HOME教育生涯学習・科目等履修制度科目等履修生制度

大学院 法学研究科 ビジネス法務専攻
科目等履修生の募集について

武蔵野大学では、2018年4月から新設する大学院法学研究科ビジネス法務専攻の全開講科目(「修士論文指導」「特定課題研究演習」を除く)について、社会人SR(スキルアップ・リカレント)教育の強化の目的で、科目等履修生の募集を行います。
科目、担当者、開講学期・時間の一覧は以下の通りですが、この大学院は、民法の池田眞朗研究科長(予定)(慶應義塾大学名誉教授、紫綬勲章受章)をはじめとして、英米法、信託法の樋口範雄教授(東京大学名誉教授)や知的財産法、情報法の相澤英孝教授、(2018年3月まで一橋大学)等の我が国の学会をリードする研究者教員と、金融法(フィンテック、ABL)、エンターテインメント法、再生エネルギー法など、他大学に例を見ない最先端の科目を担当する5大メガファームの実務家教員などからなるスタッフを揃えています。

なお、武蔵野大学院法学研究科の入学条件では、学部課程で法律関係科目を16単位以上履修していることが必要ですが、学生時代に法律を学んでいない社会人の場合も、この科目等履修生で合計16単位を取得することで、同研究科の正課の大学院生としての進学の道が開けます。
(同研究科の社会人入試は、職務経歴書の審査と面接で実施します。同研究科には修士課程1年修了コースも設置されています。)

平成30(2018)年度 科目等履修生募集要項

出願資格

大学院

(1)大学を卒業した者、又は卒業見込の者
(2)学校教育法第104条の規定により学士の学位を授与された者、又は授与される見込の者
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
(4)文部科学大臣の指定した者
(5)大学に3年以上在学し、本大学院において、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
(6)本大学院において、個別の入学資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者
(7)本大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

履修科目

科目一覧:大学院 法学研究科 ビジネス法務専攻
履修制限:大学院(認定社会福祉士科目を含む)においては、1年に10単位以内とします。
履修期間:履修期間は、科目により開講期が異なります。

願書受付期間等日程

願書受付期間平成30年3月1日(木)~3月12日(月)
選考日平成30年3月13日(火)~3月15日(木)
合否通知平成30年3月23日(金)迄に本人へ文書にて通知
手続締切平成30年3月30日(金)

選考方法

書類選考または面接(必要に応じて学力試験を行う場合があります。)

出願方法

以下の出願書類(1~5)を、武蔵野大学「学務課または武蔵野学務室」へ持参してください。
(1)科目等履修生願書: 願書(本学所定用紙)
(2)健康診断書: 健康診断書(本学所定用紙)
(3)最終学歴証明書:卒業(見込)証明書又は修了(見込)証明書
(4)成績証明書:卒業(修了)見込者は、現在履修中の科目及び単位数が明示されているもの
(5)写真1枚:上半身写真(4cm×3cm、白黒またはカラー) 本学所定願書に貼付 ※3ヵ月過ぎたものは不可
(6)検定料(出願一回につき): 15,000円

※検定料納入に関しては、出願後、別途ご案内いたします。
※提出された書類及び検定料は一切返還しません。

履修料

履修目的大学院備 考
単位取得 50,000円金額はいずれも半期及び4学期制の科目1科目あたりの履修料です。通年科目を履修する場合は2科目分納めてください。
別途保険料  1,140円学生教育研究災害傷害保険および学生教育研究賠償責任保険に加入します
※納入された履修料は一切返還しません。

単位修得証明書

単位修得を希望する者が試験に合格し、単位の証明を求めたときは、その履修科目の単位修得証明書を交付します。

施設設備の利用

図書館その他の施設設備を利用することができます。

履修生の取り消し

武蔵野大学の秩序を乱すとみなしたとき、又は病気その他の事由により履修を継続する事ができないとみなしたときには、履修の許可を取り消すことがあります。
お問い合わせ
【有明キャンパス】大学事務部学務課 TEL:03-5530-7312
事務取扱時間:平日 8:45~17:00(土日祝日、年末年始などの休暇を除く)
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職