HOME大学案内大学紹介

建学精神

― 仏教による人格教育 ―

武蔵野大学の建学の精神は、仏教の根本精神である四弘誓願(しぐぜいがん/ほとけのねがい)を基礎とする人格教育です。
国際的仏教学者である学祖高楠順次郎博士は、「理想が高まるに従って人格が高まり、人格が高まるに従って高い理想が現出する」※と述べ、
仏教の開祖である釈尊を理想の人格として仰ぎ、私たちもその理想に向かって、人格向上の歩みを進めることこそ人生の意義であると説いています。
したがって、学校法人武蔵野大学の教育の目標は四弘誓願を基礎として人格向上をはかり、人格向上の実現によって釈尊の理想を具現化することです。
※高楠順次郎(1924)『生の実現としての仏教』大雄閣

四弘誓願

しぐぜいがん/ほとけのねがい

いきとし生けるものが幸せになるために (度)
わたくしの「ひとりよがり」のこころをきよめ (断)
正しい道理をどこまでもきわめ (学)
生きがいのある楽しい平和の世界をうち立てたい (成)

訳:武蔵野女子大学 初代学長 山田龍城 

高楠 順次郎博士01

学祖

高楠 順次郎 博士 たかくすじゅんじろう

1866(慶応2)年〜1945(昭和20)年
国際的仏教学者。「仏教精神を根幹とした人格育成」を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。女子教育の必要性と女性の社会進出を積極的に考えた先覚者でもある。
1944年 文化勲章受章。

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職