HOME教育教職課程・国家資格

教職課程

教員免許

武蔵野大学では、教育関係の様々な免許状や資格を取得することができますが、教職研究センター事務室においては、幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭、養護教諭、保育士、司書・司書教諭の免許状や資格取得に関する事務を行っています。
取得可能資格
武蔵野大学で取得できる教員免許状と保育士、司書・司書教諭資格については、入学年度によって異なりますのでご確認ください。
教員免許状取得要件
武蔵野大学学部では一種免許状を取得することができます。また、大学院では予め取得した一種免許状と同一教科の専修免許状を取得することができます。

基礎資格

一種免許状:学士の学位を有すること
専修免許状:修士の学位を有すること

必要な単位数

各校種・種類の教員免許状取得に必要な単位数は、以下の「修得することを必要とする最低単位数」のとおりです。

修得することを必要とする最低単位数

科目名根拠法令免許状の種類
幼稚園小学校中学校高校
一種一種一種専修一種専修
日本国憲法教育職員免許法施行規則
第66条の6
2
体育(実技) 2
外国語コミュニケーション 2
情報機器の操作 2
教科に関する科目教育職員免許法第5別表第1 6 8 20  20 
教職に関する科目 35 41 31  23 
教科又は教職に関する科目 10 10 8 24 16 24

その他 

武蔵野大学学部で取得できる教員免許等については、取得可能な免許状のとおりです。
随時、各種実習や教員採用試験等についてのガイダンスを行いますので、教員免許の取得を目指す学生は、必ずこれらのガイダンスへ出席してください。また、教員免許の取得には費用の納入が必要で、教員採用試験の受験には、併せて教職研究センター事務室への登録が必要となります。
教員免許状に必須な活動

1.介護等体験

小学校または中学校教諭の普通免許状取得には、「小学校及び中学校教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」で「盲学校、聾学校若しくは養護学校(2日間)と社会福祉施設(5日間)で障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験」が義務付けられています。
武蔵野大学では、介護等体験を3年次に実施することにしていますが、その手続きは、2年次後半から行います。

① 目的と内容

施設の利用者との交流や共同作業をとおして利用者の生活にふれ、また職員 の活動の中から対人援助の実際、人権尊重や関係形成の重要性を感じ、社会福祉の目的や施設の役割等について理解を深めることを目的としています。そのため体験の内容は、基礎的、入門的な活動が中心となります。具体的な内容は、受け入れる施設が用意したプログラムにより異なります。

体験内容例

・利用者(児)との交流(話し相手)、学習活動の援助、授産作業の補助
・行事やサークル(クラブ)活動の補助
・利用者(児)の介護・介助、保育・養育の補助(基礎入門レベルの内容)
・掃除、洗濯、おむつたたみ等日常業務の補助
・ボランティアが行う活動への参加
・その他、社会福祉施設が用意した活動への参加

② 種類・期間・場所

・社会福祉施設(各種)… 5日間
・特殊教育諸学校(特別支援学校) …2日間

③ 費用

介護等体験を行う都道府県によって異なります。

2.教育実習

教員免許状を取得するためには、必ず「教育実習」を行う必要があります。

① 免許状別実習校および実習期間・時期 ※1

免許状の種類実習校の種別実習期間実習時期
幼稚園教諭一種幼稚園4週間5~6月
幼稚園教諭一種+小学校教諭一種幼稚園または小学校 ※24週間5~11月
小学校教諭一種小学校4週間
中学校教諭一種中学校3週間
中学校教諭一種+高等学校教諭一種中学校または高等学校
高等学校教諭一種高等学校2週間
養護教諭一種小学校・中学校・高等学校のうち、いずれか1校種3週間
※1 上記の実習期間は、免許状取得のために最低限必要な期間です。実際には受入先の指示に従って実習を行うことになりますので、高等学校教諭一種免許のみ希望の場合でも、受入先が一律3週間(以上)での実習期間でしか受け入れていないという場合は、3週間の実習を行うことになります。
※2 武蔵野大学では、就職先に小学校を第1希望とする学生の幼稚園での実習は、原則として認めていません。

② 教育実習費(実習校、実習期間により異なる) 2014(平成26)年度実績

実習校の種別実習期間教育実習費
幼稚園4週間 32,000円
小学校4週間 15,000円~39,000円
高等学校2週間 5,000円~17,000円
小学校、中学校、高等学校3週間 5,000円~23,000円

③ 実習先について

3年次に学生自らが、実習校を開拓します。
教員を目指す学生にとって有益な活動

1. 教育インターンシップ

近隣の小学校・中学校・高等学校で実施しています。実際に教育現場の中で実践経験をより深めることで、教員として必要な力を確実に身に付けます。この教育インターンシップを修了すると、2単位が認定されます。

(i) 対象者
小学校・中学校・高等学校教員を希望する学部3年次生(大学院2年次生)

(ii) 目的
1年間を通した学校教育の流れを体験し各時期の教育活動を理解すること

(iii) 内容
インターンシップ先の担当の先生の指導を受ける一方、並行して行われる大学の授業の中では自分の実践を振り返ります。このことによって、理論と実践を有機的に結び付け、教育者としての自分を客観的に見る視点を獲得します。

