2022年8月16日~21日に開催されました「せとうちの瀬戸際けんちく 船の体育館展(会場:高松市美術館)」を企画し、展示品の制作、設営、運営、搬出を通して、学外の協力団体と連携した活動への取り組みを評価されました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT052022

第45 回 学生設計優秀作品展 -建築・都市・環境-(通称レモン展)に出展

Exhibition

第45 回 学生設計優秀作品展 -建築・都市・環境-(通称レモン展)に、本学科卒業生・島香奈恵さん(太田研究室)の卒業設計作品「日常の先へ」が出展されました。

開催期間:2022年10月5日(水)~7日(金)10:00〜19:00(最終日は15:00まで) *入場無料

会場:明治大学駿河台キャンパス 「アカデミーコモン 2F」

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP302022

商業施設・工場「OYAKI FARM BY IROHADO」が、「新建築2022年10月号」に掲載されました

News

建築デザイン学科田中正史准教授が土壁の構造設計を手掛けた長野県長野市の商業施設・工場 「OYAKI FARM BY IROHADO」が、雑誌「新建築2022年10月号」に掲載されました。 【土壁でダブルスキン構造】 建設残土を使いながら、現代のテクノロジーを活用した土壁の試みです。建物の出入り口となる風除室はエネルギー負荷が大きくなるため、土壁のダブルスキン構造とし、2枚の土壁の間に木造フレームと空気層を設け空調負荷の低減を実現しています。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP222022

「武蔵野大学都市学研究体」が東京大学都市デザイン研究室と共同で社会実験を実施します

Project

建築デザイン学科の「武蔵野大学都市学研究体」(指導教員:宮下貴裕)が、プロジェクト「都市でACT!」でコラボレーションしている東京大学都市デザイン研究室と共同で社会実験を実施します。 日頃活動している富士吉田市を舞台に、街の魅力を高めるためのファニチャーやアート作品を設置し、街の文化を体感できるワークショップも開催します。

日時:10月8日・9日・22日・23日

場所:新倉山浅間神社・富士急行線下吉田駅・小室浅間神社
詳細情報

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP202022

「むさしのエコreゾート」が「東京都建築士事務所協会会長賞」と「一般二類部門最優秀賞」を受賞

Award

工学部建築デザイン学科水谷 俊博教授が設計デザインを手掛けた東京都武蔵野市の公共施設「武蔵野クリーンセンター・むさしのエコreゾート」が、東京都建築士事務所協会主催の「第48回 東京建築賞」において東京都建築士事務所協会会長賞と一般二類部門(3,000㎡以上の一般(住宅以外の)建築部門)の最優秀賞を受賞しました。
詳細情報

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP152022

JARA建築ヴィジュアライゼーション展2022

Exhibition

創立40周年記念展を昨年開催したJARAによる、会員が描く建築パースや映像の建築 ヴィジュアライゼーション展

期間: 2022年9月17日(土)~9月25日(日)

11:00~19:00 初日は13:00から 最終日は15:00まで

会場: 東京 建築会館ギャラリー
展覧会概要

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
AUG202022

浅間神社をつなぐ

Exhibition

建築デザイン学科の「武蔵野大学都市学研究体」(指導教員:宮下貴裕)が、プロジェクト「都市でACT!」でコラボレーションしている東京大学都市デザイン研究室主催の展覧会に参加します。山梨県富士吉田市において東大チームと共同で取り組んでいるまちづくり研究の成果を発表します。
武蔵野大学 都市学研究体

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
AUG052022

FLUID ASSEEMBLY
選考委員賞を受賞

Award

プロジェクト「構造deアート」(担当教員:田中正史)で制作した「FLUID ASSEEMBLY」が、日本建築学会「学生サマーセミナー2022」に出展し、選考委員賞を受賞しました。本学科の2年生 原澪さん、横山花菜さん、森下華帆さん、大久保佳奈さんのグループで出展し、審査委員の福島加津也(東京都市大学教授)、佐藤淳(東京大学准教授)から表彰されました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
AUG012022

