武蔵野大学工学部建築デザイン学科 スマートフォン用の画像

Fucalties




河津優司 教授 [ 日本建築史・アジア建築史・建築論 ]

●ゼミ
日本建築史を主軸に、アジアの建築・近代の建築論をテーマにしたゼミ。史実を紐解く文献調査とともに、実測などフィールドワークを通した調査を実践している。

●プロジェクト:建築 de MAP
これまでに武蔵野市・三鷹市・西東京市・小金井市・江東区の建築採集フィールドワークを実践。

Yuji Kawazu [Professor]

History of Architecture in Japan, History of Architecture in Asia, Architectural Theory

[Seminar]
Study the architecture in Asia and modern architectural theory focusing on the history of architecture in Japan. In addition to the literature survey that can clarify the real history, field investigations and on-site measurements are conducted as well.
[Project]
Thus far, field work to collect architectural materials has been conducted in Musashino City, Mitaka City, Nishi-Tokyo City, Koganei City, and Koto Ward, Tokyo.

風袋宏幸 学部長/教授[ 建築デザイン・デザインテクノロジー ]

●ゼミ
自然の光や風、素材を手掛かりに、新たな建築・都市・空間のデザインに取り組む。コンピュテーショナルデザインの手法を発展させた空間表現もテーマに掲げている。

●プロジェクト:メディアでART
映像、写真、CG、空間インスタレーションなど、電子工学系技術と空間を融合させた表現に挑戦。

Hiroyuki Futai [Dean / Professor]

Architectural Design, Design Technology

[Seminar]
Work on designing new buildings, cities and living spaces based on natural light, wind and materials. The spatial expression developed from the method of computational design is also studied.
[Project]
Challenge expression combining electronic engineering technology and space, such as image, photograph, CG and space installation.

水谷俊博 学科長/教授[ 建築設計・空間デザイン ]

●ゼミ
建築設計実務に直結したゼミ。都市フィールドワーク・市民参加型デザイン・アートワークを題材に、与条件から竣工後の運営までを建築デザインと位置付けている。

●プロジェクト:木 デ つくる
木工作品や仮設木造構築物を制作。段階的に経験することで、ものづくりの過程を学習する。

Toshihiro Mizutani [Chairman / Professor]

Architectural Design, Space Design

[Seminar]
A seminar directly combined with architectural design in practice. Based on urban field works and citizen-participation-type design/artworks, the whole process from construction to operation is regarded as architectural design.
[Project]
Produce woodworks and temporary wooden constructions. By experiencing these works step by step, the process of manufacturing is studied.

伊藤泰彦 教授[ 建築計画・地域計画・こども環境計画 ]

●ゼミ
こどもと建築・地域と建築というテーマから、建築の教育とまちづくりの可能性を探るゼミ。ワークショップやフィールドワークの実践を通して、学生を指導している。

●プロジェクト:さんぽ de HÜTTE
生物の形態をモチーフとした建築、ストラクチャーアートなど、新しい空間デザインを探求。

Yasuhiko Ito [Professor]

Architectural Planning, Regional Planning, Environmental Planning for Children

[Seminar]
Explore the possibility of architectural education and town development based on the subjects on children/building and community/architecture. The seminar is conducted through practical workshops and field work.
[Project]
Explore new space designs such as architecture with the form of living things and structure art.

伊村則子 教授[ 地域防災・住居学 ]

●ゼミ
地域防災と住環境、すなわちマチとイエを題材に、学術成果と同時に実社会に成果を残す研究がテーマ。災害復興と災害予防を見据えた、地域活動に取り組んでいる。

●プロジェクト:絵 de けんちく
都市や建築、防災に関する教材を企画、制作。社会の動向を知り、ニーズに応えるものを制作。

Noriko Imura [Professor]

Regional Disaster Mitigation, Housing Studies

[Seminar]
Taking regional disaster mitigation and living environments, i.e., “Machi (towns)” and “Ie (houses)” as themes, obtain real-world results as well as academic results. Working on regional activities towards the disaster reconstruction and disaster mitigation.
[Project]
Plan and produce teaching materials on cities, architecture and disaster mitigation. Produce materials that are helpful to understand societal trends and meet needs.