(iv) 期間及び回数
約1年間にわたり週1日程度。

2.ちば!教職たまごプロジェクト(千葉県・千葉市教職インターンシップ)

「研修生」として千葉県の小学校または特別支援学校へ派遣され、学級担任の補助、学校行事の補助、学校維持管理の補助、PTA活動体験等の活動を年間を通して行っています。武蔵野大学では千葉県・千葉市の教員を目指している3~4年次生が参加しています。

3.みたか教師力養成講座(実践コース)

実践的指導力や柔軟な対応力等を持った熱意ある三鷹市にふさわしい教員を、学生等の段階から養成することを目的として三鷹市教育委員会と三鷹ネットワーク大学推進機構が連携して開設している講座です。

・「基礎コースⅠ・Ⅱ」は10月~2月、5月~9月、 毎週土曜日 全7回開催
・「実践コースⅠ・Ⅱ」は10月~2月、5月~9月、 毎週土曜日 全14回開催

学校教育に関する実践的な内容を学べ、また特別教育実習として週2回程度、実際の小・中学校の教育現場で実習を行い教師としての実践力を身に付けられるため、2015(平成27)年度、武蔵野大学では東京都の公立学校教員を目指す2名の学生が参加しています。

4.東京教師養成塾

武蔵野大学では、将来、東京都において高い志をもった小学校教員となることを目指す学生を東京教師養成塾に推薦し、さまざまな活動を行う機会を設けています。塾生になると、特別教育実習や企業等における体験活動に参加することができ、東京都が求める教員にふさわしい資質の基礎を身に付けることができます。
2015(平成27)年度は3名の学生が塾生として頑張っています。なお、塾生は、東京都公立学校教員採用候補者選考実施要綱に基づく特別選考の受験対象となる予定です。   
詳しくは、東京都教職員研修センター・東京教師養成塾のホームページをご覧ください。

5.教育ボランティア

教員採用試験を目指している1~4年次の学生に対し、実際の教育現場を知るために小・中学校でのボランティアを紹介しています。

2015(平成27)年度 実施状況 ボランティア募集校

・西東京市(小学校5校・中学校3校)
・武蔵野女子学院中学校・高等学校
※これ以外にも学生が自らボランティア先(自宅近辺・出身校等)を探し実施しています。
教員免許状取得手続き
教員免許状は都道府県教育委員会から授与されます。そのために、所定の単位を修得した後、免許状の授与申請を都道府県教育委員会に行う必要があります。申請方法には、「一括申請」と「個人申請」の2パターンがあります。

1. 一括申請

一括申請とは、武蔵野大学が申請者の情報をとりまとめて、東京都教育委員会へ教員免許状の申請を行うことです。東京都は大学が集中しているため、大学卒業(または修了)見込みの学生に関しては、この方法で免許状の申請を行っています。一括申請による教員免許状は、東京都教育委員会より発行され、卒業式(または修了式)にて免許状を渡します。
なお、申請する際には、東京都が定める免許状授与手数料を1免許状につき、3,300円※が必要となります。
※2015(平成27)年度の場合

2.個人申請

個人申請とは、学生が直接、教育委員会に教員免許状の申請を行うことです。申請先は、現住所の都道府県または教員として勤務予定の学校が所在する都道府県教育委員会です。申請方法は、教育委員会により異なりますので、ホームページなどで確認し、自分で手続きを行うことになります。
教員採用試験・大学推薦

1.教員採用試験(公立学校)

教員採用試験とは教員の候補者を選ぶための試験で、合格者は受験した自治体の「教員採用候補者名簿」に登載され、学校長との面接を経て採用に至るのが一般的です。
教員採用試験の内容は多くの自治体で、一次試験と二次試験に分けて行われ、「筆記試験(論作文含む)」「面接試験」「実技試験」などが行われています。

教員採用試験を突破するためには、できるだけ早い段階から計画的かつ効率的に試験対策をしておくことが不可欠です。そのため公立学校の教員採用試験及び私立学校適性検査を受験する教職課程履修者(教育学部以外の学生)は、教職研究センター事務室にその旨申請することになっています。これは、教員採用試験の受験と合格を目指す学生に対して、有効な試験情報の提供および試験対策の支援を目的としており、現役合格を果たすための第一歩です。

2015(平成27)年度 卒業生就任先一覧

学部・学科教科・校種等勤務地
文学部 日本文学文化学科国語東京都、神奈川県
環境学部 環境学科理科埼玉県
看護学部 看護学科養護東京都、栃木県
教育学部 児童教育学科国語・英語東京都(国語、英語)、千葉県(英語)
小学校 全科千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、横浜市、相模原市、栃木県、茨城県

2.大学推薦

この制度は、都道府県等教育委員会からの推薦依頼に基づき、公立学校教員として優れた実践力の育成が期待できる学生を武蔵野大学学長が当該教育委員会に推薦します。大学推薦は自治体の選考を通ると教員採用試験の1次試験が免除となるなどの措置が受けられます。 