トウキョウ建築コレクション
2022出展

Seminar

工学部建築デザイン学科の田中正史研究室の作品「mild partitions」が、プロジェクト展に出展し書籍となりました。
関連リンク

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JUL252022

「あわい DE カタチ」展覧会#1 Multispecies Architecture/多種のあわいのカタチ

Exhibition

「あわいDEカタチ」(担当教員:太田裕通)とは、建築とはあわい(意:向かい合った二つのもののあいだの空間、間隔や相互の関係)のカタチであるという考えの下、建築概念の拡張を目指し、制作活動や実地域へのデザイン実践を目指すプロジェクトです。 2021年11月から、工学部建築デザイン学科生21名がコミュニティ活性化と新しい価値を生み出すことを目的に、神奈川県茅ヶ崎市のコミュニティ型コワーキング&カフェバー併設施設「,COMMA」と共同でプロジェクトを開始しています(詳細はこちら)。 2022年度は人新世において、地球上に存在するあらゆる種それぞれを主役と捉え直す「マルチスピーシーズ」をテーマに、他種と人類のあわいを考えます。この度下記の通り、前期の活動成果の展覧会を開催します。
展覧会情報
太田研究室

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JUL202022

せとうちの瀬戸際けんちく
船の体育館展

Seminar

8月16日から21日の期間、香川県高松市で「せとうちの瀬戸際けんちく 船の体育館展」が開催されます。
世界的建築家 丹下健三により設計され、2014年 に閉館した船の体育館(旧香川県立体育館)の行く末について、存続か解体か、不透明な状況が8年経った今も続いています。
今回の展覧会では船の体育館の歴史と技術を掘り起こし、後世に継承すべき建築であることを伝える展覧会です。トークイベント

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JUL072022

「むさしのエコreゾート」が2021年度日本建築家協会優秀建築選100に選出

Award

工学部 建築デザイン学科 水谷俊博教授が設計デザインを手掛けた東京都武蔵野市の環境啓発施設「むさしのエコreゾート」が、2021年度日本建築家協会優秀建築選100に選出されました。「むさしのエコreゾート」は、市街地の真ん中に位置する既存のゴミ処理施設「武蔵野クリーンセンター」を部分的に保存・コンバージョンし、ゴミ清掃工場としての特異な建築の姿を残しながら、市民が自由に集まり、活動することのできる交流施設(環境啓発施設)です。むさしのエコ reゾートの隣に位置するゴミ清掃工場「武蔵野クリーンセンター」と連携しながら、市民のための学習・産業・集いなどを含んだ“ゴミを通して社会の環境問題にふれる”まちづくりの連携拠点となっています。
武蔵野大学HP

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JUL012022

都営住宅を活用した単身高齢者の見守りシステム構築・実証プロジェクト

News

東京都は、大学研究者による事業提案制度により、武蔵野大学と連携して、令和2年度から3年度において、「都営住宅を活用した単身高齢者の見守りシステム構築・実証プロジェクト」を実施いたしました。
武蔵野大学は都営住宅にお住いの単身高齢者約20名の協力を得て、電気使用量と活動状況のデータを収集し、それに基づいてAIによる単身高齢者の見守りシステムを構築、実証を行いました。
関連リンク 東京都HP

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JUN24 2022

武蔵野大学が東京都と
「都営住宅及び周辺地域の活性化に係る連携・
相互協力に関する協定」を締結

News

少子高齢社会が進展する中で、都営住宅では住居者の高齢化による自治会活動への参加者減少など、地域コミュニティの活性化が課題となっています。本学建築デザイン学科の金 政秀教授と学生は、2020年度より東京都の大学研究者による事業提案制度において、都営住宅の単身高齢者を対象としたAIを用いた電気量データ分析による見守りについて研究をしており、その研究が協定締結のきっかけとなりました。
関連リンク
東京都HP


