このページの本文へ移動

お知らせ

グローバルコミュニケーション学科2年生がアメリカへ出発しました!

学部・大学院
  • 国際交流

グローバル学部グローバルコミュニケーション学科には、2年次前期に全員がアメリカへ留学する「全員留学」プログラムがあります。
2023年度は2年生75名が3月から4月にかけてアメリカへ出発しました。8月中旬までの約5カ月間、アメリカの大学に設置された全米最大英語教育機関「ELS Language Centers」で6グループに分かれて英語研修に参加します。西海岸・東海岸、都市部・郊外など、バリエーション豊かな留学先を用意しています。また、オンライン留学に参加する学生は34名です。

出発当日、羽田空港にて

留学前事前授業の「キャリアデザイン入門」の講師により、リージョナルオフィサーの選出がなされ、2023年2月9日の渡航前オリエンテーションにて任命状の授与がありました。リージョナルオフィサーは留学中の自立的な活動促進や各留学先の代表者として活躍が期待されます。

アメリカ渡航生リージョナルオフィサー
オンライン留学生リージョナルオフィサー

留学先一覧

留学先ELSセンター名
フロリダ St. Petersburg
フロリダ Melbourne
オハイオ Cincinnati
テネシー Nashville
カリフォルニア La Verne
カリフォルニア San Rafael

グローバルコミュニケーション学科「全員留学」プログラムとは

グローバルコミュニケーション学科の学生全員が2年次にアメリカへ留学するプログラムです。
約5カ月間の留学を通じて、英語による実用的なコミュニケーション力とグローバルな視野を身に付け、世界に通用するグローバル人材となることが期待されます。

派遣にあたっては、オリエンテーションの実施や、24時間日本語で相談できるヘルプデスクを設けるなど学生が安心して留学できる環境を整えています。
なお、グローバルコミュニケーション学科では留学プログラムを卒業要件としていますが、令和5年度はコロナ禍における特別措置として留学に参加できない事情がある学生にELS Language Centers(アメリカ)が提供するオンラインプログラムを用意し、必要な単位を取得できるようにしました。

<グローバルコミュニケーション学科全員留学特設サイト>
https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/global_studies/global_communication/abroad/

一覧に戻る