2017(平成29)年度 武蔵野大学への推薦依頼一覧(2015(平成27)年4月末現在)

教育委員会名推薦内容
校種人数
東京都小学校1名
埼玉県小学校1名
中学校(理科)1名
千葉県・千葉市小学校4名
神奈川県小学校1名
中学校(英語)1名
横浜市小学校2名
中学校・高校(国語)1名
中学校・高校(理科)1名
川崎市小学校1名
中学校(理科)1名
中学校(英語)1名
相模原市小学校1名
中学校(国語)1名
中学校(理科)1名
中学校(英語)1名
養護教諭1名
堺市小学校1名
中学校(国語)1名
中学校(理科)2名
大阪府豊能地区小学校1名
京都府小学校2名
中学校・高校(理科)2名
中学校・高校(数学)2名

3.教員採用試験(私立学校)

私立学校の教員になるには「各私立学校独自の公募による採用」と「私学教員志望者名簿からの採用」との方法があります。

① 各私立学校独自の公募による採用
公募している各学校に応募書類を提出し採用試験を受験します。

② 私学教員志望者名簿からの採用
「私学適性検査」を受験し、専門教養、教職教養、小論文などの試験の成績順に名簿登録され、私学協会に加盟している各学校からの採用試験通知を受け受験します。私学適性検査は、東京都、群馬県、静岡県、愛知県、兵庫県、福岡県などの私学協会で行われています。
教員採用試験対策

教員採用試験対策講座

教職研究センター事務室では、教員採用試験合格を目指して、 2014(平成26)年度から2年次生と3年次生を対象に教員採用試験対策講座を実施しています。

① 目的と方針

教員採用試験を受ける学生の支援のため、講座を開講し、学生の学習ペースの目安となるように実施しています。年度によって期間、講座コマ数、受講料は異なります。
教員採用試験を受験する学生は、特別な理由がない限り基本的には全員参加です。

② 講座内容

(i) 2年次生((志望校種・教科に関わらず共通) ※2015(平成27)年度実績

教育原理※8コマ教育心理4コマ自然科学3コマ
教育法規7コマ社会科学3コマ  
教育史2コマ人文科学2コマ計29コマ
※教育原理には「教育時事」「学習指導要領」が含まれています。
(ii) 3年次生  小学校教員採用試験受験者

算数2コマ図工1コマ生活1コマ
社会2コマ保体1コマ音楽1コマ
理科2コマ家庭1コマ計11コマ
小・中・高校教員、養護教諭採用試験受験者

教育原理※8コマ教育心理4コマ集団面接2コマ
教育法規7コマ論作文4コマ一般教養5コマ
教育史2コマ個人面接2コマ計34コマ
※教育原理には「教育時事」「学習指導要領」が含まれています。
中・高校教員採用試験受験者

中高国語1コマ中高理科1コマ中高英語1コマ

③ 受講料

2年次生 (志望校種・教科に関わらず共通) ¥14,900

3年次生  小学校教員採用試験受験者    ¥25,000
      中・高校教員採用試験受験者   ¥21,000
      養護教諭採用試験受験者     ¥20,000

※2015(平成27)年度実績、年度によって異なります。

教員採用試験模擬試験

教職研究センター事務室では、教員採用試験模擬試験を受験する機会を年に2回設けています。 

① 目的と方針

教員採用試験を突破するためには、できるだけ早い段階から計画的かつ効率的に試験対策をしておくことが不可欠です。
その一環として教員採用試験模擬試験を受け、自分の実力を把握し、対策を講じることは、現役合格を果たすための最低限の方途です。また、模擬試験の結果の推移をデータ化し、先生方が受験指導に使用できるよう提供しています。
※模擬試験の科目は、教職・一般教養、専門、論作文があります。

② 対象

教職研究センター事務室に「教員採用試験受験申請書」を提出している学生
※「教員採用試験受験申請書」は、武蔵野大学の教職課程履修者のうち、4年次に教員採用試験を受験する意思の学生(2~4年次)が、教職研究センター事務室へ毎年提出する申請書です。申請した学生には所定のプログラムがあり、教員採用試験模擬試験の受験はその課題の一つです。

③ 第1回(5、6月)

「教員採用試験受験申請書」を提出している学生のうち3、4年次は、学外で実施される教員採用試験模擬試験の全科目を受験し、結果を教職研究センター事務室へ提出する必要があります。

④ 第2回(12月)

「教員採用試験受験申請書」を提出している学生のうち3年次は、学内で実施される教員採用試験模擬試験の全科目を受験し、2年次は2科目以上を受験してください。教員採用試験学内模擬試験実施時に、外部講師による「教員採用試験の最新動向と対策」についての教員試験ガイダンスも行っています。
※受験料は科目数によって異なります。
教職課程に関するお問い合わせ
大学事務部 教職研究センター事務室
武蔵野キャンパス4号館1階
〒202-8585 東京都西東京市新町1-1-20
TEL:042-468-3290  FAX:042-468-3207
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職