このページの本文へ移動

お知らせ

グローバルビジネス学科の学生が国際学生シンポジウムにて英語で研究発表しました

学部・大学院

3月27日に第10回アジア大学生研究シンポジウム(The Asian Undergraduate Research Symposium、以下AURS)が東京でハイフレックス開催され、グローバルビジネス学科の学生9名が3チームに分かれて英語で研究発表を行いました(2チームは会場で対面発表、1チームはオンライン発表)。
AURSはアジア各国の大学生(学部生)が英語で研究発表を行う国際シンポジウムで、予選審査に合格したチームだけに発表の機会が与えられます。グローバルビジネス学科では2017年度以降、コロナ禍による中断期間を除いて毎年のように学生達がAURSに参加しており、日頃の学修・研究成果を学外にアピールできる貴重な場となっています。これからも多くのグローバルビジネス学科生がAURSを通じて大きく成長していくことを期待しています。

一覧に戻る