HOME教育言語聴覚士養成課程(専攻科)専攻科紹介

活動実績

学術活動歴

① 開設1周年記念シンポジウム

西東京地区で長年にわたって「地域連携」をテーマに活動を続けている5名の言語聴覚士の先生方からの講演をいただき、総合討論を行いました。
(実施:2015年3月21日)

開設1周年記念シンポジウム

② 第1回武蔵野言語聴覚カンファレンス

継続的に学術交流を行う場としてカンファレンスを開催。大学院修士課程人間社会研究科人間学専攻言語聴覚コースの卒業生による成果発表、近隣の言語聴覚士の先生方による臨床研究報告、招聘講師による特別講演を行いました。
(実施:2016年3月19日)

③ 客員講師による特別講義

テキサス州立女子大学Assistant Professorのレビット順子先生(武蔵野大学を卒業後、米国にて言語聴覚士の資格を取得)による特別講義を定期開催。主な内容は、本場アメリカにおける言語聴覚療法の現状や、ご自身の研究テーマであるパーキンソン氏病患者の構音・発声・摂食嚥下障害に対するリハビリテーション等についてお話しいただきました。
(実施:2014年12月19日、2015年8月7日、2016年5月20日)

客員講師による特別講義

教員の活動実績

書籍・論文など

「超皮質性失語」(新興医学出版社)小嶋 知幸(分担)
「図解やさしくわかる言語聴覚障害」(ナツメ社)

 

小嶋 知幸 編著:狐塚 順子、畠山 恵、小野 真理子 ほか
「失語症の源流を訪ねて」(金原出版株式会社)小嶋 知幸

講演・学会発表(小嶋 知幸)

2014年11月超皮質性感覚失語における談話能力 ― 前頭葉病巣例と側頭葉病巣例の比較、頭部外傷に対する継時的な高次脳機能評価 ― 3次救命救急施設における中 ~重度頭部外傷例の経過から(第38回 日本高次脳機能障害学会学術総会)
2015年6月話せば分かる ― 自発話から見えてくる障害メカニズム(仙台)
2015年9月リアルとバーチャル ― 主観/客観二項対立を足掛かりとして(札幌)
2016年4月失語症の源流を訪ねて ― 今、古典を学ぶ意義(福井市) ほか
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職