武蔵野大学工学部建築デザイン学科
MAY312022

「むさしのエコreゾート」が日本建築美術工芸協会のAACA賞に入選

Award

工学部 建築デザイン学科 水谷俊博教授が設計デザインを手掛けた東京都武蔵野市の環境啓発施設「むさしのエコreゾート」が、一般社団法人日本建築美術工芸協会主催のAACA賞に入選しました。「むさしのエコreゾート」は、市街地の真ん中に位置する既存のゴミ処理施設「武蔵野クリーンセンター」を部分的に保存・コンバージョンし、ゴミ清掃工場としての特異な建築の姿を残しながら、市民が自由に集まり、活動することのできる交流施設(環境啓発施設)です。むさしのエコ reゾートの隣に位置するゴミ清掃工場「武蔵野クリーンセンター」と連携しながら、市民のための学習・産業・集いなどを含んだ“ゴミを通して社会の環境問題にふれる”まちづくりの連携拠点となっています。ゴミ清掃工場と市民の活動を融合した新しい建築のかたちが、AACA賞として評価されました。
武蔵野大学HP
一般社団法人日本建築美術工芸協会 受賞作品一覧

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
APR282022

茅ヶ崎市のコンペティションに建築デザイン学科の学生が発表

Award

神奈川県茅ヶ崎市のコミュニティプレイス共創プロジェクトのコンペティションにて太田裕通研究室の学生がプレゼンテーションパネル及び模型を用いて発表しました。その結果、コスト・施工面での実現性と多様な居場所の創出から木製パレットを用いた提案『作品名「やりたいこと、全部」(メンバー:高橋 了太、田代 麻華、木村 凪沙、長田 澪来)』が1位に選ばれました。提案されたデザイン案は、今後、実現に向けて進められます。
関連リンク 武蔵野大学
太田研究室

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
APR212022

絶体絶命、船の体育館展
-もう一つの丹下建築-

Seminar

5月10日から22日の期間、香川県高松市で「絶体絶命、船の体育館展 ~もう一つの丹下建築~」が開催されます。5月14日には建築デザイン学科田中 正史准教授が登壇するオンライントークイベントも行われます。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
APR112022

第68回構造工学シンポジウム

Seminar

工学部建築デザイン学科 准教授の田中正史が、第68回構造工学シンポジウムに参加します。
日時:2022年4月16日(土)13:00-14:35
シェル・空間構造(2) 「2枚合わせHPシェルを対象とした耐荷力に関する研究」

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
APR072022

第19回主張する「みせ」
学生デザインコンペ
奨励賞受賞

Award

工学部建築デザイン学科の3年生、比嘉珠花さんが奨励賞を授与しました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
DEC062021

日本空間デザイン賞2021
受賞

Award

日本最大級のデザインアワードである「日本空間デザイン賞 2021」において、工学部建築デザイン学科のプロジェクトチーム「EP3」(指導教員:風袋宏幸教授)による作品「TRANSITION」が『Shortlist』に、また「知恵の色」が『Longlist』に選出されました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
NOV252021

Creating Happiness賞
授与

Award

工学部建築デザイン学科の2年生畑中美代さん、和田弥優さん、石川未理さんがCreating Happiness賞を授与しました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
NOV202021

アートゲイト荻窪2021
出展

Exhibition

工学部建築デザイン学科の水谷俊博研究室と田中正史研究室の作品がアートゲイト荻窪2021に展示されています。
会期:2021.11.20(土)~2021.12.26(日)
会場:①協会通り商店街街路灯
   ②店舗ファサード+内部展示
出展者:水谷俊博俊博研究室
    ・T/M&工藤聖菜+田中佑朋
    塩入勇生+矢崎亮大
    /アーキディヴィジョン
    +田中正史研究室

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP262021

建築学縁祭
~ROOKIE選~

Competition

工学部建築デザイン学科 3年生の梶原愛美さんが総合資格学院/建築学縁祭学生実行委員会 主催の「建築学縁祭~ROOKIE選~」で100選に入賞しました。(作品名:新しい公共のかたち/Musashino-Bibliotheque)

