HOME教育学部データサイエンス学部データサイエンス学科

学科の特長

国内外の組織との共同研究を通じた実践的な学びと起業育成

国際的に活躍するデータサイエンティストの講義・実習により、実際に行われているデータ活用のアイデアやスキルを学びます。1 年次後半から始まる「 未来創造PJ( プロジェクト )」では、企業との共同研究や官公庁からの委託研究に携わるなど、実社会の課題を見据えた実践的な学修を行い、データとその分析を社会に活かすための手法 と視点、考え方を身に付けます。

学びのフィールドは世界
海外インターンシップ・メンター制度

データサイエンティストは、国内にとどまらず、グローバルな領域での活躍が期待されます。海外の大学や研究機関でのフィールドワーク、インターンシップ や、リアルタイムに海外と行う国際共同演習や実験などの機会を用意しています。海外の大学・研究機関の教員・研究者がメンター( 指導教官 )として指導し、国際的に活躍できるデータサイエンティストになるためのスキルを学びます。

高度な専門性と俯瞰的な視野を養う3つのコース

データサイエンスの進路と目指す将来イメージを具体的に想定し、その目標に向かうために効果的な科目を2年次後半から3つの専門コース(履修モデル)として用意しています。

3

※変更となる場合があります
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職