金政秀 准教授[ 建築環境デザイン・設備設計 ]

●ゼミ
建築環境工学・建築設備のデザインを、発展的に探究するゼミ。建築の意匠に貢献しうる ICT を利用した環境工学的テクノロジーを研究テーマに掲げている。

●プロジェクト:SFで建築
未来を予言している SF 作品群からアイディアのヒントを探り、建築分野の将来像を創造。

Jeongsoo Kim [Associate Professor]

Building Environmental Design, MEP Design

[Seminar]
Explore building environmental engineering and the design of building facilities. The research theme is an environmental engineering technology that can contribute to the design of architecture by ICT.
[Project]
Explore hints of ideas from the SF works that predict the future and create a future image of building architectural fields.

田中正史 講師 [ 建築構造学・構造デザイン ]

●ゼミ
シェル構造など、構造のデザインが研究テーマである。一方に構造解析シミュレーションという研究や実務、他方にストラクチュアルアートという表現に取り組む。

●プロジェクト:構造 de アート
力をキーワードにデザインの可能性を探求。力の流れや仕組みから新構造を考察し、制作する。

Masafumi Tanaka [Lecturer]

Architectural Structure Science, Structural Design

[Seminar]
Structural design such as shell structure is studied. On one hand, studies of structural analysis simulation and practical business are conducted. On the other hand, the expression of structural art is also studied.
[Project]
Explore the possibility of designing with “power” as the keyword. Consider and create a new structure from power flow and mechanisms.

宮下貴裕 助教[ 都市デザイン・都市論・都市計画史]

Takahiro Miyashita [Assistant Professor]

Urban Design, Urbanism Studies, Planning History





学科スタッフ

荒木智帆 助手
araki chiho
杉村照平 助手
sugimura shohei
臼井仁美
usui hitomi

非常勤講師(五十音順)

赤松純子
akamatsu junko
インテリアデザイン 1
石垣秀典
ishigaki hidenori
建築材料
市川竜吾
ichikawa ryugo
設計製図 3
伊原慶
ihara kei
設計製図 2 CAD 1・2
入江可子
irie kako
設計製図 1
植木健一
ueki kenichi
設計製図 2
遠藤龍司
endo ryuji
構造力学 2 構造力学演習 2
大塚聡
otsuka satoshi
設計製図 3・4 建築施工法
岡田雅人
okada masato
設計製図 3 基礎デザイン 1
奥村理絵
okumura rie
設計製図 2 大学院
角舘政英
kakudate masahide
光環境
小池啓介
koike keisuke
設計製図 1・4
近藤卓
kondo taku
ランドスケープデザイン
佐藤桂
sato katsura
アジアの建築
庄野泰子
shono taiko
音環境
鈴木隆
suzuki takashi
設計製図 1
高橋寛
takahashi hiroshi
設計製図 4
西川雅弥
nishikawa masaya
建築設備 1
繁昌朗
hanjyo akira
設計製図 2
平木康仁
hiraki yasuhito
CAD 1
平田悠
hirata haruka
設計製図 1
藤野高志
fujino takashi
大学院
伏見唯
fushimi yui
住居史
星野聡基
hoshino satoki
建築設備 2
堀川斉之
horikawa masayuki
CAD 2・3
増谷高根
masutani takane
空間とデザイン
松尾宙
matsuo hiroshi
設計製図 3
丸山玄
maruyama gen
建築環境行動
水谷玲子
mizutani reiko
基礎デザイン 2 都市環境
宮口明子
miyaguchi akiko
設計製図 4 インテリアデザイン 2
許田昌路
motoda masamichi
建築計画
安松孝
yasumatsu takashi
西洋の建築
山崎信宏
yamazaki nobuhiro
CAD 3・4
六角美瑠
rokkaku miru
基礎デザイン 1