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP192021

JARA40周年記念
『JARA建築ヴィジュアライゼーション展2021』
出展

Exhibition

工学部建築デザイン学科の学生作品がJARA40周年記念『JARA建築ヴィジュアライゼーション展2021』で展示されます。
建築デザイン学科の展示は、デザインテクノロジー系演習科目(CAD4)における学生作品です。この科目では、世界標準のBIMツールを英語環境で習得しながら作品を制作することで、建築デザイン、コンピュータ、英語を同時に身につける超実践型の授業を展開しています。
今回の課題テーマは「オフィスビルのデザインとボイドの体験」です。日常的な建物を超えた、想像力あふれる表現に学生たちがチャレンジしました。展示パネルには、選ばれた優秀19作品が、ぎっしりとレイアウトされています。
■東京展
会期:2021.9.19(日)~2021.9.27(月)
会場:建築会館ギャラリー
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
■名古屋展
会期:2021.10.12(火)~2021.10.17(日)
会場:名古屋市民ギャラリー矢田
〒461-0047 名古屋市東区大幸南一丁目1番10号 カルポート東 3F
■大阪展
会期:2021.11.5(金)~2021.11.9(火)
会場:大阪デザイン振興プラザ(デザインショーケース)
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟10F
指導教員:風袋宏幸, 山﨑信宏

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP82021

空間 構造 デザイン研究会 ・特別企画
「船の体育館」(旧香川県立体育館)のいままでとこれから
―再現計画から再生計画―

seminar

工学部建築デザイン学科 准教授の田中正史がトークイベントに参加します。
空間 構造 デザイン研究会 ・特別企画
「船の体育館」(旧香川県立体育館)のいままでとこれから―再現計画から再生計画―

日時:2021年9月8日(水) 15:00~17:00
会場:オンライン形式@zoom(先着90名)
モデレーター:斎藤公男(A-Forum)
パネリスト:
「経緯と方向性」名和研二(なわけんジム)
「保存運動に向けての状況」河西範幸(一般社団法人 船の体育館 再生の会)
「構造計算書から読み解く」田中正史(武蔵野大学)

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
AUG282021

京大建築
100周年記念コンペ
実作部門
銅賞

Competition

工学部建築デザイン学科 教授の水谷俊博が「京大建築100周年記念コンペ」の「実作部門」で銅賞を受賞いたしました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
AUG242021

第5回
日本建築学会グローバル化人材育成プログラム
参加・受賞

seminar

8/24~8/25の2日間にオンラインで行われた第5回 日本建築学会グローバル化人材育成プログラムに本学科4年生の田中佑朋さん(水谷研究室)、3年生福沢貴博さんが参加しました。2日間にわたる育成プログラム内でグループワークによるプレゼンテーションを行い、田中さん・福沢さんは伊勢田元賞・山梨知彦賞を受賞しました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JULY282021

建築ふれあいフェア
会場配置・展示什器
アイデアコンクール
最優秀賞

Competition

工学部建築デザイン学科・専任講師の太田裕通が、一般社団法人 東京都建築士事務所協会主催「建築ふれあいフェア 会場配置・展示什器アイデアコンクール」で最優秀賞を共同で受賞しました(作品名:ミチとマチ)。11月下旬の「建築ふれあいフェア」オンデマンドにて、表彰されます。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JULY172021

「有明SDGsアクション」制作物展示
出展

Exhibition

本学科の学生44名が取り組んだ「有明SDGsアクション」で制作したペイントアートと椅子が展示されています。
会期:2021.9.30(水)まで
会場:ZeroBase ARIAKE Pop-Up Mall park(東京都江東区有明1丁目3−25 東武有明フィールド)
指導教員:水谷俊博(教授)+宮下貴裕(助教)

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JULY172021

学生サマーセミナー2021
受賞

Competition

田中正史研究室の学生が日本建築学会「学生サマーセミナー2021」に参加し選考委員賞とJSDC賞を受賞しました。
・「波型に変化する壁」選考委員賞(オーノJAPAN:大野博史、芝浦工業大学:小澤雄樹)受賞
古川翼さん、福沢貴博、梶原愛実さん
・「FLEXIBILITY」日本構造家倶楽部賞(JSDC賞:多田修二)受賞
和田弥優、石川未理、畑中美代さん

