HOME教育学部データサイエンス学部データサイエンス学科

学科の特長

AIとビッグデータで新たなビジネスを創出する
次世代データサイエンティストを目指す

最先端の人工知能(AI)に関する知識とスキルを身に付け、さまざまな社会的場面で収集される膨大なデータ(ビッグデータ)を分析し、新たなビジネスを創出する次世代データサイエンティストを目指します。単なる知識を修得するだけの座学ではなく、実社会の重要なイシュー(問題)を発見し、実際のソリューション(解決策)を提案して、実社会に貢献していくような、イシュー志向・解決型データサイエンスを実現できる能力を重視した実践的な学びを展開します。また、実社会で活躍するデータサイエンティストの講義・実習により実際に行われているデータ活用のアイデアやスキルを学びます。1年次後半から始まる「未来創造PJ(プロジェクト)」では、企業との共同研究(提携企業:インテージホールディングス/エヌ・アンド・アイ・システムズ/サカワ/帝国データバンク/メディア・トラスト 他)や官公庁からの委託研究に携わるなど、実社会の課題を見据えた実践的な学修を行います。さらに、世界的な広がりでのインターンや共同研究を通じて、データとその分析を社会に活かすための手法と視点、考え方を身に付け、国際的に活躍できるデータサイエンティストになるためのスキルを学びます。

データサイエンスで必要な能力を養う3つのコース

データサイエンティストとして必要な3つの能力(創造力、イノベーション力、エンジニアリング力)を軸として、その能力を効率的に身に付け、実社会で活かすことができる3つのコース(履修モデル)を用意しています。2年次後期より、この3つのコースからメインとサブの2つのコースを選び、履修します。


ソーシャルイノベーションコース
 

AIクリエーションコース
 

AIアルゴリズムデザインコース
 

 

武蔵野大学が考えるデータサイエンティストとは

武蔵野大学の考えるデータサイエンスとは、データを統計的に処理するだけでなく、人工知能(AI)技術を用いて大量のデータを活用することにより、物事の本質を見抜き、独創的なアイデアで新たな価値や未来のカタチを創造する学問です。

これまで、インターネット上に蓄積される大量のデータを対象として、単にデータを検索、統合によって整理するだけでなく(データエンジニアリング)、統計などの数学的分析手法を用いることで、新たな知見を発見する力を持つデータサイエンティストが求められていました(「データサイエンス1.0」)。

今後、データサイエンスは、最新のAI技術を駆使して、データから具体的な新たな価値や未来のカタチを創造し、実世界に活かし、イノベーションを生み出すAI-ready なデータサイエンス(「データサイエンス2.0」)に向かいます。本学科では、新時代「データサイエンス2.0」の実践的なデータサイエンティストを育成します。

武蔵野大学が目指すデータサイエンス

3つのコースと将来活躍が期待できる業界

創造力、イノベーション力、エンジニアリング力を備えたデータサイエンティストは、情報通信分野のみならず製造、金融、医療・介護・福祉、広告、農業などさまざまな分野で求められます。ビッグデータ、AI を自分のアイデアと掛け合わせることで、あらゆる分野で活躍することができます。

3つのコースと将来活躍が期待できる業界

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育