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JUN262021

第10回
子どものまち・いえ
ワークショップ提案コンペ
審査員賞受賞

Competition

伊藤泰彦研究室の学生が取り組んだ日本建築学会「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」で審査員賞(山梨知彦)をいただきました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
FEB9

いすばかり展
開催

Project

授業:プロジェクト(木 デ つくる)の履修学生が制作した椅子をギャラリーで展示するプロダクト作品展を開催します。
会期:2021.02.09(火) 〜 2021.02.14(日)
時間:12:00 ~ 18:00 (最終日は17:00まで)
会場:gallery re:tail 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
NOV32020

トロールの森2020
出展

Exhibition

水谷俊博研究室が制作をおこなった「Obscured by Clouds」が、トロールの森2020実行委員会が主催する公募審査を通過し、野外アート展「野外×アート×まちなか トロールの森2020」へ出展されます。
会期:2020.11.3(火・祝)-11.23(火・祝) 会場:都立善福寺公園(上池)|杉並区善福寺3-18

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT262020

日本インテリア学会
「第27回卒業作品展」
WEB展覧会
出展

Exibition

昨年度の本学科の卒業生 前田鮎実さんの卒業設計作品「国境なき塊村~塔から見渡す三里塚の町~」が日本インテリア学会の主催する「第27回 卒業作品展 2020」に出展されました。
10月26日(月)〜12月26日(土)の期間、日本インテリア学会のHP(上記リンク)にて作品が公開されています。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP22020

三菱地所設計
創業130周年記念
トークセッション

seminar

工学部建築デザイン学科 助教の宮下貴裕がトークイベントに参加しました。
「目抜き通りそして、そこにたつ建物」
山村健(東京工芸大学工学部建築学科 准教授)
樋渡彩(近畿大学工学部建築学科 准教授)
三浦詩乃(東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任教授)
宮下貴裕(武蔵野大学工学部建築デザイン学科 助教)
青井哲人(明治大学理工学部 教授)
伏見唯(企画・モデレータ/建築史家・編集者)
大草徹也(三菱地所設計 取締役専務執行役員)

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP12020

第4回
日本建築学会グローバル化人材育成プログラム
参加・受賞

seminar

9/1~9/2の2日間にオンラインで行われた第4回 日本建築学会グローバル化人材育成プログラムに本学科4年生の工藤聖奈さん(水谷研究室)木本多美さん(田中研究室)が参加しました。2日間にわたる育成プログラム内でグループワークによるプレゼンテーションを行い、工藤さん・木本さんはそれぞれのチームで村松美江賞(工藤さん)・杉浦盛基賞(木本さん)を受賞しました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
AUG52020

武蔵野大学
図書館パンフレット
表紙デザイン

project

2020年度の本学図書館パンフレットの表紙デザインに本学科の伊奈恭平さん(プロジェクト 絵deけんちく・現4年生)が選ばれました。
パンフレットは両開きであるため、どちらの方向に開いても図柄が成立するようにデザインされています。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
MAY292020

第29回JIA東京都学生卒業設計
コンクール2020
委員会奨励賞受賞

competition

昨年度の本学科の卒業生 小澤優佳さんの卒業設計作品「巡りあう道の先 -いまの枠組みを超えて-」が日本建築家協会関東甲信越支部・学生デザイン実行委員会の主催する「第29回JIA東京都学生卒業設計コンクール2020」において、委員会奨励賞 を受賞しました。5月1日(金)の1次審査、5月9日(土)のwebによる公開2次審査を経た結果となります。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
APR262020

第9回E&GDesign
学生デザイン大賞
優秀賞受賞

Competition

本学科の学生染野優作さん(受賞時2年生),初村大地さん(受賞時2年生)の設計作品「自然と過ごす丘 花と緑が作り出す都市型サードプレイス」が東海エクステリアフェア実行委員会の主催する「第9回E&GDesign学生デザイン大賞」商業空間のエクステリア部門において優秀賞を受賞しました。

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
FEB152020

兵庫県立美術館
美術館の調べ
会場演出

Faculty

本学科の水谷俊博教授が兵庫県立美術館のイベント「美術館の調べ」の会場演出を行いました。ゴールドベルク変奏曲の構造から建築デザイン「J.S.バッハの家」を創り、演奏会と並行して音楽と建築の融合を図ります。

「J.S.バッハの家」~ゴールドベルグ変奏曲~
日時:2月15日(土)14:00開演
場所:兵庫県立美術館ギャラリー棟アトリエ1
無料
演奏曲目:J.S.バッハ「ゴールドベルク変奏曲BWV 988」
出演:加藤哲子(ピアノ)、水谷玲子(建築家)、水谷俊博(建築家)
兵庫県立美術館HP


武蔵野大学工学部建築デザイン学科
JAN312020

Mu展2020
令和元年度成果発表展

Exhibition

工学部建築デザイン学科・環境学研究科環境デザインモデル・工学研究科建築デザイン専攻 「令和元年度成果発表展」を開催します
大学院生の修士制作や4年生の卒業設計を始め、設計課題など令和元年度における各学年の成果の展示を行います。
会期:2020.1.31(金)-2.3(月)
時間:10:00~17:00 (最終日のみ13:00まで)
会場:武蔵野大学 武蔵野キャンパス 5号館1,2階


武蔵野大学工学部建築デザイン学科
NOV232019

ゲームマーケット2019秋
出展

Project

授業:プロジェクト(SFで建築)で制作したボードゲーム作品を「ゲームマーケット2019秋」に出展します。
出展日:2019.11.24(日)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(青海展示棟) A、Bホール 東京都江東区青海1-2-33 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
※出展ブース番号「日-N25」

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
NOV122019

第15回「家やまちの絵本」
コンクール 入選

Project

プロジェクト(絵deけんちく)の中で、須田好美さん(4年生)と菅原裕花さん(4年生)が制作した
「すてきなまち どんなまち?」が、住生活月間中央イベント実行委員会主催による第15回「家やまちの絵本」コンクールの審査の結果、合作の部にて入選しました。   

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
NOV32019

トロールの森2019
出展

Seminar

水谷俊博研究室が制作をおこなった「Come Talk to Me」が、トロールの森2019実行委員会が主催する公募審査を通過し、野外アート展「野外×アート×まちなか トロールの森2019」へ出展されます。
会期:2019.11.3(日・祝)-11.23(土・祝) 会場:都立善福寺公園(上池)|杉並区善福寺3-18

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
OCT262019

建築文化週間
学生ワークショップ2019
受賞

Seminar

松田達研究室が日本建築学会の主催する建築文化週間 学生ワークショップ2019「令和元年の建築系研究室」において、他大学との合同チームで最優秀賞を含む計5つの賞を受賞しました。また、関連企画イベントの展覧会「令和元年の建築系研究室」展展覧会の運営にも携わり、展示も行いました。
会期:2019.10.26(土)-27(日)9:30~20:00
   展覧会は26(土)-30(水)9:00~19:30
会場:建築会館ホール・ギャラリー|東京都港区芝5-26-20

武蔵野大学工学部建築デザイン学科
SEP202019

深川敬老感謝まつり
参画

Seminar

松田達研究室が深川北地域活性化実行委員会が主催する深川敬老感謝まつりに組み立て式の屋台の制作や空間デザインなどを通じて地域交流やイベントへの参画をしました。
会期:2019.07.13(土)9:00-18:00
会場:建築会館イベント広場|東京都港区芝5-26-20

PROJECT
JULY132019

学生サマーセミナー2019
出展・審査員賞

Project

プロジェクト(さんぽでHÜTTE)で制作した「ポストソセキシュギ」が、日本建築学会が主催するコンテスト「学生サマーセミナー2019」に出展・制作ワークショップを行い、審査員賞を受賞しました
会期:2019.07.13(土)9:00-18:00
会場:建築会館イベント広場|東京都港区芝5-26-20